レビュー

坂本龍一vs大友良英も出演した対戦型即興ライブの記録

金子厚武
2012/04/10
坂本龍一vs大友良英も出演した対戦型即興ライブの記録

以前のCINRAの記事でも書いてきたことだが、「対戦型即興ライブ」と銘打たれた『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE(以下:BRMVL)』というイベントは、その場で起きたことが全てである。予定調和の筋書きもなければ、明確な結末も存在しない。ただ2組の音楽家がその場で感じたことを音にし、言葉にし、そこに居合わせたそれぞれがそれをどう感じるか。ただ、それだけなのだ。もしかしたら、この日の対戦に、復興へと向かう日本の逞しさを感じたものがいたかもしれない。怒りを感じたものがいたかもしれないし、慰めを感じたものがいたかもしれない。そして、そのどれもが決して間違いではない。なので、ここではあくまで記録としての『BRMVL2012』を、あの日あの場所で何が起こったかを綴っていく。

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

開演の19時半よりも前に会場の後楽園ホールに到着すると、すでに中から大音量のドラムの音が聴こえてくる。オープニングアクトとしてアナウンスされていた「千住宗臣 vs 服部正嗣」がすでに始まっているのだ。ジャンルレスに活動する2人のドラマーの熱っぽいプレイに、まだ観客席は埋まり切っていないながらも、方々から歓声が上がっている。最後は勢いよくスティックを放り投げて演奏が終了すると、ゲストのやくしまるえつこが登場。「夢」を題材にした詩の朗読と共に、『BRMVL2012』の開幕を宣言した。

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

第1戦は「DJ KENTARO vs Open Reel Ensemble」。世界的なターンテーブリストと、旧式のオープンリールを用いた話題のアンサンブルチームの対戦だ。試合に先立ってCINRAがOpen Reel Ensembleに行った取材では、「どっちがどの音を出してるのか、目をつぶってもわかるといいなって思います」という話があったが、それは実際によくわかって、ザクザクと小気味いいDJ KENTAROのスクラッチに対し、モノ感のあるずっしりした音を響かせるOpen Reel Ensembleのスクラッチは全くの別物だった。また同じ取材で、「異種格闘技戦だと思うので、相手の土俵に入っちゃうとダメですよね」ということを言っていたが、これもまさにで、基本的にはDJ KENTAROのプレイが試合の主導権を握っていたのだが、その周りで工作員のように様々な音を出し続けるOpen Reel Ensembleの姿はなんだか別次元に居るかのようで、不思議な面白味があった。

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

続く第2戦は「いとうせいこう vs Shing02」。日本語ラップのオリジネイターの1人と、才能溢れるバイリンガルラッパーのMCバトルだ。それぞれセコンド(?)にDUB MASTER XとDJ A-1を従え、交互に1曲ずつ披露するような形で3ラウンドが行われた。2009年の『BRMVL』に参加したときは、最初の1文字を書き出すまでに15分かけたというShing02だが、この日は完全即興スタイルで次々とライムを繰り出し、ラッパーとしてのスキルの高さを披露。一方のいとうせいこうはあらかじめ準備をしてきていたようで、□□□の曲のフレーズも挟みながら、座ったままリリックを読む形式。ダブ処理されたメッセージ性の強い言葉の強度は伝わったものの、バトルという色合いはやや薄かったかもしれない。しかし、3ラウンド目も終了というところで事件は起こる。客席から「せいこう、立てよ!」の声がかかったのだ。会場がざわつく中、それに応える形でせいこうも立ち上がると、最後にそれぞれがフリースタイルを披露。Shing02が「バランスを崩しながらも、坂本教授の前ですべるわけにはいかねえ!」と締め、場内の拍手をさらっていった。

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

再びやくしまるが登場し、最後の対戦者を紹介。本日のメインイベント、「坂本龍一 vs 大友良英」だ。『プロジェクトFUKUSHIMA!』でも共演を果たしているこの2人の大物の試合を、観客は固唾を呑んで見守った。様々な楽器をマイペースで奏で続ける大友に対し、序盤は鍵盤を叩いていた教授が立ち上がり、ピアノの中に手を伸ばして内部奏法を開始。ノイズともアンビエントともつかない前衛的な展開に突入し、ここが後楽園ホールであることなどすっかり忘れてしまうような雰囲気に。しかし、途中で教授が鍵盤に戻り、シンプルなメロディを奏で出すと、それまでうごめいていたものがスッとそこに収束し、大友の演奏とハーモニーを奏で出したかのような瞬間には、ハッとさせられるものがあった。実にフラジャイルで美しい対戦は、ゆっくりと潮が引くように、静かな終わりを迎えた。

こうして『BRMVL2012』は終了。最後に、もう一度やくしまるのアナウンスが。

「また夢でお会いしましょう、バイバイ」

そう、夢というものはどれだけ伝え聞かせても、結局その本人しかわからないものである。

イベント情報

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』(2012年3月21日@後楽園ホール)
『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

2012年3月21日(水)OPEN 18:45 / START 19:30
会場:東京都 水道橋 後楽園ホール

出演:
坂本龍一 vs 大友良英
いとうせいこう vs Shing02
DJ KENTARO vs Open Reel Ensemble
ゲスト:やくしまるえつこ
オープニングアクト:千住宗臣 vs 服部正嗣

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開