ニュース

赤塚不二夫没後10年、音楽×落語『フジオロックフェスティバル』に電気ら

『フジオロックフェスティバル 2018』ロゴ ©赤塚不二夫/フジオプロ
『フジオロックフェスティバル 2018』ロゴ ©赤塚不二夫/フジオプロ

音楽と落語のイベント『フジオロックフェスティバル 2018』が8月1日、2日の2日間にわたって東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催される。

同イベントは、漫画家・赤塚不二夫の没後10周年を迎えるにあたって行なわれるもの。「ウケるためなら死んでもいい」という言葉を残した赤塚の遺志を受け継ぎ、「命日にみんなでバカ騒ぎすること」を掲げて実施される。

両日に開催される音楽イベント『ボツ10年ライブ』には電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋、昨年開催された『赤塚不二夫生誕80年記念・バカ田大学祭ライブ』にも出演した高橋幸宏と鈴木慶一によるユニットTHE BEATNIKS、矢野顕子が参加。8月1日の昼夜2部制となる落語イベント『落語:フジオ10年分のおバカ寄席』には柳家喬太郎、春風亭昇太、寒空はだか、林家彦いち、三遊亭白鳥、清水宏、立川吉笑、桃月庵白酒、立川生志、水道橋博士、柳家わさびらが出演する。

また盆踊り企画『日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」』を2日間連続で実施。色とりどりの提灯を張り巡らせた会場内に特設の櫓を組み、イベントのために大友良英が手掛けた“フジオ音頭”の初公開も予定されている。チケットの先行販売は5月31日まで実施中。一般販売は6月16日からスタートする。

発表とあわせてクラウドファンディングプラットフォーム「Readyfor」ではイベント制作支援のための企画がスタート。目標金額は400万円で、6月21日までに同金額に達した場合のみプロジェクト成立となる。リターンには「イエーイ!写真なのだ!赤塚不二夫秘蔵写真コース」「お名前&お好きなキャラクター入りスペシャル提灯コース」などのプランが用意されている。

電気グルーヴ
電気グルーヴ
柳家喬太郎
柳家喬太郎
春風亭昇太
春風亭昇太
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い