『浦安鉄筋家族』 タップで漫画と実写が切り替わるインタラクティブ映像

ドラマ『浦安鉄筋家族』の特別映像が公開された。

テレビ東京系で放送中の『浦安鉄筋家族』は、千葉・浦安に住む大沢木家が巻き起こす騒動を描いた浜岡賢次のギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』のドラマ版。ドラマ版の主人公となる大沢木家の大黒柱・大鉄役を佐藤二朗、大鉄の妻・順子役を水野美紀、長女・桜役を岸井ゆきの、長男・晴郎役を本多力、次男・小鉄役を斎藤汰鷹、祖父・金鉄役を坂田利夫が演じる。監督は瑠東東一郎、脚本は上田誠、諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画)が担当。

映像をタップすると原作漫画とドラマ映像が切り替わるインタラクティブ動画で展開される特別映像には、各キャラクターの紹介や本編映像などが映し出されている。映像の最後には大鉄、順子、桜、晴郎、小鉄、金鉄の顔写真と現れ、アイコンをタップをするとそれぞれのキャラクター紹介文と画像が表示される。全てをタップして文章を読むと、「なにかテキトーなもの!?プレゼント」のヒントを得ることができるとのこと。

またGIFMAGAZINEの『浦安鉄筋家族』公式チャンネルでは様々なGIFを公開。今後も各話放送後に順次公開される。

特別映像の動画編集をした同作の宣伝担当フグオ似のフグ子がコメントを寄せている。

『浦安鉄筋家族』宣伝担当女子のフグオ似のフグ子のコメント

突然のコメントご容赦ください。以下そぐわないと思われる部分は伏せ字とさせていただいています。この動画の発端はとある会議でした。「原作やドラマに見合う、面白い宣伝動画が打てないか?」そんな中、ポソっと言ってしまった「◯んこを触るみたいな?」...そんな思いつきに、その場の時が止まり、その会議室に女子としての何かを置いていくことになりました。そこからは皆様を不快にさせない「う◯こ」をネット検索し続ける日々。とうとう私の某ショッピングサイトアカウントには「あなたのお探しのものはこちらでは?」と、やたらめったらとぐろを巻いた「うん◯」を模したものが流れてくるように。それを見た上司が「お前も立派な宣伝マンの仲間入りだな」と言ったとか言わないとか風の噂で聞いた気がします。そんなこんなで私が声を「大」にして言いたいのは「うんこ◯は世界を救う!!」...伏せ字の場所も、言いたいことも間違えました。「浦安鉄筋家族が日本を少しでも明るくする!!」寝る間を惜しんで、フグオ似のフォルムを維持するために毎日9時間しか寝られずに編集したこの動画で、気持ちをフッと明るくしていただければと思います。そして、最高のキャストが笑撃の熱演を繰り広げるドラマを引き続き見ていただいて、明日への活力にしていただければこんなに嬉しいことはありません。

番組情報

ドラマ24『浦安鉄筋家族』

2020年4月10日(金)から毎週金曜24:12~テレビ東京系で放送、動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』で配信
監督:瑠東東一郎、吉原通克、諏訪雅、松下敏也 脚本:上田誠、諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画) 原作:浜岡賢次『浦安鉄筋家族』(少年チャンピオン・コミックス) オープニングテーマ:サンボマスター“忘れないで 忘れないで” エンディングテーマ:BiSH“ぶち抜け” 出演: 佐藤二朗 水野美紀 岸井ゆきの 本多力 斎藤汰鷹 キノスケ 坂田利夫 染谷将太 大東駿介 松井玲奈 宍戸美和公 滝藤賢一 大仁田厚 アジャコング 真壁刀義 広瀬アリス MEGUMI バッファロー吾郎A シュウペイ(ぺこぱ)
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『浦安鉄筋家族』 タップで漫画と実写が切り替わるインタラクティブ映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて