特集 PR

スクリプカリウ落合安奈が、初期写真に隠された歴史の事実を探る

東京都写真美術館『写真発祥地の原風景 長崎』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧、宮原朋之
スクリプカリウ落合安奈が、初期写真に隠された歴史の事実を探る

東京都写真美術館では、毎年3月から5月にかけて、写真が誕生・普及しはじめた19世紀をテーマにした展覧会を行なっている。現在開催中の企画は『写真発祥地の原風景 長崎』。江戸時代とともに始まったとされる「鎖国」状態のなかで、数少ない外国との接点であった港町・長崎には、医学や芸術など外来文化がたくさん伝わったが、写真技術もそのひとつで、同展は、その伝来、発展を振り返るものなのだ。

さて、同展を楽しみに美術館にやって来たのは、20代の新進アーティスト、スクリプカリウ落合安奈さん。古写真などを素材に作品を作っている落合さんは、昨年から長崎のリサーチをスタートさせたばかりだという。同展を企画した学芸員・三井圭司さんの案内で、長崎と写真をめぐる歴史ツアーのはじまり!

「主観」と「客観」の対比から、当時の長崎を浮かび上がらせる

全4章構成の『写真発祥地の原風景 長崎』。その第1章は、開国前の長崎の様子を知るところから始まるのだが、写真美術館であるにもかかわらず、このコーナーに出品されているのは、ほとんどが書籍や版画などの紙ものばかり。写真・映像を専門分野とする美術館にとって、この状況はかなりレア。写真以外の展示物の量でいうと、これまでの展示のなかでダントツなのだそう。

そんななかに混じってさりげなく展示されている写真作品が、長崎湾に停泊したオランダ船をとらえた『オランダ軍艦メデューサ』(1863年頃)。これと併置するかたちで並ぶのが多色刷木版の『阿蘭陀船図』(江戸後期)だ。同じオランダの船をモチーフにしているにもかかわらず、この2点の印象はだいぶ違って見える。

スクリプカリウ落合安奈。『オランダ軍艦メデューサ』(1863年頃)を鑑賞中
スクリプカリウ落合安奈。『オランダ軍艦メデューサ』(1863年頃)を鑑賞中

『阿蘭陀船図』(江戸後期)と見比べ、驚いた様子
『阿蘭陀船図』(江戸後期)と見比べ、驚いた様子

右から:『オランダ軍艦メデューサ』(1863年頃)、『阿蘭陀船図』(江戸後期)(撮影:東京都写真美術館)
右から:『オランダ軍艦メデューサ』(1863年頃)、『阿蘭陀船図』(江戸後期)(撮影:東京都写真美術館)

落合:ダイナミズムが全然違いますね。木版のほうは、イメージの「船」っていう感じでとても勇壮だけど、写真のほうはとても静かでリアル。

三井:やっぱり誰かしら「描いた人」がいる絵は、主観が強く出るんですよ。だから現実よりもはるかにダイナミックで、ドラマティックに描写される。それが写真になると視点が冷静・客観的になるんです。この「主観」と「客観」という問題は、じつは今回の裏テーマでもあって、まずはその対比を感じてほしいと思います。

学芸員・三井圭司さんの解説を、ノートにメモをとりながら鑑賞
学芸員・三井圭司さんの解説を、ノートにメモをとりながら鑑賞

長崎と写真の歴史を知ることが主要な目的であるはずの展覧会なのに、裏テーマとはいったい……? 謎を残したまま、三井さんは落合さんを一枚の古地図の前に導きます。

三井:『肥州長崎之圖』(1764年)は、当時の長崎の土地感がよくわかる地図です。これが描かれた1764年は外国人居留地も大浦天主堂(長崎市にある教会)もない時代ですが、現在の長崎を知る人がいちばん驚くのは、陸地と海の関係ではないでしょうか?

『肥州長崎之圖』(1764年)
『肥州長崎之圖』(1764年)

落合:今はほとんど埋め立てられていますよね? 去年、作品のリサーチで出島(出島和蘭商館跡)にも行ったんですけど、完全に陸続きだし、ちょっとしたテーマパークみたいになっていました。

三井:そうなんです。今の長崎駅の位置も、この時代だと海の中。日本が近代化するなかで都市の姿が大きく変わってきたのがわかると思います。

もうひとつ、別の地図を見てみましょう。『長崎新地絵図』(江戸後期)では、中国の唐の人たちが使っていた蔵がずらりと並んでいる様子が見てとれます。これだけ見ると、この浮島が唐人専用のようにも見えますが、数棟あるだけの幕府管理の「御用米蔵」があります。これにより、新地蔵が完全に唐人用というわけではないことがわかります。

『長崎新地絵図』(江戸後期)
『長崎新地絵図』(江戸後期)

三井:というのは、当時公的なルールでは唐人専用の蔵を作ることは禁止されていたから。あくまでも幕府が管理している浮島に、唐人の物品をしまっておく蔵があった、という態(てい)なんです。もちろん、これは建て前なんですけどね(笑)。

「鎖国」という言葉は、江戸時代の日本が厳格に異国・異民族との関わりをブロックしていたような印象を与える。しかし実際には、長崎の出島だけでなく、対馬では朝鮮と、薩摩では琉球と、松前ではアイヌとの交易を行なっていた。さらに、公式にはオランダ人と唐人だけが取引相手に指定されていた長崎では、実際はロシア人も寄港していた。

三井:それが江戸時代の特徴なんです。表のルールは厳しいけれど、それを通さずフレキシブルにやろうという意識がかなりあった。だから「鎖国」と言っても、現代の人がイメージするものとはだいぶ違うものだったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『写真発祥地の原風景 長崎』

2018年3月6日(火)~5月6日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日
※ただし、4月30日(月・振休)、5月1日(火)は開館
料金:一般700円 学生600円 中高生・65歳以上500円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料

長崎をめぐる初期写真シンポジウム―オリジナルとデジタルアーカイブ

2018年4月7日(土)14:30~17:30(14:00開場)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名
※当日10:00より1階ホール受付にて整理券を配布。番号順入場、自由席

古典技法ワークショップ:コロディオン湿板制作デモンストレーション

2018年4月14日(土)14:00~16:30(13:30開場)
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
講師:田村 政実(田村写真代表)
定員:50名、入場無料、先着順

担当学芸員によるギャラリートーク

2018年4月13、27日(金) 14:00~
2018年4月29日(日・祝) 14:00~
2018年5月3日(木・祝) 14:00~
2018年5月5日(土・祝) 14:00~
会場:2階展示室入口(要展覧会チケット[当日印])

プロフィール

スクリプカリウ落合安奈(すくりぷかりう おちあい あな)

現代アーティスト。フランスのシャンボール城(世界遺産)、韓国の大邱大学校国際交流展、逗子トリエンナーレなど国内外で作品を発表。現在は、土地にまつわる祭・儀式を研究し作品を制作中。1992年生まれ。埼玉県出身。2016年に東京藝術大学大学油画専攻首席、美術学部総代として卒業。同大学美術研究科グローバルアートプラクティス専攻修士課程に在学中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“祝日”

カネコアヤノの来たる新作『祝祭』より、屈指の名曲“祝日”のPV。ディレクションを務めた木村和平は真の鬼才だと思う。<できないことも頑張って/やってみようと思ってる>と歌われる、まっすぐで繊細な楽曲にこの映像をあてるか! と、鋭利な感性が描きとった画にまたも唸らされる。(山元)

  1. Aviciiの急死をUMJが正式発表、「全ての音楽と与えてくれた感動に感謝」 1

    Aviciiの急死をUMJが正式発表、「全ての音楽と与えてくれた感動に感謝」

  2. 安室奈美恵の10代から40代までの軌跡辿る コーセー新CMが明日から放送 2

    安室奈美恵の10代から40代までの軌跡辿る コーセー新CMが明日から放送

  3. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 3

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 福士蒼汰、吉沢亮、MIYAVIらがバトル 実写映画『BLEACH』予告編公開 5

    福士蒼汰、吉沢亮、MIYAVIらがバトル 実写映画『BLEACH』予告編公開

  6. アリアナ・グランデ、2年ぶり新曲“No Tears Left To Cry”を本日発表 6

    アリアナ・グランデ、2年ぶり新曲“No Tears Left To Cry”を本日発表

  7. 現役女子大生映画監督・松本花奈「20歳の叫び」 TBS『情熱大陸』で密着 7

    現役女子大生映画監督・松本花奈「20歳の叫び」 TBS『情熱大陸』で密着

  8. インドのテキスタイル「Khadi」とその思想を紹介する展覧会が六本木で開催 8

    インドのテキスタイル「Khadi」とその思想を紹介する展覧会が六本木で開催

  9. 8年で10倍に。レコードの復権を支えたRSDの成功と東洋化成の挑戦 9

    8年で10倍に。レコードの復権を支えたRSDの成功と東洋化成の挑戦

  10. 寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も 10

    寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も