ニュース

細田守『未来のミライ』声優に上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子ら

左上から時計回りに上白石萌歌とくんちゃんビジュアル、黒木華とミライちゃんビジュアル、吉原光夫と謎の男ビジュアル、麻生久美子とおかあさんビジュアル、役所広司とじいじビジュアル、星野源とおとうさんビジュアル、宮崎美子とばあばビジュアル ©2018 スタジオ地図
左上から時計回りに上白石萌歌とくんちゃんビジュアル、黒木華とミライちゃんビジュアル、吉原光夫と謎の男ビジュアル、麻生久美子とおかあさんビジュアル、役所広司とじいじビジュアル、星野源とおとうさんビジュアル、宮崎美子とばあばビジュアル ©2018 スタジオ地図

細田守監督の新作アニメーション映画『未来のミライ』の声優陣が発表。あわせて新映像が公開された。

7月20日から公開される同作は『未来のミライ』は、甘えん坊の4歳の少年くんちゃんが未来から来た妹・ミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返しながら成長していく様を描くファンタジー作品。細田監督が自ら原作と脚本を手掛けている。

今回声優として出演が発表されたのは、くんちゃん役の上白石萌歌、ミライちゃん役の黒木華、おとうさん役の星野源、おかあさん役の麻生久美子、くんちゃんが出会う謎の男役の吉原光夫、くんちゃんのばあば役の宮崎美子とじいじ役の役所広司。黒木が細田作品に参加するのは同作で3作目となる。新映像には、ミライちゃんの子育てに必死な両親の姿や、くんちゃんが近未来らしき駅の中で「なくしたものは、“自分自身”というわけですね」と問われるシーンなどが映し出されている。

上白石は「ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました」、黒木は「私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です」とそれぞれコメント。

また星野は「僕が演じるのは、子育てと仕事に奔走し、成長せんと踠いている父親です。映像を初めて観た時、くんちゃんと赤ちゃんのミライちゃんの一挙手一投足があまりにも可愛く、転げ回りました」、麻生は「私が演じるおかあさんは、ミライちゃんの誕生で赤ちゃん返りをするくんちゃんに手を焼きますが、私も同じことで悩んだことがあったので、共感の嵐でした。子どもはちょっとずつしか成長しませんが、その“ちょっと”が出来た瞬間を見る幸せが、たくさん描かれた素敵な作品です」と述べている。

なお、4月13日から『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』のポスタービジュアルを使用した5枚組ポストカード付前売券を5万人限定で販売。詳細は『未来のミライ』のオフィシャルサイトで確認しよう。

上白石萌歌のコメント

最新作が公開になる度に劇場で観ていた細田監督の作品に出演することができ、すごく幸せです。ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました。とても難しい役でしたが、模索しながらも楽しんで挑戦しました。くんちゃんはずっと見ていても飽きないくらい愛くるしい。「未来のミライ」は、細田監督の愛を強く感じる作品です。その愛情を受け取り、くんちゃんとしてしっかり存在したいです。

黒木華のコメント

細田監督作品は、身近な出来事が繊細に描かれているのに、物語の世界観が壮大で勇気をもらうことができます。監督と今作で再びご一緒することができてとても嬉しいです。4歳の子どもが主人公の作品はなかなかないのでとても楽しみにしていました。私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です。

星野源のコメント

細田監督の世界に呼んで頂いたことを、とても嬉しく思います。僕が演じるのは、子育てと仕事に奔走し、成長せんと踠いている父親です。映像を初めて観た時、くんちゃんと赤ちゃんのミライちゃんの一挙手一投足があまりにも可愛く、転げ回りました。収録も穏やかで、何か一つの生き物を全員で大事に育てている感覚になりました。いまから公開の日を楽しみにしています

麻生久美子のコメント

『時をかける少女』を観た時から細田作品のファンでした。くんちゃんの家族は、我が家の家族構成とよく似ていてとても身近に感じました。私が演じるおかあさんは、ミライちゃんの誕生で赤ちゃん返りをするくんちゃんに手を焼きますが、私も同じことで悩んだことがあったので、共感の嵐でした。子どもはちょっとずつしか成長しませんが、その“ちょっと”が出来た瞬間を見る幸せが、たくさん描かれた素敵な作品です。

左から上白石萌歌、黒木華 ©2018 スタジオ地図
左から上白石萌歌、黒木華 ©2018 スタジオ地図
麻生久美子 ©2018 スタジオ地図
麻生久美子 ©2018 スタジオ地図
星野源 ©2018 スタジオ地図
星野源 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
『未来のミライ』 ©2018 スタジオ地図
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー