レビュー

二度と見られない?浅井健一が骨折アクシデントを経て「歌」に開眼。レアなライブの真価はいかに

テキスト
麦倉正樹
二度と見られない?浅井健一が骨折アクシデントを経て「歌」に開眼。レアなライブの真価はいかに

激震が走った。ギタリスト・ベンジーが、左中指を骨折

今週の金曜9月18日、TSUTAYA O-EASTで開催される『InterFM897 開局記念 Ready Steady George!! Presents “Radio Riot” vol.1』。ベンジーこと浅井健一率いるSHERBETSと9mm Parabellum Bullet(以下、9mm)が熱いライブを繰り広げるであろうこのイベントに、ある異変が勃発した。イベントのキーマンである浅井健一が、去る8月19日、トレーニング中の事故により、左手の中指を骨折してしまったのだ。医師の診断によると、骨が癒合するまで4週間、さらにギターを弾けるようになるまで1週間。その一報を受けたイベントスタッフは、みな激震が走ったという。記念すべき第1回目の出演者が……。

すべてのライブは予定通り決行。ピンチな状況にも「気持ち良い」と語る

しかし、そこは百戦錬磨の浅井健一。本人の強い意向によって、この事態をプラスのエネルギーに変えて、9月に予定しているすべてのライブの決行を約束。すでに9月6日に行われたSHERBETSのライブでは、対バン相手となったLillies and Remainsの二人を代わる代わるサポートギターに迎え、見事やり切ったという。しかも、ただやり切っただけではない。そのときのことを、9mmの菅原卓郎(Vo,Gt)と共に出演したラジオ番組(9月10日、InterFMにて放送)にて、浅井は次のように振り返った。

「それまで俺、歌を歌うときは、絶対にギター弾いとったんだわ。だから、ギターを弾かずにハンドマイクで歌うことは絶対になかったんだけど、そのとき初めて歌のみで自分の曲を表現することになって……なんかすごい良かった。マネージャーがあとで言ってたんだけど、やっぱり歌がいつもと全然違う感じがしたらしくて。歌ってる俺も、なんかすごい気持ち良かったな。歌うだけのライブもすごい好きっていうことを、そのとき発見した」

左奥:菅原卓郎、右手前:浅井健一
左奥:菅原卓郎、右手前:浅井健一

ハンドマイクで歌う浅井健一。それだけでも十分にレアなのに、9月18日のライブには、サポートギターとしてTHE NOVEMBERSの小林祐介が参加することが告知されている。小林のギターで歌うベンジー。想像するだけで魅力的なその並びに、対バン相手である菅原は、小林に対して羨望のまなざしを隠さない。というのも、菅原にとってベンジーは憧れの存在であるからだ。今回の対バンは、9mmたっての希望によって実現したもの。9mmの四人がロックンロールを打ち鳴らす原動力となったのは、かつて浅井が組んでいたバンド、BLANKEY JET CITYだったのだ。

左から:菅原卓郎、浅井健一

浅井健一の強靭さに「負けない」と意気込む9mm

かくして、隙あらば憧れのまなざしで見てしまう浅井という巨大な存在に対し、菅原は、同番組のなかでこんなことを訊いていた。「対バンのときって、浅井さんは相手に対して、『負けないぞ』っていう気持ちでやるんですか? それとも『関係ないぜ』っていう気持ちですか?」。

それを受けて浅井は言う。「ああ、『負けないぞ』という気持ちは、絶対みんな心のどっかであるでしょう。昔、THE ROOSTERSのドラムの池畑(潤二)さんが言っとったけど、やっぱりバンドって、自分たち以外はみんな敵なんだよね」。

浅井健一

しかし、そんな突然の9mmへの宣戦布告ともとれる言葉にひるむことなく菅原は言うのだった。「SHERBETSはすごい世界観があるバンドなので、最初は俺たちも『負けない!』って思っていたんですけど……真っ向勝負するんじゃなくて、俺たちは俺たちの世界を作って戦わないといけないんだなって、今は思っています」と。

片や、唯一無二の世界観で、9mmの四人だけでなく数々のリスナーを魅了し続けて来たベテラン、SHERBETS(プラス小林祐介)。そして片や、バンド史上初のクアトロA面シングル『反逆のマーチ / ダークホース / 誰も知らない / Mad Pierrot』をリリースしたばかりで勢いづく9mm。9月18日のTSUTAYA O-EASTは、リスペクトと負けん気がギラギラと燃え上がる9mmのエネルギーと、浅井のレアなライブパフォーマンスが交差し、歴史に残る一夜になるはずだ。

InterFM897 開局記念 Ready Steady George!! presents “Radio Riot” vol.1 SHERBETS × 9mm Parabellum Bullet


イベント情報

SHERBETS × 9mm Parabellum Bullet『InterFM897 開局記念 Ready Steady George!! presents “Radio Riot” vol.1』
『InterFM897 開局記念 Ready Steady George!! presents “Radio Riot” vol.1』

2015年9月18日(金)START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
出演:
SHERBETS(サポートギター:小林祐介(THE NOVEMBERS))
9mm Parabellum Bullet
料金:前売3,897円

『Ready Steady George!!』
『Ready Steady George!!』

毎週月~金曜15:00からInterFMにて放送
DJ:
ジョージ・ウィリアムズ
シャウラ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年