『現代美術ヤミ市』今週末開催 「ゴミが現代美術になる、その魔法の現場」

企画展『現代美術ヤミ市 ――限りなくゴミに近いマテリアルの市』が、7月21日と22日に東京・京浜島のBUCKLE KOBOで開催される。

カオス*ラウンジとSIDECOREが主催する同イベントは、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)の「日本には現代美術のマーケットが無い」とされることへの疑問を背景に、「ゴミが現代美術になる、その魔法の現場」として独自に企画された「ヤミ市」。カオス*ラウンジのコアメンバーがかつてIDPW主催の『インターネットヤミ市』に参加した経験から多くのヒントを得たという。

出展作家は、アーギュメンツ、飯島モトハル、カオス*ラウンジ、カタルシスの岸辺、酒井貴史(物々交換所)、ソノアイダ、たかくらかずき、中央本線画廊、ハムスターの息子に産まれて良かった+カワイタケシ、パープルーム、藤元明、柳本悠花、山形芸術界隈、弓指寛治、BIEN&石毛健太、BLACK TOYS“ ”US(ADDICT3、成田輝)、HouxoQue、KOURYOU、Nampei Akaki、SAIAKU(NAZE、takuya watanabe takuya、森本悠生)×MES、SIDE COREら。入場料はドネーション制となる。

イベント情報

『現代美術ヤミ市 ――限りなくゴミに近いマテリアルの市』

2018年7月21日(土)、7月22日(日) 会場:東京都 京浜島 BUCKLE KOBO
時間:13:00~21:00 出店作家: アーギュメンツ 飯島モトハル カオス*ラウンジ カタルシスの岸辺 酒井貴史(物々交換所) ソノアイダ たかくらかずき 中央本線画廊 ハムスターの息子に産まれて良かった+カワイタケシ パープルーム 藤元明 柳本悠花 山形芸術界隈 弓指寛治 BIEN&石毛健太 BLACK TOYS“ ”US(ADDICT3、成田輝) HouxoQue KOURYOU Nampei Akaki SAIAKU(NAZE、takuya watanabe takuya、森本悠生)×MES SIDE CORE 料金:ドネーション制
  • HOME
  • Art,Design
  • 『現代美術ヤミ市』今週末開催 「ゴミが現代美術になる、その魔法の現場」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて