特集 PR

受賞作品が出揃った『MEC Award 2018 入選作品展』授賞式レポート

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム『MEC Award 2018 入選作品展』
テキスト
内田伸一
編集:宮原朋之 撮影:瀧岡健太郎
受賞作品が出揃った『MEC Award 2018 入選作品展』授賞式レポート

新しい映像表現の可能性を問う『MEC Award』。今年の大賞作品は?

映像表現の明日を担う才能を発掘・支援する『MEC Award 2018 入選作品展』が3月17日から4月8日まで開催された。SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザで入選5作品が展示され、初日には大賞の発表とライブパフォーマンス等を含む授賞式も。その様子をお届けする。

MECは「Media Explorer Challenge」の頭文字。新しい映像表現の可能性にチャレンジする多数の作品から入選5作を選出し、会場審査で大賞が決定される。今回も、アニメーション、ドキュメンタリー、映像インスタレーション、VR映像など多彩な作品がエントリーした。

まず入選5作品を簡単に紹介しよう。清水はるかの『I'm Alive』は、繊細な描線による生き物たちを通して「生きること」に思いをはせるドローイングアニメーション。展示では壁面プロジェクションにより、柔らかな描画を細部まで体感できる。

清水はるか『I'm Alive』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
清水はるか『I'm Alive』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ / 映像はこちら

藤倉麻子の『群生地放送図鑑』は、高速道路を構成する工業製品が意思を持ったかのように意味深な動きを見せる、3DCGの映像インスタレーションだ。展示ではその世界観がプロジェクション、モニター、バナーなどを組みわせて表現された。

藤倉麻子『群生地放送図鑑』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
藤倉麻子『群生地放送図鑑』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

渡辺栞の『ワタヤ』は、教室で出席をとられるだけで異様に緊張してしまう少女の心理を、その体を覆っていくドローイングやロウで表現したストップモーションアニメ。展示では、実際に小学校の机と椅子に座って映像を体験する、という計らいもなされていた。

渡辺栞『ワタヤ』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
渡辺栞『ワタヤ』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

今治建城の『10424』は、犬の殺処分をテーマにした社会派の実写映像作品。動物の姿ではなく、無機質な施設の風景をドキュメンタリータッチで追う。タイトルの意味はラストで明らかに。約10分の映像を、床に近い位置で座り、犬の目線に近付けて鑑賞するようになっている。

今治建城『10424』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
今治建城『10424』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

最後の『CuBerry』は映像&音楽ユニット、CuBerry(河原雪花、小林奏子)による360度VRミュージックビデオ。実写と手描きアニメーションが融合したドリーミィな作品だ。展示ではゲーム用コントローラーや簡易VRゴーグルでこれを体験できるほか、映像とつながるような壁一面のドローイングも楽しい。

CuBerry『CuBerry』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
CuBerry『CuBerry』 / 『MEC Award 2018』入選作品 ©2018 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

この5作から栄えある『MEC Award 2018』大賞に選出されたのは、渡辺栞の『ワタヤ』。渡辺は「この作品の主人公と同じで、今すごく緊張して真っ白ですが、賞をもらうのは小学生の絵画コンクール以来なので嬉しいです」と笑顔で受賞挨拶。さらに以下のように語ってくれた。

渡辺:自分を構成する要素として「緊張」が大きな部分を占めているなと思ったことが、この作品に取り組んだきっかけです。ふつうウィークポイントとされがちな事柄をメインに扱った表現が賞を頂けたのは、これが私ひとりだけの感覚ではないのかなとも思えて嬉しいです。

表現にロウを使ったのは、自分の家にある古い燭台から垂れる蝋燭のフォルムが前から気になっていたから。今後も、表現したいことと気になる手法とを掛け合わせて、見たことのないものが作れたらと思います。

渡辺栞
渡辺栞

なお、同作では先生に返事をする子どもたちの声が前後左右から聞こえることも臨場感を高めている。彼女はその音環境作りのために「くじ引きで実際に生徒全員の席順を決めるところから始めた」という。こうした細かいこだわりも、作品体験を豊かなものにしている。

『MEC Award 2018』入選者。左からCuBerry(小林奏子、河原雪花)、渡辺栞、今治建城、清水はるか、藤倉麻子
『MEC Award 2018』入選者。左からCuBerry(小林奏子、河原雪花)、渡辺栞、今治建城、清水はるか、藤倉麻子

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『MEC Award 2018(Media Explorer Challenge Award 2018)入選作品展』

2018年3月17日(土)~4月8日(日)
会場:埼玉県 川口 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
参加作家:
今治建城
CuBerry(河原雪花、小林奏子)
清水はるか
藤倉麻子
渡辺栞
小林颯
平野正和
久保雄基
松島友恵
佐藤洵佑
鷲尾怜
楊秦華
西片例
鈴木隆斗
佐藤瑠美
古本一樹
吉田真也
しょーた

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る