特集 PR

『刑事ゆがみ』が見せた、これまでとは違う浅野忠信、神木隆之介

『刑事ゆがみ』
テキスト
麦倉正樹
編集:川浦慧
『刑事ゆがみ』が見せた、これまでとは違う浅野忠信、神木隆之介

「刑事コンビ」ものは、もはや出尽くしたのか?

『あぶない刑事』(日本テレビ系列)、『相棒』(テレビ朝日系列)などを例に挙げるまでもなく、性格や出自の異なる男性二人が、ときに反目し合いながらもタッグを組んで、事件捜査にあたる……というのは、もはや刑事ドラマの王道パターンのひとつである。男女ペアから歳の差ペアまで、そのバリエーションは、いまや枚挙にいとまがない。そんな、もはや出尽くしたかのように思える「刑事コンビ」のなかにあって、昨年放送されたドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系列)は、確かな新味を感じさせる作品だったと言えるだろう。

主人公である刑事、弓神適当(ゆがみ ゆきまさ)を演じるのは、意外にも今回が民放連続ドラマ初主演となった、浅野忠信。名実ともに日本を代表する俳優のひとりだ。そんな彼とタッグを組む新人刑事、羽生虎夫(はにゅう とらお)を演じるのは、神木隆之介。まだ24歳でありながら、すでに20年以上のキャリアを持つ、若きベテランだ。年の差、実に20年という、異色の刑事コンビの誕生である。

しかし、それがいわゆる先輩後輩の関係でもなければ師弟関係でもない、ましてや探偵と助手のような関係でもないというのが、本作のユニークなところだった。

『刑事ゆがみ』メインビジュアル ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ
『刑事ゆがみ』メインビジュアル ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ(サイトで見る

いつも見ている浅野忠信、神木隆之介とは違う、絶妙な違和感

弓神は、ベテラン刑事でありながら、常にヘラヘラと軽口を叩き、周囲の人間にちょっかいを出しているような、その名のごとく「適当」な男。けれども、捜査におけるその直感の鋭さは本物で、しばし、法やルールを超えた大胆なやり方で犯人を検挙する、ある種の異端刑事である。

となれば、神木演じる羽生は、そんな彼の行動を咎めながらも追従する、真面目な「後輩キャラ」となりそうなものだけれど……どうも勝手が違うのだ。端的に言うならば、「出世欲に燃える腹黒刑事」。先輩を先輩と思わないどころか、自身の出世のためなら、弓神を出し抜くことさえ辞さないという、少々歪んだ正義感を持ったキャラとして描き出されているのだ。

神木隆之介演じる羽生虎夫 ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ
神木隆之介演じる羽生虎夫 ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ

『刑事ゆがみ』 ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ
『刑事ゆがみ』 ©井浦秀夫/小学館 ©2017 フジテレビ

そんな羽生を、ことあるごとに茶化し続ける弓神と、それに負けずと立ち向かいながら、弓神に罵詈雑言を浴びせる羽生。毎回繰り広げられるこの二人のやり取りは、ときに事件を置き去りにしながら、延々と繰り広げられる。その様子にいつしか好感を持つようになった視聴者は、恐らく筆者だけではないだろう。「いつも映画やドラマで見ている彼らと、ちょっと違うぞ?」と。

いつもと違うのは、彼ら2人だけではない。弓神の同期であり、現在はその上司でもある菅能理香(かんの りか)を演じる稲森いずみもまた、これまでとは違うクールな佇まいと時折見せるそのギャップによって、視聴者の関心を捉えていた。それは、弓神の密かな協力者である、声を発しない謎の女性ハッカー氷川和美(ひかわ かずみ)を演じた山本美月も同様であった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

『刑事ゆがみ』(Blu-ray BOX)
『刑事ゆがみ』(Blu-ray BOX)

2018年3月28日(水)発売
価格:25,380円(税込)
品番:PCXC.60082

『刑事ゆがみ』(DVD BOX)

2018年3月28日発売
価格:20,520円(税込)
PCBC.61766

番組情報

木曜劇場
『刑事ゆがみ』

演出:西谷弘、加藤裕将、宮木正悟
脚本:倉光泰子、大北はるか、藤井清美
原作:井浦秀夫『刑事ゆがみ』(小学館『ビッグコミックオリジナル』)
主題歌:WANIMA“ヒューマン”
出演:
浅野忠信
神木隆之介
仁科貴
橋本淳
稲森いずみ
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現