ドSな藤原竜也が怯える玉城ティナに究極の選択迫る 映画『Diner』新映像

蜷川実花監督の新作映画『Diner ダイナー』の新映像「ボンベロって誰?編」が公開された。

平山夢明の小説『ダイナー』の映画版となる同作は、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がり、強烈な色彩美を放つ殺し屋専用の「ダイナー」を舞台にした作品。元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ役を藤原竜也が演じる。公開は7月5日。

「ボンベロって誰?編」では、「俺はボンベロ」と登場したボンベロが、玉城ティナ演じるオオバカナコに「お前はここから出られない」「365日24時間休みなしで働けるか?」「俺のルールを守れるか?」「俺を裏切らないか?」と次々とセリフを吐き捨てていく様子や、カナコの顔を便器に押し付けて「舐めろ」と強制するシーン、怯えるカナコの顔の横に包丁を突き刺す場面、「やっぱり私を殺すんですか?」というカナコのセリフなどが確認できる。

作品情報

『Diner ダイナー』

2019年7月5日(金)から全国公開
監督:蜷川実花 脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花 原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社) 音楽:大沢伸一 主題歌:DAOKO×MIYAVI“千客万来” 出演: 藤原竜也 玉城ティナ 窪田正孝 本郷奏多 武田真治 斎藤工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗旬 土屋アンナ 真矢ミキ 奥田瑛二 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ドSな藤原竜也が怯える玉城ティナに究極の選択迫る 映画『Diner』新映像

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて