特集 PR

KYGOの変化をどう読み解く?世界トップのEDMアクトも分析

KYGO『Kids In Love』
テキスト
宇野維正
編集:山元翔一
2017/11/20
KYGOの変化をどう読み解く?世界トップのEDMアクトも分析

デビュー作で巨大な成功を手にしたKYGOが、2作目で変化を遂げようとするワケ

Apple Musicで独占公開されているKYGOの映像作品『ストール・ザ・ショウ』(2017年)は、彼のサクセスストーリーを描いたよくできたドキュメンタリーであるだけでなく、現在のダンスミュージックシーン、ポップシーンをより深く理解する上でもとても興味深い作品だ。現在26歳、作中ではまだ24歳のノルウェーの青年KYGOが、彼よりもさらに若い大学を出たばかりのアメリカ人マネージャーと二人三脚でスターダムを登っていく、まさにその瞬間をとらえた同作。

KYGO『ストール・ザ・ショウ』(Apple Musicで見る

音楽的な才能(KYGO)と、的確な戦略(マネージャー)と、音楽業界の構造をすっかり変えてしまったリスナー環境(ストリーミングサービス)、そのいずれが欠けても、現在のKYGOの大躍進はなかったこと。そして、一度上昇気流にのると、億単位でストリーミング再生回数が増えていき、あっという間にアーティストを取り巻く状況が変わっていくことがよくわかる。

しかし、アーティストとオーディエンスに大きな高揚感をもたらすスピード感のある成功は、同時にアーティスト自身を追い込むことにもなる。EDMのシーンにおいて頭角を現し、さらにその一大潮流であるトロピカルハウスの立役者となったKYGOにとって、今回の2ndアルバム『Kids In Love』での変化は必然だった。「今の時代は、常に二歩先を行く必要がある」――『ストール・ザ・ショウ』のなかでもそう語られているように、シーンの最前線で、数万人のオーディエンスの前に立って、メインストリームのポップの世界でヒットも飛ばしているダンスミュージックアクトには、常に次の一手が求められている。成功に胡座をかいて、同じ場所に安住することは許されないのだ。

2015年に発表したKYGO初のオリジナル楽曲。同楽曲をリリース後、KYGOはSpotify史上最速で再生回数10億回を突破したアーティストとなった KYGO『Kids In Love』収録曲

Avicii、カルヴィン・ハリスら、次のフェーズに以降する世界トップのEDMアクトたち

ここ数年、我々は多くのトップEDMアクトの大きな変化を目撃してきた。スタジアムで初の日本公演も実現した2016年のツアーを最後に、ライブ活動からの引退を表明したAviciiは、今では母国スウェーデンの自宅に引きこもり、よりアコースティックなサウンドと人間味の溢れた歌の領域を探求している。

Avicii『Without You』(2017年)収録曲

2015年にラスベガスのクラブのレジデントDJとして契約を交わしたカルヴィン・ハリスは、ロサンゼルスに居を定め、目が眩むほど豪華なゲストたちをスタジオに招集してアメリカ西海岸ヒップホップの影響下にある傑作アルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』(2017年 / 参考記事:カルヴィン・ハリスの2017年の新作は、10年後のシーンの鍵を握る)を作り上げた。しかし、そんなカルヴィン・ハリスもライブの現場ではまだ新しいスタイルを打ち出そうとはしていないことが、ラスベガスのクラブ以外では久々のステージとなった、日本での今年の『SUMMER SONIC』のパフォーマンスで明らかになった。カルヴィン・ハリスのようなスタジオ作品とライブ(DJ活動)のダブルスタンダード――それもまた、アーティストが自身の音楽的モチベーションと商業的価値を両立させる上でのひとつの解決方法なのだろう。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

KYGO『Kids In Love』日本盤
KYGO
『Kids In Love』日本盤(CD)

2017年11月15日(水)発売
価格:2,376円(税込)
SICP-5602

1. Never Let You Go (feat. John Newman)
2. Sunrise (feat. Jason Walker)
3. Riding Shotgun (with Oliver Nelson feat. Bonnie McKee)
4. Stranger Things (feat. OneRepublic)
5. With You (feat. Wrabel)
6. Kids in Love (feat. The Night Game)
7. Permanent (feat. J.Hart)
8. I See You (feat. Billy Raffoul)
9. Stargazing (feat. Justin Jesso)
10. It Ain't Me (with Selena Gomez)
11. First Time (with Ellie Goulding)
12. This Town (feat. Sasha Sloan)
13. It Ain't Me (with Selena Gomez) (Tiesto's AFTR:HRS Remix)
14. First Time (with Ellie Goulding) (R3hab Remix)

プロフィール

KYGO
KYGO(かいご)

ノルウェー、ベルゲン出身のDJ / プロデューサー。南国を連想させる、ゆったりとしたビートが特徴的な「トロピカルハウス」の火付け役として注目を浴び、自身初のオリジナル楽曲“Firestone ft. Conrad Sewell”などが大ヒット。その後、Spotify史上最速で再生回数10億回を突破したアーティストとなった。2016年5月にはデビューアルバム『Cloud Nine』をリリース。全米ダンス / エレクトロニック・アルバム・チャートで1位、全英チャート3位に加え、全世界18か国のiTunesチャートで1位、ここ日本でもiTunes総合アルバム・チャート2位、ダンス・アルバム・チャートでも1位を獲得し、EDMの新しいムーヴメント、癒し系EDM=「トロピカルハウス」の火付け役として、世界中のダンス・ミュージック・ファンのみならず、ポップスファン、ロックファンからも絶大な支持を得た。その後もApple Music限定のドキュメンタリー映画『ストール・ザ・ショウ』公開や、『ULTRA FESTIVAL JAPAN』への2年連続ヘッドライナー出演を経て、EP『Stargazing EP』をリリース。セレーナ・ゴメス、エリー・ゴールディングに加えU2とのコラボ曲“You're The Best Thing About Me feat. U2”(U2 vs. Kygo)を発表。2017年11月、2ndアルバム『Kids In Love』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで