レビュー

不可能を可能にする「清涼飲料界のジェームズ・ボンド」によるアフターパーティー

宮崎智之
2012/11/22
不可能を可能にする「清涼飲料界のジェームズ・ボンド」によるアフターパーティー

イギリスの諜報員・ジェームズ・ボンドでお馴染みの映画『007』シリーズ。その23作目となる『007 スカイフォール』が全国ロードショーされるのに先立ち、11月19日にジャパンプレミアのアフターパーティーが開催された。注目すべきは糖分ゼロで知られている「コカ・コーラ ゼロ」と『007スカイフォール』とがコラボレーションしていること。コカ・コーラ ゼロは今年で5周年を迎えたが、世界最長映画シリーズである『007』も50周年と「5」の数字で共通し、「ゼロ」という文字が入っているのも一緒だ。両者がタッグを組み、コカ・コーラ ゼロの対象商品を買うと映画の鑑賞券が当たるなどの様々なキャンペーンを展開している。

「コカ・コーラ ゼロ」×『007 スカイフォール』ジャパン・プレミアアフターパーティー

なぜ、コカ・コーラ ゼロと『007 スカイフォール』がタッグを組むのか不思議に思う読者がいるかもしれないが、広報担当者は「不可能なミッションに挑戦していく『007』シリーズとコカ・コーラ ゼロはブランドイメージがピッタリだった」と話す。普段、何気なく飲んでいるコカ・コーラ ゼロだが、コカ・コーラ本来の爽やかさや美味しさを損なわずにカロリーゼロを実現するためには、非常に高い技術が必要なのだという。「清涼飲料界のジェームズ・ボンド」と言ったら言い過ぎかもしれないが、それに近いくらいのミッションを達成して、コカ・コーラ ゼロというヒット商品が誕生したのである。

「コカ・コーラ ゼロ」×『007 スカイフォール』ジャパン・プレミアアフターパーティー

実は両者がコラボするのは前作『007 慰めの報酬』に続き2回目となるが、今回のようなコラボイベントを開催するのは初の試み。当日は東京・有楽町での試写会が終わった直後、パーティー会場に各界のセレブリティーや映画関係者たちが駆けつける姿が多く見られた。

徳澤直子
徳澤直子

今回のアフターパーティーは完全招待制で、選ばれた人たちだけが参加できる一夜限りのスペシャルイベントだ。ファッションモデルの敦士さんやサッカー元日本代表の前園真聖さん、「侍ハードラー」の異名で知られた元オリンピック陸上選手の為末大さんなども来場。コカ・コーラ ゼロのイメージカラーである赤と黒の衣装がドレスコードに設定され、まるで『007』のワンシーンのような、華やかでシックな雰囲気に会場が包まれていた。コカ・コーラ ゼロを使用したオリジナルカクテルも振る舞われ、ほろ酔い気分で映画の感想を語る人の姿もチラホラ。

「コカ・コーラ ゼロ」×『007 スカイフォール』ジャパン・プレミアアフターパーティー
敦士

また、パーティー内では映画コメンテーター・LiLiCoさんのトークショーも開催。数々のハリウッドスターをインタビューしてきたLiLiCoさんだが、どんな大物を取材するときも緊張しないといい、「緊張が相手に移ってしまうと、短い答えしか引き出せなくなってしまうので、あくまで対等な立場でインタビューしています」とコメント。さらに、ジョニー・デップが取材場所のホテルの廊下に置いてあった木彫りのアヒルを気に入り、部屋に持ち帰ろうとしたが台に貼り付いて取れなかったというエピソードを披露し、「アヒルと格闘している姿が可愛かった。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウみたいなリアクションをしていました」と会場を盛り上げた。

LiLiCoさんには同じく『007 スカイフォール』のパートナーであるスワロフスキー・エレメントでデコレーションされた、光り輝くコカ・コーラ ゼロのボトルが贈られた。キャンペーンに因んで世界で7本しか作られていないという特製のボトルを手にしてコカ・コーラ ゼロを飲んだ後に、「ジョニー・デップを取材するより緊張した」と笑顔。ちなみに、このスワロフスキー限定ボトルは会場に設置されたカジノゲームで最高得点だった男性にもプレゼントされた。通信系企業に勤め、一般公募で当選して来場したこの男性は偶然にも1日4〜5本も飲むほどのコカ・コーラ ゼロファン。「同僚に自慢して、家宝にしたいです」と興奮気味に話していた。

「コカ・コーラ ゼロ」×『007 スカイフォール』ジャパン・プレミアアフターパーティー

飲料メーカーと映画作品の異色コラボだが、来場した一般女性からは「普段から親しみがある飲み物だったものの、『007』とのコンセプトの繫がりは初めて知ったので印象が変わりました」との声も。そういった意味では、両者の世界観が共鳴し、12月1日からの全国ロードショーを盛り上げることに成功したイベントだったと言える。取材終了後にテキーラをコカ・コーラ ゼロで割ったカクテルを筆者もちゃっかり飲んだのだが、「気分はジェームズ・ボンド」だったことは言うまでもない。

イベント情報

「コカ・コーラ ゼロ」×『007 スカイフォール』ジャパン・プレミアアフターパーティー

2012年11月19日(月)
会場:東京都 銀座 MY HUMBLE HOUSE TOKYO
時間:22:00〜24:00
料金:完全招待制

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」