柄本明が佑&時生に稽古、ベケット劇に挑む3人の記録映画『柄本家のゴドー』

ドキュメンタリー作品『柄本家のゴドー』が、4月20日から東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

俳優として多数の映画やテレビに出演する一方で、演劇ユニット「ET×2」を結成している柄本佑・時生兄弟。2人は2014年にサミュエル・ベケットの不条理劇『ゴドーを待ちながら』に挑み、2017年には父である柄本明を演出に迎えて、再び同作を上演した。

『柄本家のゴドー』は2017年の公演の稽古場に山崎裕が立ち会い、その様子を捉えたもの。演出家と俳優の関係を超え、父から子へ芸を伝承する姿が記録されている。オフィシャルサイトには西川美和、李相日、串田和美、石橋蓮司が同作に寄せたコメントが掲載中だ。

作品情報

『柄本家のゴドー』

2019年4月20日(土)からユーロスペースで公開
撮影・演出:山崎裕 出演: 柄本明 柄本佑 柄本時生 劇団東京乾電池のみなさん 上映時間:64分 配給:ドキュメンタリージャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 柄本明が佑&時生に稽古、ベケット劇に挑む3人の記録映画『柄本家のゴドー』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて