ニュース

『美術手帖』の「言葉の力。」特集に穂村弘、川上未映子、藤田貴大、志人ら

特集記事「言葉の力。」が2月17日発売の『美術手帖3月号』に掲載される。

言葉の問題と向き合うアーティスト、詩人、歌人、ラッパー、ミュージシャン、演出家など様々な表現者の取り組みを追い、「言葉の力」に迫る同特集。インターネット上で短歌や詩を発信する書き手たちの登場、詩や言葉に関する美術館での展覧会の増加、日本語ラップの再ブームといった近年の事象と社会的背景の関係性を探る。

巻頭座談会には、歌人の穂村弘、ミュージシャンの柴田聡子に加えて、吉増剛造の個展を企画した学芸員の保坂健二朗が登場。「震災」「ジャンル横断」「SNS/悪い言葉」などトピックを中心に、2010年代を象徴する言葉や、言葉の持つ影響力、未来に向けた言語表現の展望などについて語り合う。

パート2となる「言葉を手繰る人々」ではTOLTA、いぬのせなか座、毛利悠子と詩人の大崎清夏、川上未映子と藤田貴大(マームとジプシー)ら、言葉に関わる表現活動を行なう人々のインタビューや対談を掲載。パート3の「言葉が紡がれる場」では荏開津広による「韻律の信仰 共同体をめぐる日本語ラップの試み」を収録するほか、志人、GOMESS、高山明のインタビューが紹介される。

また現在、東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリーで個展を開催している谷川俊太郎のインタビューと展覧会レポート、清家雪子の漫画『月に吠えらんねえ』にまつわるエッセイも掲載。さらにとじ込み付録として20ページにおよぶ「現代詩アンソロジー」が付属する。

『美術手帖3月号』表紙
『美術手帖3月号』表紙
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
『美術手帖3月号』より
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで