ニュース

『美術手帖』の「言葉の力。」特集に穂村弘、川上未映子、藤田貴大、志人ら

特集記事「言葉の力。」が2月17日発売の『美術手帖3月号』に掲載される。

言葉の問題と向き合うアーティスト、詩人、歌人、ラッパー、ミュージシャン、演出家など様々な表現者の取り組みを追い、「言葉の力」に迫る同特集。インターネット上で短歌や詩を発信する書き手たちの登場、詩や言葉に関する美術館での展覧会の増加、日本語ラップの再ブームといった近年の事象と社会的背景の関係性を探る。

巻頭座談会には、歌人の穂村弘、ミュージシャンの柴田聡子に加えて、吉増剛造の個展を企画した学芸員の保坂健二朗が登場。「震災」「ジャンル横断」「SNS/悪い言葉」などトピックを中心に、2010年代を象徴する言葉や、言葉の持つ影響力、未来に向けた言語表現の展望などについて語り合う。

パート2となる「言葉を手繰る人々」ではTOLTA、いぬのせなか座、毛利悠子と詩人の大崎清夏、川上未映子と藤田貴大(マームとジプシー)ら、言葉に関わる表現活動を行なう人々のインタビューや対談を掲載。パート3の「言葉が紡がれる場」では荏開津広による「韻律の信仰 共同体をめぐる日本語ラップの試み」を収録するほか、志人、GOMESS、高山明のインタビューが紹介される。

また現在、東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリーで個展を開催している谷川俊太郎のインタビューと展覧会レポート、清家雪子の漫画『月に吠えらんねえ』にまつわるエッセイも掲載。さらにとじ込み付録として20ページにおよぶ「現代詩アンソロジー」が付属する。

『美術手帖3月号』表紙
『美術手帖3月号』表紙
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い