今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2019年5月14日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    いよいよ今週末は『CROSSING CARNIVAL』

    今週土曜日、いよいよ『CROSSING CARNIVAL'19』を開催します。去年に比べてチケットの売れ行きも好調で、ソールドアウトも見えてきました。今年のブッキングは、CINRA.NETを立ち上げてから一緒にこの時代を走ってきた「CINRA.NETらしいラインナップ」を意識してお声がけしたのですが、そんなアーティストたちが「ここでしか見られない」企画をたくさんやってくれるということで、好評いただけている手応えを感じています。そして我々としても念願だったフィッシュマンズのトリビュート企画が実現できたこと。フィッシュマンズを愛するお客さん、そして出演者の熱量の高さが、大勢の人を巻き込む一番のエネルギーになっているのかもしれません。今回フィッシュマンズのトリビュートセットを披露してくれるEmeraldが先日公開した“ゆらめき IN THE AIR -Fishmans cover.-”も、ぜひ聴いてみて欲しい! 音楽が時代を超えていく感動を、『CROSSING CARNIVAL』ではきっと感じることができると思います。そして、今この時代をまさに更新しているアーティストたちに宿る、このタイミングでしか感じられないきらめき。言葉にするのが難しいですが、今回のラインナップは、そういう時代のエネルギーを感じられる内容になっているはず。「見逃したの悔しい!」って言わせる自信満々なので(笑)、絶対遊びにきてください!

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    すばらしくてNICE CHOICEな

    CINRA.NET編集部が半年以上かけて準備してきた『CROSSING CARNIVAL'19』、いよいよ今週18日(土)に開催です。このイベント、コラボやカバー企画など特別な要素もあるので、どのアーティストを観るべきか悩ましいですよね。実際、タイムテーブルを考えた側の人間としても、「どうしてこのアーティストとこのアーティストが被っているのか......」と深い悲しみに暮れています。ともあれ、入念に検討するもよし、自分の嗅覚と気分だけを信じて思うままに回るもよしです。Spotifyで出演者の楽曲をまとめたプレイリストも作っているので、そちらをチェックしつつ当日を楽しみにしていただけると幸いです。また最後になりますが、出演いただくすべての出演者、関係者のみなさまのご理解とご協力のおかげで、この日を迎えられることを嬉しく思います。本番はこれからではありますが、改めて本当にありがとうございます。それではみなさん、当日会場でお会いしましょう。

  • 宮原朋之(CINRA.NET編集部)
    宮原朋之(CINRA.NET編集部)

    ダラダラ、ゴロゴロ、ドロヘドロ

    ほぼなにもせずに気づいたら過ぎていたGW。唯一「した」と言えることは、漫画『ドロヘドロ』の大人買いでした。完結漫画一気読みの没入感は、VRやアミューズメント施設などを差し置いて、イマーシブな娯楽体験の個人的暫定首位に君臨中。読了後、「ギュチー!」と思わず叫んだり、大葉餃子を作って食べたり、漫画の影響が日常生活にも現れつつあります。それが……ドロヘドロ!

  • 石澤萌(CINRA.NET編集部)
    石澤萌(CINRA.NET編集部)

    Twitterだけじゃないぜ

    公式Twitterでは15万フォロワー突破(大感謝)なCINRA.NET、実はInstagramもほぼ毎日更新中です。いまは『CROSSING CARNIVAL』特集中ですが、普段はニュース、編集部が独断で選ぶ「今日、聴きたい1曲」のコーナー、取材中の様子をコソッと配信したり、おすすめ記事を紹介したり。更新担当である中の人はニッキー(CINRA.NETのマスコットキャラ、アイコンの子)です。目標の1万フォロワーまであと6,500! がんばれニッキー!

  • 矢島大地(CINRA.NET編集部)
    矢島大地(CINRA.NET編集部)

    envy『After Hours '19』

    先週末、envy主催の『After Hours '19』に行ってきた。envyはもちろん、toeやbacho、MONOやVampilliaなど、以前から日々の喧騒を殺してくれる、あるいは忘れさせてくれる音楽として接してきた音楽達を一挙に浴びられるイベント。特に、アメリカから来日したExplosions In The Skyのライヴが凄まじかった。ギターのメロディの美しさにうっとりとした瞬間に、(矛盾した言葉ですが)深い深い音の壁が立ち上がって、ライヴハウスが轟音の防護シェルターに変貌する。その音と寸分の狂いのないプレイに驚嘆しつつ、同時に、envyが日本から世界へ放ってきた音楽が線になって、導火線になって、今世界中で脈々と受け継がれていることがよくわかるライヴだった。どんな音楽ジャンルでもどんな音が鳴っている場でもそうだけど、何と比べて日本が劣っていると語るよりも、国の線や優劣で語るのではなく、音楽と音楽はちゃんと地球儀の上で線になっている。そうフラットに捉えて音楽を音楽のまま楽しみ続けたいと改めて感じた。

  • 今週のインターンだより
    今週のインターンだより

    ゴールデンウィークを終えて

    今年のゴールデンウィーク、1泊2日で両親と箱根に旅行に行きました。(弟はお留守番……)私は一人暮らし、父は単身赴任とみんなバラバラに住んでいるので久しぶりの旅行です。初日は土砂降りの中、ポーラ美術館で『印象派、記憶への旅』展を見て、旅館でのんびり過ごしました。次の日は噓のような快晴! 念願の彫刻の森美術館で現代美術に没頭しました。私は普段、1人で美術館に行くので「この絵好きだなあ」と共有出来る時間が心地よかったです。学生最後の一年間、就職したらもっと両親と過ごす時間が減ってしまうんだろうか。その前に就職できるんだろうか。離れて暮らす寂しさに慣れてしまったけれど、今のいろんな当たり前に慣れないようにしなきゃな、と帰りの車中、流れていく灯りを眺めながら思いました。でも、やっぱり10連休は長かったですね。その締めに『愛がなんだ』を観て、あんなに愛に突っ走ることができるテルちゃんが少しうらやましいなと思いました。家族に恋に、愛について考えさせられたゴールデンウィークでしたが、結局答えは出ないままです。愛がなんだよ!(インターンN)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施