レビュー

スクラップ扱いをされる「デザイン」を、スクラップ(切り抜き、抜粋)するクリエイター集団

杉浦太一
スクラップ扱いをされる「デザイン」を、スクラップ(切り抜き、抜粋)するクリエイター集団

同じフィールドの人々が集まって何かをはじめるというのは、だいたいの場合、「あたらしい」でもないし「おもしろい」でもない。それはきっと、当初抱えていた集まった「目的」が空洞化して、集まっている状態自体に心地よさを感じてしまうからだ。そうなると、その集団のパワーは、自分たちで思っている以上に、弱く、気持ち悪いものになってしまう。ようは、「ウチワ」っていうやつだ。

さて、scrap graphic。
見よ、このクリエイティブワークを。
興奮というより、唖然・・・。

比べてみるなら、手の届かないような有名ブランドの雑誌広告。あの写真の世界は、日常を生きる庶民にとっては異世界だ。異世界だからこそ、憧れる。だから、有名ブランドは有名ブランドであり続けられる。

一方で、このscrap graphicのクリエイターによる写真を見てみる。卓越した構図や光、画像処理で、この世界の高級感は、有名ブランドのそれに限りなく近い。それでいて、被写体は、まるで動き出すかのように、ぼくたちの日常に近い世界を生きている。

有名ブランドの広告写真の世界は実際のところ、手が届かないし、手をのばす気もそこまでしない(なんかひがんでいるような・・・)。手をのばした途端に、身の丈違いだったり、その世界が幻想なような気がしてならないのだ。それにひきかえscrap graphicのこの日常感。今を生きるこの日常が賞賛されているような美しさが、心強い。

この日常から出発しているポジティブなパワーが、ありがちな「ウチワ感」を払拭し、scrap graphicというユニットの未来への期待を高めていく。オナニーでもなく、仲良しこよしでもない、お互いを高め合うために集合しているようなクールで健全なつながりが、作品から見てとれるのだ。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

scrap graphic

TAKASHI NAKANO(smear graph)とテラダヒデジ(Tokyo Graphic Team cords)の2人が2009年2月よりスタートさせたデザインアイテムストア。メインコンセプトにコミュニケーションを掲げ、デザインによる繋がりを求め作品を創り続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像