ニュース

『現代美術ヤミ市』今週末開催 「ゴミが現代美術になる、その魔法の現場」

企画展『現代美術ヤミ市 ――限りなくゴミに近いマテリアルの市』が、7月21日と22日に東京・京浜島のBUCKLE KOBOで開催される。

カオス*ラウンジとSIDECOREが主催する同イベントは、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)の「日本には現代美術のマーケットが無い」とされることへの疑問を背景に、「ゴミが現代美術になる、その魔法の現場」として独自に企画された「ヤミ市」。カオス*ラウンジのコアメンバーがかつてIDPW主催の『インターネットヤミ市』に参加した経験から多くのヒントを得たという。

出展作家は、アーギュメンツ、飯島モトハル、カオス*ラウンジ、カタルシスの岸辺、酒井貴史(物々交換所)、ソノアイダ、たかくらかずき、中央本線画廊、ハムスターの息子に産まれて良かった+カワイタケシ、パープルーム、藤元明、柳本悠花、山形芸術界隈、弓指寛治、BIEN&石毛健太、BLACK TOYS“ ”US(ADDICT3、成田輝)、HouxoQue、KOURYOU、Nampei Akaki、SAIAKU(NAZE、takuya watanabe takuya、森本悠生)×MES、SIDE COREら。入場料はドネーション制となる。

『現代美術ヤミ市 ――限りなくゴミに近いマテリアルの市』メインビジュアル
『現代美術ヤミ市 ――限りなくゴミに近いマテリアルの市』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで