今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年8月29日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    『The Get Down』が面白い

    Netflixで配信スタートしたドラマ『The Get Down』、見てますか? 1977年のニューヨーク、ヒップホップ黎明期を描いたドラマなので、ヒップホップ好きとしてはたまらない内容です。しかもこの作品、当時のニューヨークの映像を交えつつ、当時活躍していたグランドマスター・フラッシュたちもアドバイザーとして加わっているので、歴史モノのドラマとしても非常に面白いし、勉強になる。ラップはなんとNasがライムを書いているそうで、こちらも本格的。ラップを字幕付きでちゃんと理解しながら聴けるっていうのも、興奮します。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    『はだかの王様』は本当にはだかになれるのか

    大駱駝艦の『はだかの王様』を見てきました。同作の振付・演出を務め、王様として出演した田村一行さんの語りを思い出し、そもそも『はだか』とか、本質的な自分はどこにあるのだろうかと思案を巡らせました。名前も職業も年齢も、すべて外側に纏っているもの。大駱駝艦の舞台にはそんな自分の外側を突き動かすような、得体のしれない力が湧き出ていました。

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    起承転転転結みたいな映画

    先週公開された新海誠監督の新作『君の名は。』を観ました。事前情報をほとんど入れなかったので予想外の展開に驚きっぱなしでした。公開直後なので詳しいことは書きませんが、鑑賞後に見た、映画公式サイト掲載のスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏と『ダ・ヴィンチ』の関口靖彦編集長のコメントには思わず唸らされました。気になっている方は、まずそちらをぜひチェックしてみてください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開