特集 PR

日本最大の海賊・村上海賊。高橋久美子が行くしまなみの日本遺産

日本遺産 村上海賊
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:三野新 編集:野村由芽
日本最大の海賊・村上海賊。高橋久美子が行くしまなみの日本遺産

島々に点在するこの場所でしか見られないアート、山と海の幸に恵まれた食、東西文化の活発な交流を伝える歴史的な町並み。温暖な気候と豊かな自然に誘われて、瀬戸内エリアには毎年多くの人が訪れています。そこに、新たな魅力が加わりつつあることをみなさんは知っていますか?

それは日本遺産に認定された「村上海賊」。小説家・和田竜の『村上海賊の娘』は、尾道市からしまなみ海道で結ばれた因島、大三島、大島などの芸予諸島で活動した勇敢な海賊たちを描いた人気時代小説で、知られざる瀬戸内の歴史に光を当てました。かつては「村上水軍」として紹介されてきた彼らは、なぜ今になって「海賊」と呼ばれるようになったのでしょうか?

そんな歴史の秘密を探る今回の旅。旅人は、元チャットモンチーのメンバーで、作家・作詞家の高橋久美子さんです。愛媛県に生まれた高橋さんは、現在、四国中央市ふるさとアドバイザーとしても活動し、地域の魅力を広く紹介する仕事にも関わっています。さあ、歴史と自然、そして人と出会う「しまなみホッピング」に出発です!

多くの映像作品に登場した、フォトジェニックな町・尾道。空き屋を再生した「あなごのねどこ」

尾道水道と尾道三山の間の限られた空間に、ぴったり寄り添うように建つ小さな家々。「箱庭的都市」とも呼ばれる尾道の風景の感動にひたっていると、高橋さんがやってきました。

高橋:おはようございます、いい天気ですね! 実家は愛媛なのですが、尾道は久々。だから今日はとても楽しみにしてました。それから私、じつは歴史が大好きなんです。『村上海賊の娘』は、もちろんチェック済み。2日間をかけて、旅と歴史を堪能しますよ!

高橋久美子
高橋久美子

町並みのリノベーションが進み、懐かしさと新しさが同居する尾道は、平日にもかかわらず、駅前に観光客がたくさん。特に目にするのは、カメラを携えた女性の2人旅。

大林宣彦監督の映画『時をかける少女』や、中学生が突然神さまになるコメディーアニメ『かみちゅ!』など、たびたび映像作品に登場している尾道は、写真映えする町でもあるのです。そしてたどり着いたのは、フォトジェニック全開なゲストハウス「あなごのねどこ」です。

ゲストハウス「あなごのねどこ」外観
ゲストハウス「あなごのねどこ」外観

尾道ならではの暮らしと家を守るために始まった「尾道空き家再生プロジェクト」の拠点であるこの場所は、古民家を土台に、島々の廃校から持ってきた古材でリメイクした素敵スペース。

入口はせまく、奥に長いつくり
入口はせまく、奥に長いつくり

ここは、京都の町家もびっくりするぐらい、奥に長~~~~~い空間が特徴的です。

高橋:尾道の名物が「あなご」だから、うなぎの寝床ならぬ「あなごのねどこ」なんやね(笑)。ちょっと奥まで探検してきます!

建築士やデザイナー、学生、主婦など多彩なメンバーで運営。内装のデザインは漫画家のつるけんたろうが担当
建築士やデザイナー、学生、主婦など多彩なメンバーで運営。内装のデザインは漫画家のつるけんたろうが担当

もともと校舎の階段だった木材が机に
もともと校舎の階段だった木材が机に

奥にあるのは、お座敷と縁側つきの「あなごサロン」。さらに先には、隠れ家的な書店「本と音楽『紙片』」も
奥にあるのは、お座敷と縁側つきの「あなごサロン」。さらに先には、隠れ家的な書店「本と音楽『紙片』」も

高橋:いろんなスペースがあってワクワクしますね。これは女子にはたまらん……おっとコレは。

高橋さんが発見したのは、庭手前の物置に設えられた、小さな古道具店。古民家リノベの際に見つけた生活用品や小物を格安で販売しています。

物置のなかにひっそりと並べられた古道具。金属製のカニ用フォークと、奇妙な人形をお買い上げ
物置のなかにひっそりと並べられた古道具。金属製のカニ用フォークと、奇妙な人形をお買い上げ

尾道の定番・3分間の空中散歩。「箱庭的都市」を眺める

寺社仏閣と古民家が立ち並ぶ山側では、まずはロープウェイで千光寺公園に登り、そこからぶらぶら散歩しながら海側へと降りていくのがとっても便利。

尾道観光の定番。いざ、千光寺山ロープウェイへ
尾道観光の定番。いざ、千光寺山ロープウェイへ

海も山も一望できる。眼下に広がる尾道の箱庭的風景
海も山も一望できる。眼下に広がる尾道の箱庭的風景

所要時間3分の小旅行
所要時間3分の小旅行

高橋:あ、あそこにもお寺が! 尾道ってお寺がたくさんありますよね。今は25箇寺が古寺巡りのコースになっているけど、江戸時代には80以上のお寺があったとか。港町が栄えて、みなさんどんどんお寺に寄進したからだと聞きました。数は減ってしまっているけど、その名残を眺められるのは楽しいですね。

歩くたびに、絶景や猫たちに次々と出くわす道をゆく

そうこうしているうちに展望台に到着。今度は徒歩で坂を下ってゆきます。眼前に現れたのは、尾道の観光写真でおそらくもっとも多く使われている絶景でした。天寧寺の三重塔(正式名称は海雲塔という素敵な名前)越しに広がる尾道の町並み。

奥に見えるのは、尾道水道にかかる新尾道大橋。夜景スポットとしても人気のランドスケープに、高橋さんも思わず「ここに住みたい!」
奥に見えるのは、尾道水道にかかる新尾道大橋。夜景スポットとしても人気のランドスケープに、高橋さんも思わず「ここに住みたい!」

この後、尾道ゆかりの文学者の名前が残る「文学のこみち」、絵師・園山春二が描いた福石猫がごろんと路地に置かれた「猫の細道」を抜け、そしてだいぶだらしなく寝っ転がったリアル猫とも出会えました。

猫の細道で発見
猫の細道で発見

尾道市のアーティスト、園山春二が丸い石に描く「福石猫」
尾道市のアーティスト、園山春二が丸い石に描く「福石猫」

しどけない尾道の猫
しどけない尾道の猫

高橋:途中で福石猫の美術館がありましたけど、あれって行政じゃなく個人がやっているインディペンデントな施設ですよね。誰かからの押し付けじゃなく、おのれの美意識に従って自由にやっているのがすごく伝わってきます。

「あなごのねどこ」もそうだけれど、尾道に住んでいる人たちって自分たちのアイデアや情熱を、気負わずにそのまま表現している感じがします。地域の町作りの見本として、参考にしたいな。

坂が多いため、歩いていると度々絶景に出くわす
坂が多いため、歩いていると度々絶景に出くわす

高橋:どの場所にも人の気配があって、人の手が入っている。ちょっとしたお地蔵さんの前掛けも手作りだし、植木もキレイに剪定しているでしょう? みんなが愛情を持って育てている町だなって思います。

Page 1
次へ

詳細情報

日本遺産 村上海賊

戦国時代、宣教師ルイス・フロイスをして「日本最大の海賊」と言わしめた「村上海賊」(Murakami KAIZOKU)。理不尽に船を襲い、金品を略奪する「海賊」(パイレーツ)とは対照的に、村上海賊は掟に従って航海の安全を保障し、瀬戸内海の交易・流通の秩序を支え海上活動を生業とした。その本拠地「芸予諸島」には、活動拠点として築いた「海城」群など、海賊たちの記憶が色濃く残っている。尾道・今治をつなぐ芸予諸島をゆけば、急流が渦巻くこの地の利を活かし、中世の瀬戸内海の航路を支配した村上海賊の生きた姿を現代において体感できる。

プロフィール

高橋久美子(たかはし くみこ)

1982年、愛媛生まれ。作家・作詞家。鳴門教育大学在学中、ロックバンド、チャットモンチーにドラム・作詞家として加入。2005年メジャーデビューを機に上京。2011年バンド脱退後は、アーティストへの歌詞提供やコラム連載などの執筆業を中心に、音楽家と「詩の朗読×音楽」のセッションライブや、展覧会開催など表現の場を広げている。NHKラジオ第一放送『ごごラジ!』や、FM徳島『高橋久美子のkikimimi』でパーソナリティーとしても活躍中。また、2009年に画家や若手建築家らとアートチーム「ヒトノユメ」を発足し詩と絵と建築空間の展覧会を各地で開催、斬新な空間展示が話題となる。主な著書に、エッセイ集『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』詩画集『太陽は宇宙を飛び出した』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真