レポート

「編集」という力学で多方面の才能が交わったライブイベント

文:柴那典(P1、P2)

「二度は同じものが生まれない、この日限りの祝祭」をテーマに行われた、CINRA主催のライブイベント『CROSSING CARNIVAL』。それは、ミュージシャン同士だけでなく、クリエイターやダンサーなど、音楽を軸に多方面の才能が文字通り「交わった」場所だった。そして、その背景には、カルチャーメディアとしての『CINRA.NET』が提示している「編集」という視点と力学が働いていることを強く感じた。

それは、ジャンルや業界といった枠組みを超えて、人を触発する「出会い」をいかに有機的に生み出していくことができるか、という発想だ。アーティストたちも、その意気を背骨に、それぞれのステージで様々なコラボレーションや挑戦を繰り広げていた。

開場を心待ちにする多くの客が列をなした 撮影:タイコウクニヨシ
開場を心待ちにする多くの客が列をなした 撮影:タイコウクニヨシ

『Crossing Carniva'18』の当日の様子をまとめたダイジェスト映像

歌とラップが絶妙に溶け合うEmeraldと環ROY

この日、duo MUSIC EXCHANGEの1番手に登場したのはEmerald。中野陽介の陶酔感あふれるボーカルとジャズやネオソウルをベースにしたメロウなバンドサウンドを展開する5人組だが、この日はサポートメンバーの藤井健司、えつこ(DADARAY、katyusha)やホーンセクションを擁する10人編成の大所帯だ。1曲目の“Pavlov City”から、昨年10月にリリースしたアルバム『Pavlov City』収録曲を次々と披露していく。ふくよかなアンサンブルの中を泳ぐように身を揺らしながら中野が歌う。

左から:コーラスで参加したえつこ(DADARAY、katyusha)、ステージ中央で伸びやかに歌う中野陽介、磯野好孝 撮影:タイコウクニヨシ
左から:コーラスで参加したえつこ(DADARAY、katyusha)、ステージ中央で伸びやかに歌う中野陽介、磯野好孝 撮影:タイコウクニヨシ

Emeraldと環ROYのコラボした動画『Emerald×環ROY - YAMAHA×CINRA Crossing Session』のライブバージョン

そして、最後に環ROYが登場。『Pavlov City』のラストナンバーであり、ライブでも後に演奏される“黎明”に、環ROYのアルバム『なぎ』(2017年)収録の“フルコトブミ”のラップを組み合わせた“Emerald×環ROY Crossing Session”を披露した。

左から:環ROY(Rap)、高木陽(Dr)、中野陽介(Vo,Gt) 撮影:タイコウクニヨシ
左から:環ROY(Rap)、高木陽(Dr)、中野陽介(Vo,Gt) 撮影:タイコウクニヨシ

「マジで楽しかった。最高でした」と中野が語ったこのコラボは、YouTubeでもCINRA.NETとヤマハの共同企画による動画『Emerald×環ROY - YAMAHA×CINRA Crossing Session』として公開されている。歌とラップが絶妙に溶け合い、彼らにしか鳴らせない日本語のポップミュージックとして形になっていた。

特集「Emerald×環ROYのコラボをレポ 最新機材で生演奏もかなり進化」を読む

風通しの良さが伝わるキラキラアプリなステージングのAwesome City Club feat. Jiro Endo

一方、O-WESTは背後にキラキラと光る金色の装飾が施され、マイクスタンドやキーボードスタンドにも電球が灯ったスペシャルなセットでの幕開けだ。1番番手に登場したAwesome City Clubは、建築家・デザイナー・アーティストの遠藤治郎とのコラボレーションによるステージを展開。これまでも演出に凝ったライブの数々を繰り広げてきた彼らだが、水曜日のカンパネラのステージ演出なども手掛ける遠藤治郎との今回のコラボは、彼とも親交のあるPORIN(Vo,Key)が発案。コンセプトは「フィジカルなキラキラアプリ」だという。

紗幕が降ろされたステージで演奏するAwesome City Club 撮影:伊藤惇
紗幕が降ろされたステージで演奏するAwesome City Club 撮影:伊藤惇

PORIN 撮影:伊藤惇
PORIN 撮影:伊藤惇

1曲目の“Magnet”では、ドラム以外の4人が軽快なステップを踏みながら演奏したり、2曲目“アウトサイダー”の途中でステージ前面に紗幕が降りてきたりと、視覚的にもエンターテイメント性の高いパフォーマンスを披露する。

スペシャルなのはステージセットだけではなかった。3月にリリースされた新作『TORSO』に収録された“燃える星”を、今回は「僕のギターだけで歌ってもいいかな?」とatagi(Vo,Gt)が告げ、急遽彼の弾き語りで披露。atagiは「去年の夏にバンドをやめようかなと思ってて、そんなとき、実家に帰って星空を見上げてたときに思ったことを書いた曲」と、CINRA.NETに掲載されたインタビューを振り返りながら語る。

atagi 撮影:伊藤惇
atagi 撮影:伊藤惇 / 特集「Awesome City Clubが振り返り、明かす、実はピンチだった1年」を読む

終盤に披露された“ダンシングファイター”から“今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる”でも、atagiの熱い情熱とPORINのキュートでオープンな佇まいのハーモニーが生まれるパフォーマンスを見せていた。今のAwesome City Clubが持っている風通しのよさ、そして「CINRAは信頼している音楽メディア」と語った彼らのイベントにかける思いが伝わったステージだった。

ロックバンドGRAPEVINEとダンサー康本雅子が見せた予測不可能な化学反応

今回の『CROSSING CARNIVAL'18』の様々なコラボレーションの中でも、最も事前に予測できないものの1つが、GRAPEVINEと康本雅子によるステージだった。昨年にデビュー20周年を迎え、麗蘭、ユニコーン、クラムボン、UNISON SQUARE GARDENなど世代を超えた相手と対バンツアーを行ってきたGRAPEVINE。

GRAPEVINE 左から:西川弘剛(Gt)、田中和将(Vo,Gt) 撮影:タイコウクニヨシ
GRAPEVINE 左から:西川弘剛(Gt)、田中和将(Vo,Gt) 撮影:タイコウクニヨシ

ダンサー・振付家としてコンテンポラリーダンスの新しい領域を開拓し、様々なミュージシャンのミュージックビデオの振り付けも手掛けてきた康本雅子。共に「孤高」のイメージがありつつ、実は他者とのセッションを意欲的に繰り広げてきたアーティストでもある。そんなロックバンドとダンサーという異色の組み合わせから、果たしてどんな化学反応が生まれるのか。

ステージには田中和将(Vo,Gt)、西川弘剛(Gt)、亀井亨(Dr)の3人にサポートの金戸覚(Ba)と高野勲(Key)が加わったGRAPEVINEの5人がまず登場。“Misogi”“羽根”“Fly”と、パワフルな演奏を披露していく。

撮影:タイコウクニヨシ
撮影:タイコウクニヨシ

そして中盤、“なしくずしの愛”で、青いスカートに花柄のパーカーを身にまとった康本雅子がステージに登場。長い手足を活かし、予想もつかない動きを次々と見せる独創的なダンスで目を奪う。

康本雅子 撮影:タイコウクニヨシ
康本雅子 撮影:タイコウクニヨシ

撮影:タイコウクニヨシ
撮影:タイコウクニヨシ

続く“Sing”では康本雅子はサブステージに移動し、スローテンポな楽曲に乗せ椅子と本を使ったパフォーマンスを見せる。さらに躍動感あふれるロックンロールの“KOL”では、客席に飛び込み、柵の上に立ち、お客さんの持っているドリンクカップを手にとって飲んだりと、破天荒なパフォーマンス。鳴らされている音楽と深いところでシンクロするような、文字通り目が離せなくなる存在感を見せる。

客席から再びステージに駆け上がる康本 撮影:タイコウクニヨシ
客席から再びステージに駆け上がる康本 撮影:タイコウクニヨシ

田中和将は「最高でした。非常に感動しました、ありがとう」と康本雅子を紹介していた。

撮影:タイコウクニヨシ
撮影:タイコウクニヨシ

Page 1
次へ

イベント情報

『CROSSING CARNIVAL'18』

2018年4月22日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE
出演:
KOHH
Chara×韻シストBAND
GRAPEVINE(ゲスト:康本雅子)
大森靖子(Crossing:world's end girlfriend)
藤井隆
おとぎ話(新作の完全再現ライブ)
前野健太
Awesome City Club feat. Jiro Endo
world's end girlfriend×Have a Nice Day!
THE NOVEMBERS(ゲスト:志磨遼平(ドレスコーズ))
GAGLE(ゲスト:鎮座DOPENESS、KGE THE SHADOWMEN)
DADARAY
WONK
Tempalay×JABBA DA FOOTBALL CLUB
King Gnu×Ryohu
LILI LIMIT(Crossing:牧野正幸)
Emerald(ゲスト:環ROY)
料金:前売6,000円 当日6,500円(共にドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと