特集 PR

OGREとD.A.N.の共演から予想、2016年のバンドシーンで起こる波

『SPACE SHOWER ALTERNATIVE ACADEMY』
テキスト
金子厚武
OGREとD.A.N.の共演から予想、2016年のバンドシーンで起こる波
撮影:SUSIE

メインステージに大抜擢された、結成わずか1年半のD.A.N.

スペースシャワーTVが今年立ち上げた新たなカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY』。その一環として、「独創的な音楽性と個性を十分に発揮し、独自のスタンスで2015年のシーンで話題になったアーティスト」を集めたライブイベント『ALTERNATIVE ACADEMY』が2月23日に渋谷WWWで開催された。出演はメインステージにD.A.N.とOGRE YOU ASSHOLE、ラウンジにAlbino SoundsとQrionの計4組。本来ならもう1組、メインステージにceroの出演が予定されていたが、メンバーのインフルエンザ発症のため、急遽出演がキャンセルとなってしまった。もちろん、大変残念なアクシデントではあったものの、結果的にはD.A.N.とOGRE YOU ASSHOLEを結ぶ一本の線を明確に示す機会になったように思う。

メインステージの1組目として登場したのは、今最も注目を集める若手バンドのひとつであるD.A.N.。OGRE YOU ASSHOLEとceroと並んでD.A.N.がメインステージの一角を務めるというのは、かなりの大抜擢である。イベントに先駆けてCINRA.NETで掲載されたレーベル担当者の座談会(「cero、OGRE、D.A.N.の担当者たちが語る、日本インディー15年史」)でも語られていたが、彼らはまだ結成からわずか1年半、世に出ている公式なオリジナル楽曲は4曲という、いわばド新人。しかし、彼らがライブ活動をスタートさせると、それこそ「オルタナティブ」な気質を持った30歳オーバーの音楽マニアたちが彼らについて熱く語り出し、10~20代のリスナーたちも気にせずにはいられなくなったような印象がある。おそらく、この日はネットなどでのバズを受けて、D.A.N.をチェックしに来たという人も多かったと思うが、結果的にフロアでは多くの人が心地よく体を揺らし、最後は見事に拍手喝采をさらっていった。

D.A.N. 撮影:SUSIE
D.A.N. 撮影:SUSIE

クラブミュージックを生のグルーヴで表現する2016年のバンドたち

D.A.N.の音楽性を一言で言い表すことは難しいが、その大枠を捉えれば、2016年のバンドのひとつの傾向が見えてくる。まず、彼らはリスナー気質の強いタイプであり、洋邦・年代・ジャンル問わず、様々な音楽を聴き漁っているが、基本的には洋楽志向が強く、同時代の音楽を追いかけている。そして、世界的にロックバンド受難の時代と言われる現代において、彼らはテクノやハウスから、R&Bやヒップホップまでを含めた、広義のクラブミュージックと強い接点を持っている。ただ、言うまでもなく彼らは日本育ちであり、バンドカルチャーの根強いこの国において、自らの表現方法としてごく自然にバンドを選び取っている。つまり、「クラブミュージックのテクスチャーを用いながら、それを生バンドのグルーヴで表現する」というのが、彼らにとってのひとつの指針となっているわけだ。

4月にリリース予定のD.A.N.のフルアルバムに先駆けて、3月にはThe fin.と雨のパレードの新作が発売される。もちろん、細かく言えば彼らの音楽性はまったく異なるのだが、より洋楽志向が強く、英語で歌うThe fin.も、日本的な叙情性を纏ったメロディーを紡ぐ雨のパレードも、「クラブミュージックのテクスチャーを用いながら、それを生バンドのグルーヴで表現する」という点においては、同一の傾向を持っている。それぞれがThe xxやDISCLOSUREやSOHNなどを自然と耳にし、アンビエントな音像やミニマルなビートを追求し、だからこそシンセやサンプリングパッドなどの機材を積極的に用いる。渋谷WWWの向かいにあるパルコの6F、2.5Dのようなネットと親和性の高い場所においては、すでにバンドとトラックメイカーのクロスオーバーが起こっていたが、この流れがマスのバンドシーンにも本格的に流入してこようとしている。

OGRE YOU ASSHOLEからD.A.N.に引き継がれている、リスナーとしての姿勢

そして、メインステージの2組目にしてこの日のトリとして登場したOGRE YOU ASSHOLEは、D.A.N.の先駆的な存在だと言っていいだろう。そもそもD.A.N.のデビュー時のキャッチフレーズだった「ミニマルメロウ」という言葉は、OGRE YOU ASSHOLEが2014年に発表した傑作『ペーパークラフト』のコンセプトでもある。また、ネットの恩恵を受けた世代であるD.A.N.と、古い音楽をアナログで掘り返すことが好きなタイプのOGRE YOU ASSHOLEという違いはあるものの、リスナー気質の強さというのも両者の大きな共通点だ。

もちろん、OGRE YOU ASSHOLEのもともとのルーツは1990年代のアメリカのインディーロックであり、D.A.N.と違って同時代のクラブミュージックからの直接的な影響は少ないだろう。ただ、この日のライブでもダブPA(生演奏の音にエフェクトをつけるPAエンジニア)を入れて、強烈な音像を作り上げていたように、常に楽曲をリコンストラクトし続ける編集感覚は、ロックよりもクラブミュージックの感性に近いと言える。そして何より、リスナーとして吸収したサウンドやアレンジメントをそのまま引用するのではなく、その感覚を独自の方法でアウトプットしようとする姿勢は、OGRE YOU ASSHOLEからD.A.N.へと確かに引き継がれているもの。そして、そのミュージシャンシップの高さが、心ある音楽ファンからの信頼を獲得しているのだ。

OGRE YOU ASSHOLE 撮影:SUSIE
OGRE YOU ASSHOLE 撮影:SUSIE

2015年はceroが『Obscure Ride』という傑作を発表し、彼らがデビュー時から少しずつまいた種が発芽するかのように、多くの新人が台頭する年となった。そんな中から、Suchmosは年明けの新作でバンドの規模をもう一回り拡大し、Yogee New Wavesも年内に発売を予定しているというフルアルバムでさらなる飛躍を目指していることだろう。D.A.N.とYogee New Wavesがレーベルメイトであるように、音楽性の違いはあっても、彼らは確かに時代感を共有している。それはやはり、10代の頃からYouTubeが存在し、洋邦・年代・ジャンルを問わない音楽を聴き漁ってきたことが何よりの共通点で、そんな新たなリスナー体験をしてきた世代のミュージシャンたちが、いよいよそれを作品という形に結実させていく。どうやら、そんな2016年になりそうだ。

イベント情報

『SPACE SHOWER ALTERNATIVE ACADEMY』

2016年2月23日(火)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
OGRE YOU ASSHOLE
D.A.N.
Albino Sound
Qrion

『TOKYO MUSIC ODYSSEY』

「TOKYO MUSIC ODYSSEY」とは、スペースシャワーTVがプロデュースする、音楽を中心に音楽と親和性の高いカルチャーも巻き込んで開催する複合イベントです。素晴らしい音楽の発信、新しい才能の発掘を通して、音楽の感動を多くの人に伝え、体験できるリアルスペースを提供します。私たちの心を揺らし、人生を豊かにしてくれるアーティスト、クリエイターが最高に輝く場所を創ることを目指します。そして、未来へ続く音楽文化の発展へ貢献していきます。「TOKYO MUSIC ODYSSEY」は5つのコンテンツで構成、イベントを開催いたします。(オフィシャルサイトより)

『SPACE SHOWER MUSIC ART EXHIBITION』

2016年3月4日(金)~3月6日(日)
会場:東京都 渋谷 space EDGE
時間:11:00~19:00(3月5日は20:00まで)
『ART EXHIBITION』参加クリエイター:
飯嶋久美子
植本一子
オオクボリュウ
太田好治
上岡拓也
児玉裕一
サイトウユウスケ
神藤剛
高橋由季(コニコ)
谷口恭介
谷端実
cherry chill will
東市篤憲
西村ツチカ
magma
町田ヒロチカ
本秀康
山根慶丈
YKBX
鷲尾友公
料金:無料

『CREATOR'S SESSION』
2016年3月5日(土)17:00~18:00
トーク:
福田哲丸(快速東京)
富永勇亮(dot by dot inc.)

2016年3月6日(日)15:00~16:00
トーク:
evala
YKBX

2016年3月6日(日)17:00~18:00
トーク:
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
児玉裕一
山田智和
※トークは予約制

プロフィール

OGRE YOU ASSHOLE
OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)

メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Drs)、清水隆史(Ba)の4人。2005年にセルフタイトルの1stアルバムをリリース。2009年3月にバップへ移籍し、シングル『ピンホール』でメジャーデビュー。2014年10月には、P-VINE RECORDS より6thアルバム『ペーパークラフト』をリリース。

D.A.N.
D.A.N.(だん)

2014年8月に、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。『FUJI ROCK FESTIVAL '15《Rookie A Go Go》』に出演。4月20日、1stアルバム『D.A.N.』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら