特集 PR

インタラクティブアート『Magical Shores』 自然と人間の共生を表現

ワントゥーテン、Lighting Planners Associates『Magical Shores』
インタビュー・テキスト
多田亜矢子
編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)
インタラクティブアート『Magical Shores』 自然と人間の共生を表現

インタラクティブな演出で、ビーチそのものが「生きている」かのよう

昨年1月、シンガポール・セントーサ島のシロソビーチに、シンガポール初となる常設型インタラクティブランドアート『Magical Shores(マジカルショア)』がオープンした。400メートルにわたるビーチを舞台に、光と音、霧によってナイトタイムを盛り上げるこのアトラクション、注目なのは、クリエイティブAIを導入していることだ。

『Magical Shores』は19時半から22時半まで、年中開催。光と音で描いた「生命の循環」の15分間の物語が、ビーチ上の人の状況や周辺の気候によって演出を変えながら繰り返し、変化し続ける

クリエイティブ集団「ワントゥーテン」が独自開発したこのAIは、来場者がビーチ上にどのくらいいて、どのように動いているのかといった活動状況や、ビーチ周辺の天候などの環境状態をビッグデータとして蓄積し、それらのデータをもとに最適なライティング、プロジェクションマッピング、サウンドの演出を行う。いわばDJ、VJのような役割を果たすAIで、ビーチそのものが「生きている」かのように感じさせられる。

そしてもう1つ重要なのは、このインタラクティブなランドアートが「生命の循環」をテーマにしていることだ。銀河の爆発によって世界がはじまり、躍動するマグマに激しい雨が降り注ぐ。雨は川となり、海となり、そこに生命が生まれ、その小さな命が分裂を繰り返すことで、次第に植物が芽生え、魚や虫、鳥が発生する。それぞれの命は生を全うすると花火のように散るが、また新しい命が生まれ、再生してゆく……。この生命が織りなす一連の物語が、光と音によって表現されている。

たとえば足もとに水流を思わせるプロジェクションマッピングが映し出され、こちらが歩くことによって水面が揺れたり、心地よい鳥のさえずりが聞こえてきたりする。

足もとに魚群が現れる
足もとに魚群が現れる

シンガポールといえば、自然というより「都市」をイメージする人も多いだろう。実際、街中にはマリーナベイ・サンズに代表されるような、思わず目を奪われる造形の建築物が多く建ち並ぶ。そのシンガポールにあって、「生命の循環」をコンセプトにしたランドアートを完成させたのはなぜなのか。制作を行ったワントゥーテンのクリエイティブディレクター・引地耕太に話を聞いた(本取材は、2020年2月に実施しました)。

Page 1
次へ

イベント情報

『Magical Shores』

場所:センソーサ島・シロソビーチ(シンガポール)
時間:19:30~22:30(現在は、金曜日、土曜日、日曜日のみオープン)
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察