レポート

実用だけが学びじゃない。ゆうこす、りゅうちぇるらが社会を語る

テキスト
佐伯享介(CINRA.NET編集部)
実用だけが学びじゃない。ゆうこす、りゅうちぇるらが社会を語る

「新しい教養」に触れて学ぶ、大人のためのコミュニティ型スクール『Social Coffee House』が6月に本オープンした。それに先駆けて、5月14日からプレオープンの無料特別配信を実施。CINRA.NET編集部では、「Z世代が考える社会課題への意識」をテーマに掲げた第3回目の配信を取材した。

大人のための「学びの場」だけど、「学校」じゃない?

『Social Coffee House』メインビジュアル
『Social Coffee House』メインビジュアル

『Social Coffee House』は、クリエイティブディレクレター・辻愛沙子が代表を務めるarcaが運営しているもの。ジェンダー、環境、アート、経済などの領域で社会がアップデートされていくなか、大人に「学べる場」が少ないのではないか、という想いから、社会にまつわる事柄や課題を学び、よりよい未来を語りあうことを目的に誕生した。

「学び」の場でありながらも、学校のように明確な答えを知る場所ではなく、自分自身で考えていく土台を養う場所、と規定されている点がユニークだ。

『Social Coffee House』で用意されている場は、オンラインコミュニティー機能である「Club(交流)」とゲストと共に様々なテーマを学んでいく「Class(学び)」の2つ。

「Club(交流)」はチャットツールを使用し、「これってどうなの?」「自分はこう思った」など最新ニュースからカルチャーまで語り、学びあうことができるクローズドなコミュニティーだ。SNSでは質問しづらい「よくわからないこと」も気兼ねなく問うことができるような場づくりを心がけるという。

「Class(学び)」では、各分野に詳しいゲストを招き、様々なテーマの知識をオンライン配信もしくは会場で深めていく。

「アクティブ」と「マイペース」の2コースを用意
「アクティブ」と「マイペース」の2コースを用意

「コーヒーハウス」とは何か?

『Social Coffee House』の名前の由来となった「コーヒーハウス」は、17世紀半ばから18世紀にかけて、イギリスで流行した場所だ。政治家、文人、商人、学生といった多種多様な出自の人々が集ったコーヒーハウスでは、人々がコーヒー片手に議論し、ジャーナリズムの発生・発展にも一役買った。ジャーナリストたちがコーヒーハウスで語られたことを記事にし、発行するという形で新聞や雑誌が次々と刊行され、さらにコーヒーハウス内でそれらが読まれて客たちが議論するという循環が作られていたという。

英文学者・小林章夫の著書『コーヒー・ハウス 18世紀のロンドン、都市の生活史』(講談社学術文庫)によれば、初期のコーヒーハウスでは酒を提供せず、賭博も禁止されていた。訪れる客は「身分・職業、上下貴賤の区別なく、どんなぼろを着た人間だろうと、流行の衣装に身を固めた伊達男だろうと、誰でも店に出入りすることができた。いわば一種の『人間の<るつぼ>』的性格を持っていた」という。

小林章夫『コーヒー・ハウス 18世紀のロンドン、都市の生活史』(講談社学術文庫)
小林章夫『コーヒー・ハウス 18世紀のロンドン、都市の生活史』(講談社学術文庫 / サイトで見る

身分に関係なく気軽に立ち寄ることができ、さまざまなトピックをフラットに学び、語り合うことができる場所。そして、そこから何か新しいものが芽生えていく……そんなポジティブなメッセージを「コーヒーハウス」は体現している。

しかし「誰でも店に出入りすることができた」という点については、ただし書きが必要だ。実際には、男性以外の客は立ち入ることができなかったのだ。小林も著書でその点について理由ははっきりしないとしつつ、「明らかな差別が行なわれていたといえるかもしれない」と評している。

「コーヒーハウス」の意匠をまとった『Social Coffee House』ではあるものの、こちらはもちろんジェンダーに関係なく学び、語ることができるし、ジェンダーも重要なトピックになりそうだ。その点では「本家」を大きくアップデートしたかたちといえるだろう。

一方的に教わる「学校」ではなく、中心人物が決まっているオンラインサロンでもない。共用部分を備えた集合住宅「ソーシャルアパートメント」のように、日常生活の延長線上にありながら、ゆるやかでフラットな繋がりをかたちづくっていく。『Social Coffee House』が提供する体験は、そういったものになるのかもしれない。

『Social Coffee House』プレオープン配信はアーカイブ視聴も可能

本オープンに先駆けたプレオープン配信は、5月14日から毎週金曜に実施された。初回は「Social Coffee Houseとは何か?」をテーマに据え、辻愛沙子、牧野圭太、かえで、はつこといった運営チームが『Social Coffee House』のコンセプトや今後の展望などを語った。

5月21日に配信された第2回はベンチャーキャピタリストの佐俣アンリ、ジャーナリストの浜田敬子が辻愛沙子とともに「ビジネスパーソンは社会とどう向き合うか」をテーマに語り合った。

今回取材させてもらった第3回の配信は、5月28日に実施。ゲストにはゆうこすこと菅本裕子、りゅうちぇるを招いた。テーマは「Z世代が考える社会課題への意識」。笑顔が絶えないなごやかな雰囲気の中で、社会課題を意識したパネルトークが繰り広げられた。

『Social Coffee House』で語り合いたいテーマは多岐にわたる
『Social Coffee House』で語り合いたいテーマは多岐にわたる

りゅうちぇる「買い物は投票」

第3回「Z世代が考える社会課題への意識」パネルトークのテーマ
第3回「Z世代が考える社会課題への意識」パネルトークのテーマ

パネルトークの最初のテーマは「買い物で意識している事」。

ゆうこすは再利用できるシリコンのストローに興味を示しつつ、環境に配慮した商品という繋がりから、竹を使ったバンブーロールの定期購入サービスを利用していることを明かした。

りゅうちぇる
りゅうちぇる

りゅうちぇるは「買い物は投票だと思っている」と発言。「買い物をすることで企業に成果が出る。環境を意識しながら買い物をしていかないと、10年後や20年後の若い子が困ってしまうかも」と警鐘を鳴らした。

次のテーマは「発信の時に気をつけている事」。

りゅうちぇるは「絶対に人を傷つけないこと」に気を配っているとコメント。「僕は自分の意見をはっきり言うほうだけど、僕の反対意見の人は世の中に絶対いる。そういう人たちは僕が想像していない環境で育ってその考えになったのかもしれない。背景がわからないのにその人を否定するのも違うと思っている。反対意見であっても、その人の思考を尊敬する心を持っていないと、本当のダイバーシティではないんじゃないか」と語った。

ゆうこすこと菅本裕子
ゆうこすこと菅本裕子

ゆうこすは「1対1のような少人数での関係なら話し合えるけれど、SNSの場合は1対大人数になりがち。あまり話し合うことができない」と指摘。「2年くらい前まではけっこう炎上していた。容姿の悪口を言われたりして許せなくなることがあった。結果、どんどん『自分は被害者』っていう意識が強くなってしまい、逆に加害者になっていた時期があったかもしれない。その経験があるから、意見を発信しようとするときは『強い言葉になってないかな』と思うために一度寝るとかして時間をおくことにしている」と明かした。

Page 1
次へ

イベント情報

『Social Coffee House』プレオープン無料特別配信第3回「Z世代が考える社会課題への意識」
『Social Coffee House』プレオープン無料特別配信第3回「Z世代が考える社会課題への意識」

2021年5月28日(金)20:00からTwitterで配信

出演:
ゆうこす
りゅうちぇる
辻愛沙子

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」