レビュー

ケン・ローチ『家族を想うとき』が見つめる、「搾取」で回る世界

テキスト
常川拓也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
ケン・ローチ『家族を想うとき』が見つめる、「搾取」で回る世界

欠勤したら制裁金。病院に通えず、53歳で亡くなった英ドライバーの実話

イギリス南西部ドーセットのクライストチャーチに住む53歳のドン・レーンは、英国最大手の配送会社「DPD」でアパレルメーカー・ネクストやショッピングサイト・エイソスの衣服などの配達員として19年間働いていた。レーンは糖尿病を患っていながらも、あまりに配達スケジュールがタイトなため病院に通うことができず、ある日、運転中に倒れ、糖尿病性昏睡に陥ってしまう。もう限界が近づいていた彼は、糖尿病によって引き起こされた目の症状の治療のため、事前報告して休みを取った上で診察を受けに行った。しかしDPD側は欠勤によって依頼分の配達をこなすことができなかった代償として、彼に150ポンドの罰金を科した。DPDは配達員を業務委託扱いにし、荷物を配達するごとに報酬を加算する方法を採用し、ドライバーが依頼した分の配達を達成することができなければ損害賠償を請求する規約を敷いていたのだ。

もし体調が悪くて働けないならば、配達員たちは、カバーしてくれる代役を予め用意するか、制裁金を支払うかしかない。彼らは、有給休暇や最低賃金を保障された労働者として扱われていなかった。レーンは、罰金制度による請求を恐れていたために以前から何度も予約していた診察を飛ばして勤務に出ていたのである。それ以降、追加の罰金を支払う余裕もない彼は、病院に通えないままクリスマスの配達ラッシュの間も無理をして働き続け、その結果、2018年1月4日に死亡した。

『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

ケン・ローチの最新作は1日14時間、週6日の勤務を強いられる、宅配ドライバーが主人公

イギリスの名匠ケン・ローチの最新作『家族を想うとき』は、この出来事を部分的に基にしている。2008年のリーマンショックの影響でマイホームを所有する夢を打ち砕かれ、職も失ったリッキー(クリス・ヒッチェン)は、家族を養うために地元の運送会社とフランチャイズ契約を結び、宅配ドライバーとして働き始める(映画に登場するほかのドライバーの多くが実際の現役ないしは元ドライバーである)。会社や上司に縛られず、自分の選択と責任でより柔軟な働き方が実現できるかに思えたが、ドン・レーンの場合と同様の規約のもと、リッキーは、設定された配送目標を達成しなければ収入が減り、荷物を待つ顧客のために到着予定時間は厳格に守らなければならない現実に直面する。

1日14時間、週6日の勤務を強いられ、食事を取る時間もなければ、トイレのために立ち止まる時間すらない──彼はそのために備えて空のペットボトルを携帯する──のだ。リッキーは、彼のすべての動きを記録し命令する携帯型電子スキャナーに翻弄される奴隷と化してしまうのである。

『家族を想うとき』予告編

『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

パートタイムの介護福祉士として働く妻。素行不良の息子が放つ「全て自己責任だ」

一方、妻アビー(デビー・ハニーウッド)もパートタイムの介護福祉士として、昼夜、遠く離れた高齢者の家庭をバスで訪問して回っている。そのように両親は毎日起きている時間のほとんどを長時間労働に忙殺されているため、高校生の息子セブ(リス・ストーン)と小学生の娘ライザ・ジェーン(ケイティ・プロクター)と一緒に必要な時間を過ごすことができない。

次第にセブは学校をサボって街中の壁にタギング(落書き)することに走るようになり、遂には素行不良で問題を引き起こしてしまう。リッキーが息子が選択の可能性を狭めていることを咎めても、セブは、「どうせいい職になどつけない」「父みたいな負け犬になる」「全て自己責任だ」と言い放つ。将来が望めない世界で若者は野心を殺され、全体に諦念と倦怠感が蔓延しているのだろう。

『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
『家族を想うとき』 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『家族を想うとき』

2019年12月13日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:
クリス・ヒッチェン
デビー・ハニーウッド
リス・ストーン
ケイティ・プロクター
上映時間:100分
配給:ロングライド

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開