特集 PR

横山健と、人間模様。バンド・Ken Yokoyamaの生き様と変化

『Songs Of The Living Dead Tour』
テキスト
金子厚武
編集:矢島由佳子
横山健と、人間模様。バンド・Ken Yokoyamaの生き様と変化

横山健にとってのKen Yokoyama

「Hi-STANDARDをやってるときはHi-STANDARDが世界一でありたいけど、Ken BandをやってるときはKen Bandが世界一でありたい」

これは横山健が最近のCINRA.NETの取材でHi-STANDARD(以下、ハイスタ)について触れる際、毎回のように口にしている言葉である。

2000年に千葉マリンスタジアムで開催された『AIR JAM 2000』を最後に、ハイスタが活動休止状態となった中、横山がKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始したのは2004年。それから幾度かのメンバーチェンジがあったものの、2008年2月にHidenori Minami、11月にJun Gray、2011年2月にMatchanが加入してからは、7年間不動のラインナップで活動を続けてきた。

2011年、東日本大震災などをきっかけにハイスタが再始動し、9月に横浜スタジアムで『AIR JAM 2011』、翌2012年9月に宮城県国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園北地区 風の草原で『AIR JAM 2012』を開催しても、あくまで横山にとってのメインバンドはKen Bandであった。自身のドキュメンタリー映画の公開や、“I Won't Turn Off My Radio”で『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)への出演などを経て、2016年3月に8年ぶりとなる日本武道館公演『DEAD AT BUDOKAN RETURNS』を開催するに至る流れは、「Ken Yokoyama、ここにあり」という存在感を確かに示すものであった。

しかし、ハイスタが現在進行形のバンドとなることで、横山の心境は少しずつ変化していく。2017年10月、18年ぶりのアルバム『THE GIFT』を発表し、アリーナとホールを横断して行われたツアーは、メンバーそれぞれが「3分の1」となる、バンドの新たな関係性を確立したツアーとなった。それは横山にある種の達成感をもたらすと同時に、「Ken BandをやってるときはKen Bandが世界一」という信念に揺さぶりをかけるものでもあった(参照記事:Ken Yokoyamaインタビュー バンドの弱点と熱量を問うた1年を語る)。

「バンドメンバー」に対する考え方が揺れ動く中で、Matchanの脱退

そんな「ハイスタ本格再起動」の2017年を終え、2018年は横山にとって、Ken Bandにとって「ハイスタとの戦い」の1年となった。年明けにはミーティングを行い、横山が各メンバーに「4分の1」であることを求めたが、後日の取材で横山はこれを「メンバーに向けてのSOSだった」と表現している(参照記事:Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る)。

そして、さらなる一手となったのが、NAMBA69とのスプリット『Ken Yokoyama VS NAMBA69』のリリースであった。11月にはハイスタのドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT』も公開されたが、ハイスタの歴史をよく知る人であれば、横山と難波がかつて根深い対立関係にあったことをご存知だろう。しかし、現在の難波にとってもまた「NAMBA69をやってるときはNAMBA69が世界一でありたい」という想いがあるはず。ハイスタでフロントに立つ2人が、「対ハイスタ」で共闘関係を築くというのは何とも不思議な運命を感じさせるが、ハイスタの本格的な再始動というのは、かつては想像もできなかったことが起きてしまうほどに、強烈な出来事だったのだ(参照記事:Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー)。

この流れの中で引き起こされた最大の転機が、Ken BandからのMatchanの脱退発表であった。スプリットの2マンツアーを終えた8月のアタマ、Matchanから横山に脱退の申し出があり、「4分の1を求められる中、自分の力不足を感じた」というのが直接的な理由だったという。10月には横山が以前から構想を抱き、Jun Grayの提案でこのタイミングでの制作が決まったセルフコンピレーション『Songs Of The Living Dead』のリリースを控えていたが、結果的にこのアルバムはKen Bandの歴史にひとつの区切りをつけ、リリースツアーはMatchanにとってのKen Band最後のツアーとなった。

Ken Yokoyama / 撮影:Teppei Kishida
Ken Yokoyama / 撮影:Teppei Kishida
Matchan / 撮影:Teppei Kishida
Matchan / 撮影:Teppei Kishida
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Songs Of The Living Dead Tour』

2018年12月6日(木)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

リリース情報

Ken Yokoyama
『Songs Of The Living Dead』
Ken Yokoyama
『Songs Of The Living Dead』(CD)

2018年10月10日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PZCA-85

1. I Fell For You, Fuck You
2. My Shoes
3. What Kind Of Love
4. My Day
5. Nervous
6. Don't Wanna Know If You Are Lonely
7. Swap The Flies Over Your Head
8. If The Kids Are United
9. You're Not Welcome Anymore
10. Walk
11. Sayonara Hotel
12. Going South
13. Brand New Cadillac
14. Dead At Budokan
15. Hungry Like The Wolf
16. Nothin' But Sausage
17. Living After Midnight
18. A Stupid Fool
19. A Decade Lived
20. Soulmate

プロフィール

Ken Yokoyama(けん よこやま)

Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリストである横山健が2004年に始動させたバンド。2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。その後、コリン(G)、サージ(B)、Gunn(Dr)を率いてライブ活動を開始。2005年に『Nothin' But Sausage』、2007年に『Third Time's A Charm』をリリース。2008年1月13日に日本武道館でのライブを『DEAD AT BUDOKAN』と称して行った(12000人動員)チケットは即日完売。この公演を最後にコリンが脱退し、新たに南英紀が加入。同年秋にはサージも脱退し、Jun Gray(B)が加入する。2010年には『FOUR』をリリース。10月には「DEAD AT BAY AREA」と題したアリーナライブを神戸と幕張で実施した。その後Gunnが脱退し、松浦英治(Dr)が加入。2011年3月11日の震災を期にKen Bandを率いて東北でフリーライブ等を積極的に敢行。9月18日にロック・フェスHi-STANDARD主催『AIR JAM 2011』を横浜スタジアムで開催する。そこで、11年ぶりにHi-STANDARDの活動を再開させ、12年には横浜での収益を基に念願の東北で『AIRJAM 2012』を開催。11月には5枚目のアルバム『Best Wishes』をリリース。2015年7月、シングルとしては8年4か月ぶりとなる『I Won't Turn Off My Radio』をリリースし、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演。大きな話題を呼んだ。9月、2年10か月ぶりとなるニューアルバム『Sentimental Trash』を発表。また、Gretsch Guitar 132年の歴史において、初の日本人ギタリストのシグネチュア・モデル「Kenny Falcon」が発売される。2016年3月には自身2度目となる日本武道館公演を『Dead At Budokan Returns』と称して開催。2018年6月、難波章浩率いるNAMBA69とのスプリット盤『Ken Yokoyama VS NAMBA69』をリリース。同年10月には、コンピレーション提供曲や未発表音源に加えて、新たに録音した楽曲を収めたセルフコンピレーションアルバム『Songs Of The Living Dead』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材