18回目迎える『1_WALL』作品募集はグラフィック部門11月、写真部門1月開始

ガーディアン・ガーデンによる公募『第18回「1_WALL」』の受付が、グラフィック部門は11月24日、写真部門は2018年1月11日から開始される。

『1_WALL』は若手作家を発掘することを目的としたコンペティション。1次審査で入選者30人、2次審査でファイナリスト6人を選出し、6人でグループ展『1_WALL』を行ない、グループ展の会期中に行なわれる公開審査によってグランプリ1人を決定する。グランプリ受賞者には制作費として20万円が支給されるほか、グループ展『1_WALL』の約1年後に東京・銀座のガーディアン・ガーデンで個展を開催する権利が与えられる。

グラフィック部門の審査員は川上恵莉子、菊地敦己、白根ゆたんぽ、大日本タイポ組合、都築潤。写真部門の審査員には、飯沢耕太郎、鈴木理策、百々新、姫野希美、増田玲が名を連ねている。審査方法や応募についての詳細はガーディアン・ガーデンのオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • 18回目迎える『1_WALL』作品募集はグラフィック部門11月、写真部門1月開始

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて