特集 PR

アートにとって苦難の時代を『岡山芸術交流』から考えてみる

『岡山芸術交流2019 IF THE SNAKE もし蛇が』
テキスト
島貫泰介
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
アートにとって苦難の時代を『岡山芸術交流』から考えてみる
パメラ・ローゼンクランツ(撮影:Ola Rindal)

アートとカルチャーにとって苦難の時代だ。

すでに大きく報じられているが、『あいちトリエンナーレ2019』へ文化庁からの補助金約7800万円が電撃的に打ち切られた。『表現の不自由展・その後』にかかわる諸問題などトリエンナーレ側の不手際もあるとはいえ(しかし、それらへの指摘は甚だ理不尽で無慈悲なものだ)、これが将来的な検閲や自己規制を助長する可能性はきわめて高く、その予兆もすでに現れはじめている。

例えば日本とオーストリアの国交150年を記念して、ウィーンで開催されている展覧会『JAPAN UNLIMITED』にて、在オーストリア日本大使館が開催後に公認を取り消すという出来事が起きた。アーティストが総理大臣をまねて演説する映像作品など、現在の日本の政治状況にかかわる出品作が含まれていたことが取り消しの理由とされているが、政治や社会や民族の問題をアートが扱うことを「重大な問題」と即断され、権力からなんらかのペナルティや罰則を課せられるような状況がもし訪れたとすれば、私たちがこれまで親しんできた表現やカルチャーの多くが、そう遠くない時期に「危険なもの」として日本から排除されてしまうだろう。

そんなダウナーな予感を抱えながら新幹線に飛び乗って向かったのは、桃太郎で有名な岡山県岡山市。9月27日に始まった『岡山芸術交流2019』は、3年にいちど行われる国際現代美術展で、2016年の第1回は、コミュニケーションを促す場そのものを作品とするイギリスの作家リアム・ギリックによるかなり難解で歯ごたえのあるキュレーションが話題になった。それこそ「現代アートって難しいですよね……」と眉間にシワが寄りそうな内容であったにもかかわらずこれが実現したのは、現代アートコレクターとして知られる石川康晴(ストライプインターナショナル社長)の熱意による。アートを支えるのは国ばかりではないのだ。

二度目の開催となる今回の岡山芸術交流は、フランスの人気作家ピエール・ユイグをアーティスティックディレクターに迎えた。「IF THE SNAKE もし蛇が」という謎めいたタイトルを掲げた同芸術祭を訪ねた。

『岡山芸術交流2019』
『岡山芸術交流2019』(サイトで見る

展覧会全体をひとつの生命体として捉えた「IF THE SNAKE もし蛇が」

展覧会「IF THE SNAKE もし蛇が」は独立したひとつの生命体である。それは異なる種類の知的生命形態や化学的、生物学的、アルゴリズム的過程の異種混交に添うように航行する。この特定の設定の存在がもつひとつひとつの特徴は、それぞれの共存状況の条件ゆえに先天的にダイナミックな性質を備えており、偶発的な連続性のモードとして果てしなく成長していく。

ユイグ自筆の、このかなり難解なステートメントに頭を悩ませるかもしれないが、とにかくまずは展示会場に跳び込んでみよう。旧内山下小学校→林原美術館→岡山城→旭川沿い→旧福岡醤油建物→岡山県天神山文化プラザなどなど……と、逆時計回りに円を描くような移動が私の選んだ鑑賞ルートだが、最初の旧内山下小学校に足を踏み入れた瞬間、彼の意図がするりと理解できたような気がした。

旧城跡の上に建つ同小学校の校庭には小さな丘が造成され、その中央には奇妙なかたちのオブジェがひとつ。エティエンヌ・シャンボーの『微積分/石』は、あの有名なロダンの『考える人』の彫刻から「人」の部分を取り除いたものだ。

エティエンヌ・シャンボーの『微積分/石』(撮影:Masayuki Saito)
エティエンヌ・シャンボーの『微積分/石』(撮影:Masayuki Saito)

あたかも台座を残して神隠しにあってしまったような考える人の行く末に思いを馳せていると、小さな丘のむこうから4~5人の歌う男女がゆっくりとこちらに歩いてくる。「ミュウミュウミュ~」「ポンポンポン……」といった鳥のさえずりのような聴き覚えのない歌を奏でる謎めいた旅団は、そのまま筆者の横を通り過ぎ、今度はプールの方向へと向かっていった。これはティノ・セーガルの新作(タイトル不明)。写真・動画の撮影を一切認めず、作品が記録として残ることを断固拒否するこのアーティストは、美術館やギャラリーなどの空間にさまざまなパフォーマンスをインストールすることで知られる作家だ。今回は、この展覧会に出品する他のアーティストたちの作品に歌やダンスで介入し、そのたびに作品と作品のあいだに「状況」を発生させることをミッションとしているそうで、会期中このようなパフォーマンスをずっと続けるそうだ。ある作品から、また別の作品へと。渡り鳥のように移動し続ける彼らが、まるで作品同士を結びつける触媒のように感じられる。そして思い出すのは、先ほどのユイグの言葉。

展覧会「もし蛇が」は独立した一つの生命体である。(略)ダイナミックな性質を備えており、偶発的な連続性のモードとして果てしなく成長していく。

そう。ユイグはこの展覧会全体をひとつの生命体、あるいは巨大な作品としてとらえている。ポンプである心臓が血液を循環させ、体内の諸器官を結ぶことで、人間の生命が蠢き続けるように、岡山市の一角で行われるこの展覧会は、ひとつの生命として期間中息づくのだ。つまり「もし蛇が」とは、「もし(岡山市がひとつの)蛇」だったとしたら? という問いかけを含んでいるのだろう。

Page 1
次へ

イベント情報

XXX
『岡山芸術交流2019 IF THE SNAKE もし蛇が』

2019年9月27日(金)~11月24日(日)
会場:旧内山下小学校、旧福岡醤油建物、岡山県天神山文化プラザ、岡山市立オリエント美術館、岡山城、シネマ・クレール丸の内、林原美術館ほか市内各所
休館日:月曜日
開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露