レポート

『GIRLS』の原点が初上陸 山崎まどかがレナ・ダナムの長編映画を語る

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
『GIRLS』の原点が初上陸 山崎まどかがレナ・ダナムの長編映画を語る

社会現象を巻き起こした『GIRLS』のクリエイター レナ・ダナム

「私は私の世代の代弁者かもしれない。少なくともある世代の1人の代弁者だと思う」。レナ・ダナムが製作・監督・脚本・主演を務めたドラマ『GIRLS』シーズン1の第1話でレナ演じる主人公・ハンナは両親に向かってそう口にした。

そこから5年。ニューヨークに住む四人の女子のうだつのあがらない日常を通して、親世代との収入差や就職難、うまくいかない恋愛など、ミレニアル世代の本音を代弁したこのドラマはシーズン6をもって今年4月にフィナーレを迎えた。

『GIRLS』ファイナルシーズン予告編

 

『エミー賞』8部門ノミネート、『ゴールデングローブ賞』コメディードラマ部門主演女優賞および作品賞に輝くなど、大きな話題を呼んだこの作品。日本でもHuluやスターチャンネルで放送され、先月にスターチャンネルでファイナルシーズンの最終回が放送された。

そんな『GIRLS』の原点とも言うべきレナ・ダナム監督・脚本・主演の映画『タイニー・ファニチャー』が、10月22日にキネカ大森で行なわれた『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』内で日本初上映され、レナのエッセイ『ありがちな女じゃない』の訳者である山崎まどかがアフタートークに登壇した。

『GIRLS』の原点、レナ・ダナムの監督映画が7年ごしの日本初上映

2010年に公開された『タイニー・ファニチャー』は、大学卒業後に恋人と別れてニューヨークの実家に戻ってきた主人公オーラが、家族や再会した幼なじみ、居候させてしまった男、アルバイト先のシェフらと接しながら自分のやりたいことを模索する様を描いている。

『タイニー・ファニチャー』予告編

 

低予算で作られたインディペンデント映画で、主人公の母親と妹はレナの本当の母親でアーティストのローリー・シモンズ、妹でモデルとしても活動するグレース・ダナムが演じているほか、撮影もレナが実際に子供時代を過ごしたニューヨーク・トライベッカの家で行なわれた(現在は売却されている)。

左がレナ・ダナムの母親ローリー・シモンズ 『タイニー・ファニチャー』より
左がレナ・ダナムの母親ローリー・シモンズ 『タイニー・ファニチャー』より

レナ・ダナムの妹グレース・ダナム 『タイニー・ファニチャー』より
レナ・ダナムの妹グレース・ダナム 『タイニー・ファニチャー』より

上映会は台風が猛威を振るう悪条件にもかかわらず、ほぼ満席。登壇した山崎まどかが客席に「『タイニー・ファニチャー』面白かったですか?」と聞くと拍手が巻き起こった。

『タイニー・ファニチャー』は、レナが23歳の時に『SXSW』でプレミア上映されて賞を獲得。コメディー界のヒットメイカーであるジャド・アパトーはこの作品を見てレナにドラマの製作を持ちかけ、それが『GIRLS』の誕生へと繋がったという。

山崎によればこのアパトーからのオファーは「夢みたいな話」。「コメディーをやりたい男の子たちは、いつか白馬にのったジャド・アパトーが現れて、僕と一緒にコメディー番組を作ろうと言われることを夢見ている。それを彼女が射止めた」と説明した。

レナ・ダナムに実際に会った、山崎まどかが語る魅力

『GIRLS』の主人公ハンナも、『タイニー・ファニチャー』の主人公オーラも、何者かになりたい思いをくすぶらせながら、努力もせず甘えている「どうしようもない女の子」として描かれているが、実際のレナとレナが演じている役には乖離があると山崎は語る。

日本でいち早くレナ・ダナムに注目し、紹介してきた山崎は、実際にレナに会った時の経験を振り返り「すごくカリスマ性がある」「実際に会うとみんながメロメロになる魅力の持ち主。彼女と向かい合うと、自分がすごく重要な人だと思わせてくれる人」と明かした。だからこそ『タイニー・ファニチャー』という1本の作品から驚くべき出世を遂げたのも頷けるのだという。

『タイニー・ファニチャー』ポスタービジュアル
『タイニー・ファニチャー』ポスタービジュアル

レナ・ダナムの方法論が発火点となった1つのムーブメント

『タイニー・ファニチャー』でも『GIRLS』でも主演から監督までをこなしているレナ・ダナムだが、山崎はイッサ・レイが主演・製作を手掛ける『インセキュア』などを例に挙げながら、このように作家が主演もこなすというスタイルが映画だけでなくドラマにまで広まったのは、レナ・ダナムが発火点となったムーブメントだと話す。

『タイニー・ファニチャー』より
『タイニー・ファニチャー』より

「こういう方法でやっている人はたくさんいたが、ちゃんと話題になる、お金になることがわかったので、放送局が(企画に)GOを出すようになったという点でも画期的。(『タイニー・ファニチャー』は)この映画で完結するのではなく、この映画の方法論が世間的に通用することがわかったという意味でも、ものすごく大きな作品だと思います」と分析した。

また「自分で主演して、自分の話をしていて、誰でもできると思うかもしれないけど、実際は誰もやっていなかったし、彼女のようなやり方でやった人は1人もいなかった」「そういう意味でコロンブスの卵」と評した。

「新しい映画のようでいて女性映画の系譜にきちんとはまっている」

山崎が「新鮮だった」と語るのは、劇中で主人公のオーラが母親の日記を見つけて読むシーン。この日記はレナの母ローリー・シモンズが実際につけていた日記だそうだ。

この日記には20代が抱く様々な渇望と日常の些細なことが同時に綴られている。山崎は、その日食べたものなども細かく記録されている随筆家・武田百合子の『富士日記』を読んだ女性たちが、同書の中に決まった物語のドラマツルギーやナラティブではない、「女の人の語り方」を発見したように、レナは映画の中で同じことを読者の立場からやっていると指摘する。

「自分たちの物語をどう語るか、という時にお手本がない。でも昔から女性たちは自分の葛藤もごはんの話も日記などに書き付けてきた。そういう感じが映画の中にフィードバックされていて、ある種すごく新しい映画のようでいて、女性映画の系譜にきちんとはまっているところが素晴らしい」と話した。

『タイニー・ファニチャー』パンフレット 山崎まどかも寄稿
『タイニー・ファニチャー』パンフレット 山崎まどかも寄稿

「今日この作品を観たことは自慢になる」

『タイニー・ファニチャー』には、アレックス・カルポブスキーやジェマイマ・カークなど、『GIRLS』でおなじみのキャストも出演しているが、2人とも『タイニー・ファニチャー』や『GIRLS』の出演を契機にキャリアをさらに発展させている。

『GIRLS』にジェッサ役で出演しているジェマイマ・カーク(右) 『タイニー・ファニチャー』より
『GIRLS』にジェッサ役で出演しているジェマイマ・カーク(右) 『タイニー・ファニチャー』より

『GIRLS』にレイ役で出演しているアレックス・カルポブスキー(右) 『タイニー・ファニチャー』より
『GIRLS』にレイ役で出演しているアレックス・カルポブスキー(右) 『タイニー・ファニチャー』より"

トークの最後を山崎はこう締めくくった。「この映画は1人の女の子が将来に迷っているという映画だけど、結果的にそこから新しい表現や仕事が生まれ、色んな人がこういうことをやるようになったことで映画の文法も変わってきた。あと10年、20年経つと映画の評価も変わるはず。今日、日本の初上映をここで観れたことは自慢になると思います」。

『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』とは?

今回『タイニー・ファニチャー』の上映が実施されたのは、10月21日と22日に東京・キネカ大森で行なわれ、12月2日に渋谷のユーロライブでも開催される『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』の一環。

『タイニー・ファニチャー』の上映を担当したGucchi's Free Schoolをはじめ、After School Cinema Club、naito cinema、飯野絢平、岡俊彦、宮本泰輔の6組の団体および個人が、権利交渉から字幕付まで全てを独力で行ない、日本未公開作などを上映した。

『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』ビジュアル
『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』ビジュアル

作品情報

『タイニー・ファニチャー』

監督・脚本:レナ・ダナム 出演:
レナ・ダナム
ローリー・シモンズ
グレイス・ダナム
ジャマイマ・カーク
アレックス・カルポブスキー
デヴィッド・コール
メリット・ウェヴァー

イベント情報

『ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会』

2017年10月21日(土)、10月22日(日)、12月2日(土)
会場:東京都 キネカ大森、渋谷 ユーロライブ
上映作品:
10月21日
『サマーズ・タウン』(監督:シェーン・メドウズ)
『ベアフット』(監督:アンドリュー・フレミング)
『呼吸―友情と破壊』(監督:メラニー・ロラン)
『ミュージック・オブ・チャンス』(監督:フィリップ・ハース)
10月22日
『フォー・ライオンズ』(監督:クリス・モリス)
『ニュー・カントリー』(監督:ジェリ・ハンスティーン・ヨーゲンセン)
『タイニー・ファニチャー』(監督:レナ・ダナム)
12月2日
『ノーザン・ソウル』(監督:エレイン・コンスタンティン)
『ラサーン・ローランド・カーク The Case of the Three Sided Dream―過去・現在・未来そして夢』(監督:アダム・カーン)
料金:
前売1,300円 10月21日券5,200円 10月22日券3,900円 12月2日券2,600円 全日券10,000円
当日1,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催