ニュース

ジャームッシュ監督に尾崎世界観、荻上チキがインタビュー TBSラジオでOA

尾崎世界観(クリープハイプ)
尾崎世界観(クリープハイプ)

ジム・ジャームッシュ監督のインタビューが、本日3月24日15:30放送のTBSラジオ『ACTION』、4月2日22:00放送の『荻上チキ・Session-22』でオンエアされる。

映画『デッド・ドント・ダイ』が4月3日から日本公開されるジム・ジャームッシュ監督。2016年の『パターソン』以前から構想を温めていたという同作は、アメリカ・センターヴィルを舞台に、3人だけの警察署で働くロバートソン署長とピーターソン巡査が変死事件を皮切りに思わぬ事態に巻き込まれていく姿や、葬儀屋ゼルダと共に町に増殖していくゾンビたちに立ち向かう様などを描くゾンビコメディーだ。ロバートソン署長役にビル・マーレイ、「まずい結末になる」が口癖のピーターソン巡査役にアダム・ドライバー、日本刀を携える葬儀屋ゼルダ役にティルダ・スウィントンがキャスティング。

『ACTION』火曜パーソナリティーを務める尾崎世界観(クリープハイプ)は、かねてよりジム・ジャームッシュ監督のファン。クリープハイプの「ハイプ」はジャームッシュ監督『ナイト・オン・ザ・プラネット』に由来するという。ジャームッシュ監督は「そんなに好きでいてくれているなんて嬉しい、君のバンド聴いてみるよ」と反応。現在の世界中で困難な状況下での「音楽や芸術の役割」について問いかけると、監督は「音楽は自分のスピリットを高めてくれるもの。アートというものは世界を美しいものに見せてくれる力を持っている。世界中で困難な状況下にあるけれど、そういう時こそ分断ではなく、お互いに思いやりを持てるような世界になりたいね」とメッセージを送ったとのこと。

ゾンビ好きである荻上チキは、ジャームッシュ監督にとってゾンビとはどのような存在かを質問。ジャームッシュ監督は「何も考えない羊のように誰かに追従する人間たちすごくわかりやすいメタファーだと思う」と答えた。ティルダ・スウィントン演じる葬儀屋が刀や典型的な日本像を描いているように感じると伝えると、「昔ながらのゆっくりとした小津安二郎のような日本映画や、日本文化が好き。今回はディテールを大切に作品に取り込んだよ」と日本からの影響を述べたとのこと。

今回の発表とあわせて、ジャームッシュ監督を敬愛する著名人からのコメントと「あなたは何ゾンビ?」という問いへの回答が公開された。コメントを寄せたのは、荻上チキ、尾崎世界観に加えて、秋山ゆずき、沖田修一、菊地健雄、瀬田なつき、瀬戸あゆみ、高城晶平(cero)、中川龍太郎、中田クルミ、ヒグチユウコ、前野朋哉。

秋山ゆずきのコメント

なんと贅沢なゾンビ映画!
ゾンビ達も時代と共に変化していて“推しゾンビ”選びが大変そうです。
シュールなのにめちゃくちゃ笑えて色々な潔さにスカッとします!
あなたは何ゾンビ?
アニマルゾンビ

荻上チキのコメント

我々は、メタゾンビというまったく新しい存在を目の当たりにする
あなたは何ゾンビ?
読書ゾンビ

沖田修一のコメント

アダム・ドライバーと、ビル・マーレイが並んでいる。それだけで、もう面白いのに、ゾンビがでてくるから、もっと面白い。それで、結構怖い。
あなたは何ゾンビ?
酒ゾンビ

尾崎世界観(クリープハイプ)のコメント

死人に口なしと言うけれど、ゾンビにはちゃんとあった。耳を傾けたら、人類が何を見失っているかを教えてくれた。でも、耳を傾け過ぎて、噛まれて自分もゾンビになった。
あなたは何ゾンビ?
悪口ゾンビ

菊地健雄のコメント

あのイギー・ポップがゾンビだなんて!腹を抱えて笑いつつ、もし自分がゾンビになったら何に執着するのだろうと考えてゾッとした。ジャンルマナーを抑えながらもジャームッシュらしい文明論になっているので、未知のウィルスが蔓延する今こそ見てほしい!
あなたは何ゾンビ?
タバコ・ゾンビ

瀬田なつきのコメント

ジャームッシュ監督が、絶妙なバランスで作り上げた「ゾンビ映画」の迷宮を、ゆるく、軽く、思う存分、さまよえる、本当に楽しい、現代のゾンビの映画。
あなたは何ゾンビ?
声、小さめのゾンビ

瀬戸あゆみのコメント

これほどまでに豪華なキャストを、こんな役で、こんな形で。驚きと楽しさの連続。監督のセンスが光る。この全く新しいゾンビ映画を、ぜひ劇場で目撃してほしい。
あなたは何ゾンビ?
マイルゾンビ。旅行とマイルが大好きだから。

高城晶平(cero)のコメント

なぜか観る者にやすらぎを与える、ゾンビと人との泥試合!!ジャンル映画を撮る時のジャームッシュは、どこかいつもよりリラックスして楽しんでいるように感じますね。僕も存分にチルしました!
あなたは何ゾンビ
ツイッター・ゾンビ

中川龍太郎のコメント

こんなハチャメチャな映画久々に観た!これはジャームッシュの狙いなのか?彼はそれほどまでに怒っているのか、それとも人間とその社会が堕ちるところまで堕ちてしまったのか。
あなたは何ゾンビ?
広島カープ・ゾンビ

中田クルミのコメント

ユーモアに溢れた愛すべきオブビートゾンビ映画。個性派揃いのジム・ジャームッシュ作品常連俳優達を、贅沢にのんびり観られるのも幸せ。結局私たち皆ゾンビ。ゾンビになりたくないけど、もうゾンビかも(?)
あなたは何ゾンビ?
Wi-Fiゾンビ 圏外即ち死

ヒグチユウコのコメント

まさかのゾンビ映画でしたがファンとしては最高に楽しめました。ネタバレになる事はさけて。とりあえず私だったら速攻でゾンビになって皆をおそいまくりたいです。
あなたは何ゾンビ?
Tea Zonbi(コーヒーのまないから)

前野朋哉のコメント

アダム・ドライバーのナタの振り方が最高です。あれは巡査ロニーなの?カイロ・レンなの?アダムなの?ロメロへのオマージュかも。誰か教えて!いや、ジム・ジャームッシュのゾンビとなってずっと議論したい!
あなたは何ゾンビ?
タクシー乗りたがりゾンビ

『デッド・ドント・ダイ』 ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
『デッド・ドント・ダイ』 ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開