今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2019年7月16日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    開け放つ窓 風は過去越えてたどり着くだろうか

    週末はCINRAが渋谷・ヒカリエ8Fに構えるカルチャースペース「MADO」のオープニングイベントでした。窓、というと、むかし自分に足りないものは窓なのではないかと考えを拗らせていた時期がありまして。窓というのは、風が吹き入り、光が差し込んだり、時には人やそのほかの生き物たちの出入り口となったり、世界との接点となるような何か。暗く沈み、流動しないとなると心は簡単に腐ってしまうので、カルチャーメディアを運営する自分たちの場所が「MADO」と名付けられたことは、客観的に見ても素敵なことなんじゃないかなと思ったわけなのですが、いかがでしょうかね。オープニングイベントでは「ことば」をテーマにしたプログラムを各々が持ち寄り、僕はおとぎ話の有馬くん、シャムキャッツの夏目さん、GEZANのマヒトさん、寺尾紗穂さん、永原真夏さん、けものの青羊さんを招いた歌とことばにまつわるトーク&ライブを企画しました。ことばも世界や他人との接点であるなあと(それゆえに時に息苦しさの原因にもなったりする)、そのいろいろな形の愛らしさや奥深さに想いを馳せた2日間でした。ともあれ、「MADO」のこと、どうぞよろしくお願いします。

  • 川浦慧(CINRA.NET編集部)
    川浦慧(CINRA.NET編集部)

    育ってきた環境が違うから

    うちの家族はバーベキューが好きで、実家に帰るたびに庭でバーベキューをする。子供のころから夏の休日のお昼ごはんはバーベキューをすることが多かったので、自分のなかには「バーベキューとは」みたいなものが強くある。大人になってから友達や会社の人とバーベキューをするようになり、ドラマやCMのように、絵に描いたようなバーベキューをすることにとても驚いた。先日も会社のみんなでバーベキューをする機会があったのだけど、「これこそがバーベキューです!」というような絵に描いたような食材(串刺しのお肉とかスライスされたかぼちゃとか)が並んでいて、それはとても美味しくて楽しかったけど、わたしが知っている慣れ親しんだバーベキューではなかった。みんなはバーベキューって、あんなにおしゃれな食材を焼いて食べるの? うちは、ジンギスカンとか冷凍のフライドポテトとかを焼いて食べます。

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    MADOオープニングイベントを実施

    大学時代、池袋の新文芸坐で初めて味わった「サイレント映画の活動弁士付き上映」。作品は小津安二郎の『淑女と髯』。それは、とてもとても感動する体験でした。映画それ自体の素晴らしさは知っていても、その世界を言葉で豊かに拡張していく作業。そのときの感動を、自分と同世代、または下の世代にも体験してほしく企画したのが、日曜に実施した『キクシネマ』でした。CINRAが渋谷ヒカリエに新しくオープンしたスペース、MADO。14日、15日に開催した、そのオープニングイベント『ことばのNEWTOWN』のプログラムのひとつで、F・W・ムルナウ『都会の女』を活動弁士・片岡一郎さんの解説と上屋安由美さんの伴奏付きで上映しました。ヒカリエで、「活動弁士」という現在の日本では馴染みが薄くなったカルチャーに触れてもらいたい。そんな思いで考えた企画です。防音や遮光が完璧な映画館ではないので、上映環境としてはもちろん反省がありますが(そのため無料にもしている)、片岡さんからも普段より若い人が多かったと言っていただき、当初の目的は達成できたかなと思います。ご協力いただいたGucchi's Free Schoolや片岡さん、上屋さん、そしてご来場くださったみなさん、ありがとうございました。MADOもよろしくお願いします。

  • 中田光貴(CINRA.NET編集部)
    中田光貴(CINRA.NET編集部)

    MADOがオープンしました

    CINRAによる新スペース「MADO」が、7月14日に東京・渋谷ヒカリエ8階にオープンしました。それに際して7月14日、15日には、オープニングイベント『ことばのNEWTOWN』を開催。そのなかで私は『ことばであそぼう ~言葉のプロに言葉のあそびかたを学ぶ~』の企画とMCを担当しました。人生初MCということでガチガチに緊張してしまったのですが、ご登壇いただいた木下龍也さん、佐藤満春さんの軽快なトークのおかげで密度の濃い時間を届けることができたと思います。個人としても、組織としても、課題が多く出たイベントではありましたが、これからも一人でも多くのお客様に楽しんでいただけるように努めてまいりますので、これからもよろしくお願い致します!

  • 今週のインターンだより
    今週のインターンだより

    簡単だからこそ難しい

    私は大学でアカペラサークルに所属しています。先日、外部向けライブの出演バンドを決めるためのオーディションが行われ、私は3バンド応募し1バンドの出演が決まりました。結果発表での皆の涙はとても複雑なものでした。そのうちの1つのバンドで通らなかったという結果を受けて、今までそれぞれが思っていたことを初めて腹を割って話し合いました。事態は深刻。解散の危機です。でも私は1年半共に歌ってきた仲間たちとの解散をその場で口にすることはできませんでした。「もう無理だよ」と口にすることは「簡単だ」と私は思っていたけれど、その考え方ほど無責任で腹立たしいものはないと考え直しました。それが皆のこの先を真剣に考えた上での決断なのであれば、口にすることは決して簡単ではなく、皆を思うからこその賢明な判断なのかもしれないと。次回集まる時にはこのバンドの今後が決まります。どんな結果になろうと皆にとって何がベストなのかを見極めて、一番いい方向に進む事を願いつつ今はテスト勉強に全力を注ぎます、、。(インターンA)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施