特集 PR

ダンスは、人間の可能性を広げる。イル・アビリティーズ公演にて

『TRUE COLORS FESTIVAL』
テキスト
島貫泰介
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
ダンスは、人間の可能性を広げる。イル・アビリティーズ公演にて

障害者ブレイクダンスチーム「ILL-Abilities」と、トップクラスの日本人ダンサーたちによる、熱いダンスバトルが繰り広げられた

あらゆる公共機関がストップし、陸の孤島と化した成田空港に1万人以上の旅行者が閉じ込められた台風15号「ファクサイ」が通り過ぎた2019年9月10日の東京は、バトンタッチしようとしていた秋を押しのけて真夏が全力疾走したかのような暑さだった。だが、それに劣らぬ熱いものを見た。

『TRUE COLORS FESTIVAL -超ダイバーシティ芸術祭-』(主催:日本財団)は、来年の東京オリンピック / パラリンピックに向けての多様性社会の啓蒙をミッションとするフェスティバルで、約1年をかけて様々な催しが行われるという。この日にあったのはその第一弾。多国籍からなる障害者ブレイクダンスチーム「ILL-Abilities(イル・アビリティーズ)」とトップクラスの日本人ダンサーたちがダンスバトルを繰り広げるというもので、筆者は1か月ほど前に前者のリーダー、ルカ・レイジーレッグス・パトエリにインタビューする機会を得たのだった(参考:社会を変えるのは障害者自身。ダンサー集団イル・アビリティーズ)。

ILL-Abilities(いる・あびりてぃーず)<br>左から:レドゥアン・アイト・チット(リドゥー)、サミュエル・リマ(サムカ)、ルカ・パトエリ(レイジーレッグス)、セルジオ・カルヴァハル(チェチョ)、ジェイコブ・ライオンズ(クジョー)
ILL-Abilities(いる・あびりてぃーず)
左から:レドゥアン・アイト・チット(リドゥー)、サミュエル・リマ(サムカ)、ルカ・パトエリ(レイジーレッグス)、セルジオ・カルヴァハル(チェチョ)、ジェイコブ・ライオンズ(クジョー)

関節拘縮症という病気のために「ふつう」よりも短い脚を持った自分に「怠け者の脚(Lazylegz)」なんてあだ名をつけるあたり、アイロニーとユーモアを併せ持った彼らしいのだが、この日はじめて、じかにこの目でパフォーマンスを見て、それはあながちジョークや嘘ではないことを知った。パフォーマンスにも使う2本の松葉杖を竹馬のように使い、両足を月面歩行する宇宙飛行士のようにゆっくりと動かすオリジナルのムーブは、本当に脚がナマケモノのようだったからだ。動物の。そういう意味ではないかもしれないが。

ルカ・レイジーレッグス・パトエリ(ILL-Abilities)
ルカ・レイジーレッグス・パトエリ(ILL-Abilities)

社会の「ふつう」からは何かを失っているのかもしれないが、大きな何かを得ている

しかしそのぶんだけ、身体の全体重を支え、ときに腕を軸に風車のようにダイナミックな回転まで実現してしまう彼の両手と上半身は、アメリカンコミックのヒーローのように鍛え上げられている。それはILL-Abilitiesの他のメンバーも同様で、両足に障害のあるチリ出身のセルジオ・カルヴァハル(チェチョ)はまるで熊のような隆々・丸々とした上半身でパワフルに地面を跳ねたり転がったりするし、ブラジル出身のサミュエル・リマ(サムカ)は悪性腫瘍のために腰の付け根から右足を切断したというが、脚1本ぶんだけ身が軽くなったからなのか片足だけで華麗に空中一回転をキメ、着地後によろけもしない。

左から:サミュエル・リマ(サムカ)、ルーカス・マシャド(ペルニンハ)(ILL-Abilities)
左から:サミュエル・リマ(サムカ)、ルーカス・マシャド(ペルニンハ)(ILL-Abilities)
ルーカス・マシャド(ペルニンハ)(ILL-Abilities)
ルーカス・マシャド(ペルニンハ)(ILL-Abilities)

たしかに彼らは社会の「ふつう」からは何かを失っているのかもしれないが、そのかわりに、それぞれに大きな何かを得ている。それはルカが大好きなアメコミ『X-MEN』に登場するミュータントが持つ異能力、あるいは恩寵のようなものかもしれない。いずれにせよ、彼らは少なくとも筆者にはないものを確実に獲得して、生き生きと舞うのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『True Colors DANCE - No Limits - イルアビリティーズ』

2019年9月10日(火)
会場:東京都 渋谷ストリーム前 稲荷橋広場
出演:
ILL-Abilities(イルアビリティーズ)
The Floorriorz
Bboy Shigekix
Bgirl Ram
Bboy Taisuke
SOCIAL WORKEEERZ
LJ BREAKERS(from LOVE JUNX)
ワークショップ講師:UNO / NOPPO(s**t kingz)
料金:無料(一部要申し込み)

『True Colors BEATS ~Uncountable Beats Festival~』

2019年10月22日(火・祝)
会場:東京都 代々木公園野外ステージ・イベント広場
料金:無料
出演:
サンティアゴ・バスケス
Ermhoi
xiangyu
岩崎なおみ
大友良英
角銅真実
勝井祐二
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
フアナ・モリーナ
ミロ・モージャ
YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ×オオルタイチ)
Monaural mini plug(モノラルミニプラグ)
岸野雄一

『TRUE COLORS FESTIVAL』

「超ダイバーシティ芸術祭」。障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合う社会を目指し、ともに力を合わせてつくる芸術祭。1年間を通して多彩なパフォーミングアーツの演目を展開します。アートを通して色々な個性が出会う場に、参加することでより多くの気づきが生まれます。「True Colors Festival」はダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、新しい価値観が生まれる機会を創出します。

プロフィール

ILL-Abilities
ILL-Abilities(いる・あびりてぃーず)

2007年にモントリオールを拠点にするダンサー/モチベーショナル・スピーカーのルカ・レイジーレッグス・パトエリが「不可能なことはない」というメッセージを広く伝えるために設立。7人のBボーイ、ブレイクダンサーからなる「インターナショナル・ブレイクダンス・クルー」。「イル」の部分はネガティブな言葉をポジティブに転用するヒップホップの文化では、「信じられない」、「素晴らしい」、「繊細」、「センスがある」などの意味がある。このクルーは「障害」のネガティブな側面や限界を強調するのではなく、ポジティブでかっこいいチームを目指している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される