特集 PR

夢眠ねむが東京都写真美術館へ。アイドルを終える「時代の必然」

『小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家 vol. 15』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
夢眠ねむが東京都写真美術館へ。アイドルを終える「時代の必然」

生き物の脈動や命の循環を想起させる、再開発工事の進むベルリンがテーマ

4つ目の部屋のアーティストは、ベルリン在住の河合智子。彼女が作品の題材にしているのは、同地で2019年に文化複合施設に作り変えられる予定の旧ベルリン王宮だ。あちこちで再開発工事の進むベルリンは、まるで生き物の脈動、命の循環を作家に想起させるのだという。

河合は、建築模型や王宮の装飾に使用されていた彫像を撮影したり、降雨が河川の水源になる「水の循環構造」を、生まれ変わる都市のサイクルに連想させた映像として表現している。ここからは、作家の個人的な都市への関心が、やがて生態系や古代から続く社会インフラという大きなテーマへと移行していくプロセスが見てとれる。

夢眠ねむ
夢眠ねむ
夢眠ねむ
夢眠ねむ

ねむきゅん:長い歴史を感じさせる彫像や装飾が、いかにも仮設っぽい木の台に置かれている写真がありますけど、いまのベルリンが昔と未来のあいだの不思議な時間を過ごしているんだなってわかります。河合さんの作品は研究っぽくも見えるけど、やっぱりそこにはアーティストとしての視線がある。面白いです。

メロンクリームソーダで思い浮かべるイメージは? 文化による逆転、誤解、すれ違い

河合と同じように、海外を拠点とするもう1人の作家が、5人目の石野郁和。アメリカを拠点に活動する彼は、現代美術のフィールドで作品発表を続けている。今回出品している「Melon Cream Soda Float」の新作シリーズは、ねむきゅんのソロアルバム『夢眠時代』(2018年)に収録された“コズミックメロンソーダマジックラブ”を連想させるが……もちろんこれは偶然。石野がテーマとするのは、文化によるイメージの違いなのだという。

夢眠ねむ『夢眠時代』
夢眠ねむ『夢眠時代』(Amazonで見る

メロンクリームソーダといえば日本ではミントグリーンの液体を想像するが、アメリカでは一般的な飲み物ではなく、クリームソーダも茶褐色の液体を指す。同じものについて話していてもじつは違う、ということは私たちのコミュニケーションでもよく起こるが、石野の作品には逆転、誤解、すれ違いをユーモラスに楽しむような感覚がある。

夢眠ねむ
夢眠ねむ
石野郁和『Melon Cream Soda Float』
石野郁和 「Melon Cream Soda Float」より 2017年 インクジェット・プリント 作家蔵

ねむきゅん:いろんな要素を継ぎ足したコラージュっぽい感覚がありますよね。しかも、それが1枚の作品のなかだけでなくて、別の作品にもリンクしてる。だから行ったり来たりして見比べたくなる。意味がありすぎて、「これはいったい何なんだー!」ってギョッとしちゃうことも。作家さんに試されている感じがする……!

約1時間をかけて、じっくり展覧会を見て回ったねむきゅん。別室に移動して、展覧会の感想、そして彼女自身について聞くことになった。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家 vol.15』

2018年12月1日(土)~2019年1月27日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 2階展示室
休館日:月曜(ただし、12月24日(月)および1月14日(月)は開館、12月25日(火)と1月15日(火)は休館)、年末年始12月29日(土)から1月1日(火)は休館
開館時間:10:00~18:00(木・金曜日は~20:00、ただし年始特別開館 2019年1月2日(水)・3日(木)は11:00~18:00、4日(金)は10:00~18:00)

料金:一般700円 一般団体560円、学生600円 学生団体480円、中高生・65歳以上500円 中高生・65歳以上団体400円
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料、団体料金は20名以上
※第3水曜日は65歳以上無料
※2019年1月2日(水)は観覧無料、3日(木)は2割引


作家とゲストによる対談

細倉真弓 × 磯部涼(ライター)
2018年12月22日(土)15:00~16:30

2019年1月11日(金)18:00~19:30
ミヤギフトシ × 岡田利規(演劇作家、小説家)

2019年1月19日(土)15:00~16:30
森栄喜 × ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)

森栄喜による朗読パフォーマンス
『せっかちな未来 / An Impatient Future』
2019年1月18日(金)18:00~18:15(予定)

展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2・第4金曜日14:00より担当学芸員による展示解説を行います。

リリース情報

夢眠ねむ『夢眠時代』
夢眠ねむ
『夢眠時代』

2018年11月21日(水)発売
価格:3,000円(税込)
FCC-86651

1.魔法少女☆未満
2.ユメミる惑星
3.コズミックメロンソーダマジックラブ
4.あのね…実はわたし、夢眠ねむなんだ…♡
5.あるいは夢眠ねむという概念へのサクシード
6.ナイフ
7.あたしの最後のラブソング
8.おやすみ世界きゅん。
9.蛍の光(PandaBoY REMIX feat.夢眠ねむ)2018
10.魔法少女☆未満 2018

夢眠ねむ『まろやかな狂気2 夢眠ねむ遺言集』
夢眠ねむ
『まろやかな狂気2 夢眠ねむ遺言集』

2018年12月20日(木)発売
価格:1,620円(税込)

プロフィール

夢眠ねむ
夢眠ねむ(ゆめみ ねむ)

でんぱ組.incのメンバー。キャッチフレーズは「永遠の魔法少女未満」。アキバと世界を繋ぐ新しい時代のスーパーアイドル!映像監督やコラム執筆等、ジャンルに関係なくカルチャーを結ぶポップアイコンとして活躍の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会