ニュース

WACKオーディションに密着 映画『世界でいちばん悲しいオーディション』

映画『世界でいちばん悲しいオーディション』が2019年1月11日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。

同作は音楽事務所「WACK」が開催した、1週間にわたる合宿形式のオーディションの模様を捉えたドキュメンタリー映画。長崎の離島・壱岐島を舞台に、24人のアイドル候補生たちが歌、ダンス、マラソン、スクワット対決、人生ゲーム、ニコニコ生放送の24時間配信といった試練や、毎晩行なわれる脱落者発表に臨む様子が描かれる。

映画にはオーディション候補生をはじめ、WACKに所属するBiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのメンバーが出演。プロデューサーを同事務所代表の渡辺淳之介、監督と編集を岩淵弘樹が務めた。撮影は岩淵をはじめ、バクシーシ山下、西光祐輔、白鳥勇輝、エリザベス宮地が担当。

渡辺は「WACK合宿オーディションはさながらアイドル版『フルメタルジャケット』。軍人になるのではなくアイドルになるべく一週間で即時育成するブートキャンプです。何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います」とコメントを寄せている。

あわせて映画の場面写真とキービジュアルが公開。場面写真には、着座した候補生たちが涙を堪える姿や、歌やダンスのレッスンの様子が映し出されている。またキービジュアルでは、オーディションに参加した24人の候補生の姿や、「アイドルってこんなに辛い状態にならないとなれないんですか? 理不尽です。」というコピーなどが確認できる。

渡辺淳之介プロデューサーのコメント

自分自身が天才にはなれない、どうしようもなく偽物であることへの失望を思春期にずっと感じていて、なにものにもなれない自分に劣等感を感じ続けてきました。WACK合宿オーディションはさながらアイドル版「フルメタルジャケット」。軍人になるのではなくアイドルになるべく一週間で即時育成するブートキャンプです。何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います。

『世界でいちばん悲しいオーディション』キービジュアル ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』キービジュアル ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
画像を拡大する(6枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで