『3331 ART FAIR』に森栄喜、キュンチョメら75組超 屋上や体育館も使用

アートイベント『3331 ART FAIR 2019』が3月6日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される。

同イベントでは、旧中学校を改修した会場の特性を生かして、絵画、立体、写真、工芸など様々な領域で活動しているアーティストの作品を一挙紹介。1階のメインギャラリーに加え、体育館や教室エリア、屋上などで作品が展示される。参加作家は75組以上。

メインギャラリーの参加作家は、秋山佑太、遠藤麻衣、片山真理、キュンチョメ、小坂学、スクリプカリウ落合安奈、築山有城、ナカダマコト、布施琳太郎、村上慧、森栄喜ら。推薦は3331 Arts Chiyodaに加え、国内のキュレーターやギャラリーが行なった。高山登、椿昇、日比野克彦、藤浩志、堀浩哉の作品が展示される特別企画展も展開される。

また同展にはコレクターやクリエイターをはじめとする約100人がプライズセレクターとして参加。購入した作品にはそれぞれの名を冠した「コレクタープライズ」を授与し、会期中に会場内で順次発表する。

さらに会期中は、様々なトークイベントや田中泯によるパフォーマンス、ワークショップなどの関連イベントが実施される。フードマーケットやアートブックのマーケットなども展開。詳細は『3331 ART FAIR 2019』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『3331 ART FAIR 2019』

2019年3月6日(水)〜3月10日(日) 会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda
時間:3月6日17:00〜20:00、3月7日〜3月9日12:00〜20:00、3月10日12:00〜18:30(入館は閉館の30分前まで) 出展作家: 秋山佑太 井上尚子+白須未香 岩村遠 牛島光太郎 繪畑彩子 蛭子未央 遠藤麻衣 大久保あり 大原舞 岡田鉄平 片山真理 勝正光 川田龍 菊谷達史 金仁淑 金サジ 木村剛士 キュンチョメ 國政サトシ 黒宮菜菜 小坂学 小林紗世子 近藤正勝 斉と公平太 笹岡由梨子 澤田華 島本了多 下出和美 杉浦藍 杉山卓朗 スクリプカリウ落合安奈 鈴木淳 鈴木のぞみ 高橋功樹 谷中佑輔 玉田多紀 築山有城 寺江圭一朗 天牛美矢子 富田正宣 ナカダマコト 中村太一 西太志 西永怜央菜 福田真知 布施琳太郎 堀貴春 松田啓佑 宮北裕美 宮本穂曇 迎英里子 村上慧 村田宗一郎 村田奈生子 持田敦子 森栄喜 安原千夏 柳井信乃 山元彩香 山本聖子 楊珪宋 米倉大五郎 藍仲軒 李晶玉 AINWOODS EuniceLuk MaraCozzolino PatrickCruz 高山登 椿昇 日比野克彦 藤浩志 堀浩哉 佐々木耕成 中村政人 ほか 料金:一般1,500円 ガイドブック付1,700円 シニア・学生1,300円 ※教室エリア、パブリックエリア無料 ※高校生以下無料 ※千代田区民は無料(要身分証明書) ※障がい者と介助者1名は無料(要障害者手帳)
  • HOME
  • Art,Design
  • 『3331 ART FAIR』に森栄喜、キュンチョメら75組超 屋上や体育館も使用

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて