レポート

君島大空らが見せた、「音楽家」としての確固たるアティチュード

テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)
君島大空らが見せた、「音楽家」としての確固たるアティチュード

エモーショナルな演奏でグッドメロディをかき鳴らした、ザ・モアイズユー

3月28日、CINRAと音楽アプリ「Eggs」が共同主催する無料音楽イベント『exPoP!!!!!』が、渋谷のライブハウスTSUTAYA O-nestにて開催された。

この日のトップバッターは、大阪出身の3ピースバンド、ザ・モアイズユー。

ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)<br>大阪発、本多真央(Gt, Vo)、以登田豪(Ba)、オザキリョウ(Dr)の3人からなるセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2ndデモシングル『花火』のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。『イナズマロック フェス 2017』への出場権をかけた「イナズマゲート」でグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。2019年4月初の全国流通盤となる1stミニアルバム『想い出にメロディーを』をリリース。全国8か所をまわる全国ツアーを開催し、東京・大阪公演はチケットソールドアウトとなった。
ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)
大阪発、本多真央(Gt, Vo)、以登田豪(Ba)、オザキリョウ(Dr)の3人からなるセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2ndデモシングル『花火』のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。『イナズマロック フェス 2017』への出場権をかけた「イナズマゲート」でグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。2019年4月初の全国流通盤となる1stミニアルバム『想い出にメロディーを』をリリース。全国8か所をまわる全国ツアーを開催し、東京・大阪公演はチケットソールドアウトとなった。
本多真央(ザ・モアイズユー)
本多真央(ザ・モアイズユー)

結成から8年の月日を経て、今年、初の全国流通盤『想い出にメロディーを』をリリースした彼ら。その魅力は、音源においてはグッドメロディが冴える普遍的なソングライティングに寄って堪能することができるが、ライブでは、その曲のよさに加えて、ライブバンドとしての熱情的なパフォーマンスがとにかく刺激的だ。

以登田豪(ザ・モアイズユー)
以登田豪(ザ・モアイズユー)
オザキリョウ(ザ・モアイズユー)
オザキリョウ(ザ・モアイズユー)

ライブハウスで鍛え上げられたバンドの筋力と、「伝えたい!」という意志が濃縮したかのような音圧、そして銀杏BOYZのカバーバンドから始まったという出自を強く感じさせるエモーショナルな演奏で、一気にフロアの温度を高めてみせた。

ザ・モアイズユー
本多真央(ザ・モアイズユー)

活動歴10年の26歳、マーライオンは威風堂々とステージに立つ

2番手に登場したのは、マーライオン。26歳とまだ若いものの、活動キャリアは今年で10年目を迎えるというベテランシンガーソングライターだ。

マーライオン(まーらいおん)<br>1993年ひなまつり生まれ横浜育ちのシンガーソングライター。NIYANIYA RECORDS主宰。2018年にはシンガポールからミュージシャンを招聘し、国内外のシンガポールにまつわるバンドを集め『シンガポール祭り』というイベントを長野東京の2都市で開催。2019年には、曽我部恵一氏と6年ぶりに共同企画を開催。山田稔明(GOMES THE HITMAN)さんをゲストに招きイベントを開催。最新作はROSE RECORDSから発売した『ばらアイス』12インチ45回転。
マーライオン(まーらいおん)
1993年ひなまつり生まれ横浜育ちのシンガーソングライター。NIYANIYA RECORDS主宰。2018年にはシンガポールからミュージシャンを招聘し、国内外のシンガポールにまつわるバンドを集め『シンガポール祭り』というイベントを長野東京の2都市で開催。2019年には、曽我部恵一氏と6年ぶりに共同企画を開催。山田稔明(GOMES THE HITMAN)さんをゲストに招きイベントを開催。最新作はROSE RECORDSから発売した『ばらアイス』12インチ45回転。
マーライオン

登場するなり、“ひなまつり”と“ボーイミーツガール”の2曲をアコギの弾き語りで聴かせたかと思えば、続いてはDJを迎え入れ、ハンドマイクでラップ曲“とんかつ道”を披露。その緩く、脱臼したようなユーモラスなセンスでフロアの目線を惹きつけていく。

マーライオン

一見ひょろひょろとしながらも、ステージの真ん中に威風堂々と立つその姿からは、自分の好きなものをとことん愛しながら、繊細さと笑いを持って、この世界をサバイブしていく――そんな彼の内側にたぎる作家としての、ひいては人間としての強靭なアティチュードを感じることができた。

マーライオン
マーライオン
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume119』

2019年3月28日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

出演:
ザ・モアイズユー
マーライオン
ピノキオピー
君島大空

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume125』

2019年9月26日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

出演:
さとうもか
笹川真生
ぜったくん
ましのみ

プロフィール

ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)

大阪発、本多真央(Gt, Vo)、以登田豪(Ba)、オザキリョウ(Dr)の3人からなるセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2nd Demo シングル『花火』のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。イナズマロック フェス 2017への出場権をかけた、イナズマゲートでグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。2019年4月初の全国流通盤となる1stミニアルバム『想い出にメロディーを』をリリース。全国8か所をまわる全国ツアーを開催し、東京・大阪公演はチケットソールドアウトとなった。

マーライオン(まーらいおん)

1993年ひなまつり生まれ横浜育ちのシンガーソングライター。NIYANIYA RECORDS主宰。これまでに曽我部恵一、澤部渡(スカート)と共同企画イベントを開催。近年は劇団コンプソンズに劇中歌を作曲&俳優として参加、子どもワークショップやラジオのジングル作曲、マセキ芸能社のお笑い芸人に弾き語りを教えるなど多岐に渡って活動中。2017年からはマーライオンバンドとして、イベント毎に編成を変えて活動中。2018年にはシンガポールからミュージシャンを招聘し、国内外のシンガポールにまつわるバンドを集め「シンガポール祭り」というイベントを長野東京の2都市で開催。100名以上来場した。2019年には、曽我部恵一氏と6年ぶりに共同企画を開催。山田稔明(GOMES THE HITMAN)さんをゲストに招きイベントを開催。最新作はROSE RECORDSから発売した『ばらアイス』12インチ45回転。

ピノキオピー(ぴのきおぴー)

2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表し、ピノキオピーとして活動開始。以降も精力的に楽曲を発表しつつ、ここ数年はライヴ活動に尽力している。作風は、フロアを意識したテクノミュージックやお祭りどんちゃん盆踊り型ダンスミュージックから、ノスタルジックなフォークなど幅広いサウンドをエレクトロ・パンク精神で発信するサウンドクリエイター。ライヴに於いては、電子と肉体の共演、融合を基軸に、ドラムとスクラッチ&スクラッチの2名をサポートメンバーとして従えたバンドセットとワンマイク&バックDJスタイルと柔軟な形で、さらに笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。

君島大空(きみしま おおぞら)

1995年生まれ 日本の音楽家。高井息吹と眠る星座のギタリスト。2014年からギタリストとして活動を始める。同年からSoundCloudに自身で作詞/作曲/編曲/演奏/歌唱をし多重録音で制作した音源の公開を始める。ギタリストとしてタグチハナ、konore、坂口喜咲、婦人倶楽部、Orangeade、などのアーティストのライブや録音に参加する一方、2017年には霞翔太監督作品『離れても離れてもまだ眠ることを知らない』の劇中音楽を担当。アイドルグループ sora tob sakanaへの楽曲提供など様々な分野で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために