河村康輔、過去最大級の展覧会 コラージュ、映像、立体作品などを網羅

河村康輔の展覧会『KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-』が、6月28日から東京・池袋のパルコミュージアムで開催される。

1979年生まれの河村康輔は広島出身のアーティスト。グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティストとして活動しており、アパレルブランドのグラフィックや音楽家のアートワーク、広告デザインなど様々な作品を手掛けている。

河村にとって過去最大級の展覧会になるという『KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-』では、アナログコラージュをはじめ、デジタルコラージュ、グラフィックデザイン、プロダクトデザインといった様々な作品を総括的にキュレーションして紹介。過去の代表作、コラボレーション作品、映像、立体の4つのゾーンに分類された作品が展示されるほか、刺繍を使ったグッズや限定コラボレーションアイテムなどを販売予定だ。空間演出とグラフィックデザインをYOSHIROTTENが率いるYAR、キュレーションを小林大介(パルコ)が担当している。

初日の6月28日にはレセプションパーティーを実施。河村とYOSHIROTTENが結成したアートユニットUTOPIEによるライプパフォーマンスが行なわれる。詳細はパルコのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-』

2019年6月28日(金)~7月15日(月・祝) 会場:東京都 池袋 パルコ本館7階 パルコミュージアム 時間:10:00~21:00(最終日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで) 料金:一般500円 学生400円 ※小学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 河村康輔、過去最大級の展覧会 コラージュ、映像、立体作品などを網羅

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて