レビュー

スクリーンをステージに変えた、ヴィム・ヴェンダース初の3D作品

森オウジ
スクリーンをステージに変えた、ヴィム・ヴェンダース初の3D作品

これは観劇だ。もはや映画ではない。ヴィム・ヴェンダース監督が、ダンスと映画の全く新しい楽しみ方を生み出してしまった。しかも自らの3D映画のデビュー作で、である。そしてヴェンダースが撮り上げたのは、ピナ・バウシュというひとりの女性ダンサー、そして今は亡き彼女が遺したダンスのドキュメンタリーだった。

©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION

ピナ・バウシュという名前は、いわゆるコンテンポラリーダンス、あるいは舞台芸術の文脈において、ひとつの時代すら意味するだろう。彼女の存在は、世界中の舞台芸術におけるダンスに対する考え方を根底から変えてしまうほどの衝撃を持っていた。

その衝撃は、映画が始まった瞬間に誰にでも感じ取れる。彼女を知っていなくても、あるいはコンテンポラリーダンスと無縁であっても、その感動は等しく人を惹きつける。とにかく「これがダンスなのか?」と目を疑ってしまうのだ。その動きはいわゆる音楽に合わせて体を動かす踊りとも違うし、少なくとも自分が今まで見聞きしてきたダンスのどれにも似ていない。

でもいつしか、彼ら彼女らが何を表現しているのか、その感覚が次第に伝わってくる。気づけば今まで自分が「使ったことのない感覚」が、そのダンスを捉え始める。そしていつしか、踊るダンサーとともに笑い、時に不快を覚え、時に感動する。劇中の彼女の言葉を借りれば、「言葉で表現するのではなく、特別な何かを感じ取ってもらう。それがダンスの原点」なのである。

あらゆる常識から解き放たれて、原点に立ち返ること。そんな彼女のダンスに、かつて世界中が驚き、感動し、そして影響を受けた。それを目の前のスクリーンで追体験できるこの映画は、まさにダンスを変えた、ダンスの物語なのだ。

また、映画の文脈でピナ・バウシュの名前を知れる作品のひとつに、ペドロ・アルモドバルの『トーク・トゥ・ハー』がある。『アカデミー脚本賞』『ゴールデングローブ外国語映画賞』受賞に輝いた同作のオープニングを飾ったパフォーマンスこそ、ピナの演目『カフェ・ミュラー』である。カフェのような机と椅子が置かれた舞台の上を踊るという異色作として注目を集めた『カフェ・ミュラー』が、本作にノーカットで収録されていることにも注目だろう。

そして同作を撮りあげた監督が、ヴィム・ヴェンダースである点も面白いところだ。『カンヌ国際映画祭』パルムドールに輝いた『パリ、テキサス』、さらにカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『ベルリン・天使の詩』といった成功にこそフォーカスされるものだが、ドキュメンタリーとしての視点にも秀作が並ぶ。

たとえばライ・ク―ダーとキューバのミュージシャンたちの交流をキューバの情感とともに豊かに描き出したドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』('99)あるいは、自ら「最愛の映画」と称する小津安二郎監督の『東京物語』('53)の舞台となった尾道を、妻とともに巡って撮り上げられた写真展『尾道への旅』など、カルチャーの文脈で語り継がれるドキュメンタリー作品が揃う。

©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION

今作において、そんなヴェンダースが力を注いだのは3D作品の新鮮さに忠実なダンス映画であること。そこでダンサーと共に踊る「3Dクレーンカメラ」を導入し、俯瞰はもちろん、舞台上にいるダンサーの1人称視点すらも再現した。これによって、まるで舞台の袖からダンスを見たり、いっしょにダンスを踊っているかのような錯覚を、見るものに与える。

今まではそれこそ劇場でのシートからという1視点からしか見ることのできなかったコンテンポラリーダンスを、自由視点の3D体験として解き放つ。「観劇」呼べるほどのレベルにまで高められた映像美にも注目だ。

3Dの技術の進歩とともに、映画館の楽しさがまたひとつ前進した。映画好きにとって、しばしば「飛び道具」扱いされがちな3D映画だが、ヴェンダースのような監督が撮ったことで、一気に3D映画への期待感、そして流入が加速するのではないだろうか? そうやって映画における体験が新しくなることで、映画館の楽しさが次の次元に進む。そんな期待をさせられる作品でもあるだろう。

この映画には、確かに心を躍らせるダンスがある。それは映画の感動と、ダンスの感動が重なった体験だ。

作品情報

©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

2012年2月25日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9他全国順次3D公開
監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース
出演:
ピナ・バウシュ
ヴッパタール舞踊団
ほか
配給:ギャガ

ヴィム・ヴェンダース

1945年、ドイツ、デュッセルドルフ生まれ。ミュンヘン大学在学中に卒業制作で長編映画『都市の夏』(70)を発表。その後、『都会のアリス』(73)、『まわり道』(74)、『さすらい』(75)がロードムービー3部作として、ドイツ国内外で高い評価を受ける。『アメリカの友人』(77)を見たフランシス・フォード・コッポラからの誘いでアメリカに渡って『ハメット』(82)を撮影するが、ハリウッドの映画製作方法に馴染めず、自分自身がうまく監督できなかった様をイメージして描いた『ことの次第』(81)を完成させ、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した。 84年には『パリ、テキサス』が高く評価され、カンヌ国際映画祭パルムドール、英アカデミー賞最優秀監督賞に輝く。87年、ブルーノ・ガンツが天使に扮した『ベルリン・天使の詩』でも世界中で成功を収め、カンヌ国際映画祭監督賞を獲得する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと