レビュー

「キャラクターイラストレーション」をテーマに据えた「カワイイ中毒」な作品たち

安野泰子
2010/08/20
「キャラクターイラストレーション」をテーマに据えた「カワイイ中毒」な作品たち

キャラクターにとって「カワイイ」という性質は、より多くの人々から愛されるための必須条件だろう。ただ松浦さんの手掛けるキャラクターは、単なるカワイさにはとどまっていない。一見ふんわりとした妖精のような佇まいでも、その目はビー玉のように冷たく透き通って虚空を見つめている。また私たちが作品の前に立てば、ぐっと睨みつけるようにして相対される。彼らは決して愛くるしい笑顔で微笑みかけてはくれない。それはちょうど、暗闇からふいにあらわれ一瞥をくれてスッと消える、夜更けの道端で出くわす野良猫のように、どこかトガっていてクールな存在だ。

しかしそれでいて松浦さんの作品は、ダイナミックな構図や色彩効果もあり、「激しさ」を併せもっていると言える。キャラクターたちは画面から飛び出さんばかりの躍動感に溢れており、さながら俵屋宗達の描いた風神雷神の屏風絵のように、突風が吹き雷が落ちるような激しい「ざわめき」を感じさせる。

「カワイイ」要素に加えて「クールさ」、そして対極にある「激しさ」のスパイスが絶妙にきいたキャラクターたち。その作品世界に触れることで、今回の個展のサブタイトルにもなっている「Sweet Addiction=カワイイ中毒」に、まさに私たちはなりかねない。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

松浦浩之

1964年東京生まれ。グラフィックデザイン業務に携わったのち、1999年より「日本のキャラクター文化」をテーマに作品を制作。2005年に東京画廊で開催された個展『Super Acrylic Skin』でアーティストへと転身して以降、絵画、立体、版画など作品の形式を広げながら、国内外で作家活動を行う。近年では2008年と2009年に台湾の誠品画廊、2009年に北京のBTAPで個展を開催するなど年々国際的な注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材