『MONKEY』探偵特集に柴崎友香、円城塔、大竹伸朗ら 柴田元幸訳ホームズも

文芸誌『MONKEY Vol.20「探偵の一ダース」』が2月15日に刊行される。

翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。今回の特集は「探偵の一ダース」となり、11作家による「探偵」をテーマとした作品を掲載する。

柴田元幸が没後90年を迎えるコナン・ドイルによる「シャーロック・ホームズ」シリーズから『青いザクロ石の冒険』を新訳しているほか、柴崎友香、円城塔、片岡義男、西川美和、大竹伸朗、山村浩二、バリー・ユアグローらが「探偵」をテーマにした作品を描き下ろしている。さらにギタリストのライ・クーダーが2011年に出版した初短篇集『Los AngelesStories』から『みんな仕事の一部 1940年』を柴田元幸訳で特別掲載する。「ホームズの言葉」をテーマにした言語学者・西村義樹と柴田元幸による対談も収録。

スイッチオンラインでの購入者には表紙のポストカードが贈られる。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『MONKEY』探偵特集に柴崎友香、円城塔、大竹伸朗ら 柴田元幸訳ホームズも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて