特集 PR

下手に触れると危険。山田五郎と『偶然と、必然と、』展を観る

『ポコラート世界展「偶然と、必然と、」』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:前田立 編集:佐伯享介(CINRA.NET編集部)
下手に触れると危険。山田五郎と『偶然と、必然と、』展を観る

秋葉原の電気街の先にあるアートセンター、アーツ千代田 3331で、9月5日まで『ポコラート世界展「偶然と、必然と、」』が開催されている。

千代田区とアーツ千代田 3331による「ポコラート」事業。2010年からスタートした同事業による公募展『ポコラート全国公募』は、創設当初こそ障害のある人のみ応募が可能だったが、その後は障害の有無にかかわらず、正規の美術教育を受けていない人を中心に、さまざまなバックグランドを持つアーティストに開かれた公募展として実施されてきた。

「ポコラート」事業の10周年を記念する本展、『ポコラート世界展「偶然と、必然と、」』には、世界22か国から集められた50作家による約240点の作品が所狭しと展示されている。大半の出品者が日本のアート界では無名だが、一目見れば伝わってくるその力強さに誰もが驚くだろう。

そんな展覧会を、編集者で美術評論家でもある山田五郎さんが訪ねた。BS日テレで放送中のテレビ番組『ぶらぶら美術・博物館』や、YouTubeチャンネル「山田五郎 オトナの教養講座」などでさまざまなアート、表現を紹介している山田さんは、本展に何を感じるのだろうか? 約1年を費やして世界の23都市でリサーチし、本展をキュレーションした嘉納礼奈さんとともに、会場を歩いた。

「強迫観念がある種のパターンとして描かれていることに、複雑な美しさと面白さを感じる」

ともに関西にゆかりのある山田さんと嘉納さん。軽く挨拶を交わしただけなのに不思議と気が合って見えるのは、やはり関西人ならではのグルーヴによるものだろうか?

嘉納さんに導かれて会場に足を踏み入れる山田さん。目の前に広がるのは、映画スターや有名モデルに扮した写真作品。ポーランド出身のトマシュ・マフチンスキによるセルフポートレートだ。

トマシュ・マフチンスキによる作品を鑑賞する山田五郎さんとキュレーターの嘉納礼奈さん
トマシュ・マフチンスキによる作品を鑑賞する山田五郎さんとキュレーターの嘉納礼奈さん

第二次世界大戦の戦災孤児であったマフチンスキは、アメリカによる慈善事業の一環でハリウッド女優と長年にわたり文通を続け、彼女を実の母だと信じていたのだという。だが20代前半で真実を知り衝撃を受けた彼は、自分のアイデンティティーを確かめるためにこのようなセルフポートレートを撮り始めた。

トマシュ・マフチンスキ『アルバム』1966-2006年
トマシュ・マフチンスキ『アルバム』1966-2006年

山田:表情やポーズもとても凝っているから、インパクトがありますね。森村泰昌さんの『女優になった私』シリーズや、みうらじゅんさんの女装写真に通じるものを感じます。どこか明るさがある。

山田さんの言うように、「自分探し」として始まったマフチンスキの写真には、苦悩というよりも、カラッとした明るさが感じられる。その自撮り活動を、いまでは妻や子どもたちも応援しているそうだ。

山田五郎(やまだ ごろう)<br>1958年、東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、西洋美術、街づくりなど、幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
山田五郎(やまだ ごろう)
1958年、東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、西洋美術、街づくりなど、幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。

嘉納さんが続いて紹介したのは、ドイツ出身のハラルト・シュトファースの作品。幅1.5メートル、長さ6メートルを超える大きな紙に、等高線か五線譜のような黒い線がびっしりと描かれているように見えるが、よく目を凝らして見ると、それは細かく書かれたドイツ語の文章であるらしい。

ハラルト・シュトファース『無題』2010年
ハラルト・シュトファース『無題』2010年

山田:音符のようにも見えるけれど……Liebe Mutti(愛するお母さん)? いたるところにこのフレーズが書かれてますね。

じつはこれ、作家が自分の母に向けて書いた手紙。幼少期から精神を患い、22歳で精神科に入所したというシュトファースは、紙に文字や言葉を書いて周囲の人々に配り始め、やがてそれは母に向けた長大な手紙へと発展したのだという。「今日はこれを食べたよ」「今日はここへ行ったよ」そんな親愛なる母親にあてた日々の出来事が、どこまでも綴られている。

山田五郎

シュトファースの巨大な作品をあとにした山田さんが、「この作品、かなり好きです」と反応したのは、オーストリア在住のヨーゼフ・ホーファーの自画像。知的障害や発語障害のあるホーファーは、第二次世界大戦中はナチスの迫害から、戦後のソビエト連邦占領下では人々の偏見から守るため両親にかくまわれて育ち、父の死後、次第に外の社会と交流を持つようになった。

2000年ごろに訪れた家具店で見つけた「鏡」との出会いが表現上の転機になったそうで、ここに展示されているのは鏡に映った自分自身を描いたものだ。嘉納さんによると、作品に描き込まれた「P」の文字は「ペペ」と呼ばれた自分のニックネームだという。

ヨーゼフ・ホーファー『無題』2010年
ヨーゼフ・ホーファー『無題』2010年

山田:裸の上半身や性器、自慰する姿を描いてるんですね。エピソードも含めて精神分析家のジャック・ラカンが唱えた「鏡像段階(幼児が鏡に映った自己の姿を見ることで、自分の身体を認識していく成長段階のこと)」という用語を想起させますが、そういうことを抜きにしても絵画としての完成度が高い。

ここで紹介されている作家たちは、自分のなかにあるオブセッションを独自の法則性に基づくパターンとして過剰に描き続けるという共通点があるような気がします。動機は極めて個人的なのに、視覚的な美しさを生む原理には共通点が感じられる点が、とても興味深いです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ポコラート世界展「偶然と、必然と、」』
『ポコラート世界展「偶然と、必然と、」』

2021年7月16日(金)~9月5日(日)
会場:東京都 秋葉原 アーツ千代田 3331 1階 メインギャラリー
時間:12:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
料金:800円 65歳以上500円
※中学生以下、千代田区民は身分証提示で無料、障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料

プロフィール

山田五郎(やまだ ごろう)

1958年、東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、西洋美術、街づくりなど、幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性