特集 PR

VRの超体験はここまできた 『NEWVIEW AWARDS』レポート

『NEWVIEW EXHIBITION 2018』
テキスト
内田伸一
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之
VRの超体験はここまできた 『NEWVIEW AWARDS』レポート

まさに「表現のるつぼ」。いまVRという新たな領域にクリエイターが集っている

『NEWVIEW AWARDS 2018』は、ファッション / カルチャー / アート分野のVRコンテンツを世界中から募る新しいアワード。「超体験をデザインせよ」をテーマに、世界7か国、総計219点の応募作が集結した。先日、そのファイナリスト作品群を実体験できる『NEWVIEW EXHIBITION 2018』が開催された(渋谷GALLERY X BY PARCO、2018年8月30日~9月2日)。新たな領域にクリエイターが集う「表現のるつぼ」となった、その現場をレポートする。

渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』
渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』
渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』会場内の様子
渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』会場内の様子

NEWVIEWは、3次元空間の新たな表現と体験を開拓するプロジェクト / コミュニティ。Psychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる共同プロジェクトだ。『NEWVIEW AWARDS』では、アーティストに空間表現の場を提供するVRプラットフォーム「STYLY」を使った作品が対象となる。それ以外の参加条件はほぼ自由で、テーマの「超体験をデザインせよ」を自分流に解釈してエントリーする。結果、VRの手練れからVR初挑戦のミュージシャンや写真家までが集う「表現のるつぼ」的状況が生まれた。

3次元空間を活かし、様々な趣向を凝らした応募作

『NEWVIEW EXHIBITION 2018』では、そうして集まった世界7か国の219作品から、ファイナリストに選ばれた19作品を実際にVR機器で体験できた。そこでこの記事では、10月の最終審査結果を前にその様子を紹介したい。

VR表現の醍醐味のひとつは、仮想の3次元空間を自由に回遊できることだろう。ヘッドマウントディスプレイを装着して全方位に視線をめぐらせ、実際に歩き回るかコントローラーを使って、空間上の好きな場所に移動できる。

渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』会場の様子
渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』会場の様子

『FAMILIAR』(作者:FUKUPOLY、日本)はこの魅力をわかりやすく活かした作品。南国風の仮想の小島に奇妙な「重機」たちが群がり、思い思いのダンスを踊る。だが、カーニバルの狂騒に誘われるままグルリと島を回っていくと、その裏には創造と破壊の両面性を考えさせる意外な光景が……。実空間でのインスタレーションとは異なる没入感も、ここではその「オチ」を効果的に見せるのに一役買っている。

FUKUPOLY『FAMILIAR』
FUKUPOLY『FAMILIAR』(作品の詳細を見る)(STYLYで作品を見る

また、音楽の持つ空間性を幾何学的モチーフで表現した『ENCLOSURE』(作者:TeamMIKAMI、日本)は、視覚と聴覚の共感覚的な世界が心地よい。一方、時が止まった未来遺跡のような、ダークファンタジー的世界を彷徨う作品が『Myth Building』(作者:Trudy Erin Elmore、カナダ)。そこで何が起きるわけでもないが「全てが起きてしまった」後の世界のような、ある種の宗教空間に通じる奇妙な安らぎも感じさせる。

TeamMIKAMI『ENCLOSURE』
TeamMIKAMI『ENCLOSURE』(作品の詳細を見る)(STYLYで作品を見る
Trudy Erin Elmore『Myth Building』
Trudy Erin Elmore『Myth Building』(作品の詳細を見る)(STYLYで作品を見る

『DAYDREAM』(作者:Lagthorin、日本)では、体験者の視線を受けたクリーチャーやモノが小さな反応を示す仕組みがあり、VR空間での「見る」と同時に、「見られる」ことも想起させる。これは作者がシンガーソングライターでもあることを考え合わせると興味深く、ミュージックビデオにおけるVRがより自然な選択肢となる将来も想像させた。

Lagthorin『DAYDREAM』
Lagthorin『DAYDREAM』(作品の詳細を見る)(STYLYで作品を見る
渋谷GALLERY X BY PARCOで開催された『NEWVIEW EXHIBITION 2018』会場内の様子
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

アワード情報

『NEWVIEW AWARDS』
『NEWVIEW AWARDS』

新たな表現やカルチャー、ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽引する次世代クリエイターを発掘することを目的として立ち上げられたアワード。世界7か国、応募総数219作品のなかから一次審査を通過したファイナリスト約20作品が決定。10月15日(月)には、公式サイトにてグランプリ以下各賞の受賞作品が発表される。

イベント情報

『NEWVIEW EXHIBITION 2018』

2018年8月30日(木)~9月2日(日)
会場:東京都 渋谷 GALLERY X BY PARCO
時間:11:00~20:00(8月30日は13:00~、8月31日は17:00まで)

サイト情報

NEWVIEW

Psychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる新たな表現の追求と、次世代クリエイターの発掘・育成を目的とするプロジェクト。ファッション、音楽、映像、グラフィック、イラストレーションなど、各分野で活動するクリエイターが参加し、3次元空間での新たな表現と体験のデザインを開拓していきます。

サービス情報

STYLY

アーティストに空間表現の場を提供するPsychic VR LabによるVRプラットフォーム

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性