デヴィッド・リンチのインタビュー映像第2弾、CAFE:MONOCHROMEとコラボも

映画『エレファント・マン 4K修復版』に寄せたデヴィッド・リンチ監督のインタビュー映像第2弾が到着した。

『第53回アカデミー賞』作品賞を含む8部門にノミネートされ、日本では1981年に公開された『エレファント・マン』は、19世紀のイギリス・ロンドンを舞台に「エレファント・マン」と呼ばれたジョゼフ・メリックの生涯と彼を取り巻く人々の交流を、実話をもとに描いた作品。エレファント・マンとして見世物小屋に立つジョン・メリック役をジョン・ハート、彼を研究対象として病院で預かるトリーヴズ医師役をアンソニー・ホプキンスが演じた。40周年を記念して公開される『エレファント・マン 4K修復版』は、デヴィッド・リンチ監督自身の監修によりデジタルリマスター化。多数の映画館が再開したことへの祝意と来場者への感謝を込めて、鑑賞料金は1,100円均一になるとのこと。

インタビュー映像第2弾では、リンチ監督が『エレファント・マン』撮影当時を振り返り、自身が制作する予定だったエレファント・マンのマスクが思うようにいかなかったことや、プロデューサーであるメル・ブルックスにクビにされるのではないかと思いながら過ごしていたことなどが明かされる。

映画公開日と同じ7月10日に営業を再開する東京・渋谷のCAFE:MONOCHROMEではコラボを実施。『エレファント・マン』のシーンの写真を使ったTシャツ、トートバッグ、キーリングや、コラボメニューの販売、各種キャンペーンが行なわれる。グッズは店舗に加えて、ウェブショップ、東京・新宿ピカデリーでも販売。


作品情報

『エレファント・マン 4K修復版』

2020年7月10日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:デヴィッド・リンチ 脚本:クリストファー・デ・ヴォア、エリック・バーグレン、デヴィッド・リンチ 音楽:ジョン・モリス 出演: アンソニー・ホプキンス ジョン・ハート アン・バンクロフト ジョン・ギールグッド ウェンディ・ヒラー フレディ・ジョーンズ 上映時間:124分 配給:アンプラグド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • デヴィッド・リンチのインタビュー映像第2弾、CAFE:MONOCHROMEとコラボも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて