今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2019年11月19日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    “パラダイムシフト”から“Dive to Mars”へ

    「調べれば調べるほど、学べば学ぶほど、何も知らずただ生きてきてしまったことを反省する」というのは、小谷美紗子さんが9月にアルバム『yeh』をリリースされた際にセルフライナーノーツに書かれていた言葉。小谷さんが恵んでくださったその言葉の通り、生きれば生きるほど知らないことが増えていく、というのを特に最近実感している。パノラマパナマタウンが先週リリースしたアルバム『GINGAKEI』は、この世は知らないことだらけなんだから、狭い世界に閉じこもってる暇なんてないぜ、もっと外の世界を見てこいよ、と背中を蹴り飛ばしてくれるような内容だった。いろんなことをもっと知りたい、勉強したい、でもダラダラもしたい、ああ時間って永久に足りないな、と思いながら過ごしている今日この頃です。話は遠回りしてしまいましたが、そんなパノラマパナマタウンのメッセージを「音」だけではなくて「五感」で体感してもらえるイベントを企画しました。謎解きゲームや、銀河系デザインのフォトブース、手刷りTシャツの販売など、アルバム『GINGAKEI』を聴けばより楽しめる、でも聴いてなくとも楽しめるイベントです。今週末、家で過ごすのもそれはそれで至福だろうけど、外に出ることで出会える気持ちもきっとあるから。

  • 中田光貴(CINRA.NET編集部)
    中田光貴(CINRA.NET編集部)

    トゥクトゥトゥーン

    最近、めちゃくちゃ愛媛に行きたい。なぜならカンチの故郷だから。というわけで、最近ずっと欲しかった『東京ラブストーリー』のシナリオ集を買ったので、仕事終わりの楽しみに読んでいます。序盤は坂元裕二の描く登場人物の会話の軽やかさに背中を押されてどんどん読み進めていたのですが、クライマックスが近づくにつれ、そこに辿り着きたくなくて、ページをめくるスピードが徐々に落ちてしまって、なかなか読み終わりません。『東京ラブストーリー』を初めて観たのは、去年テレビでやっていた再放送。当時の私は、物語の舞台にもなっていた恵比寿に勤務していたため、恵比寿駅に到着したタイミングで“ラブ・ストーリーは突然に”をiPodから流し、頭のなかで1人『東京ラブストーリー』ごっこを毎朝繰り広げるほど、すっかり作品の虜になっていました。今は、愛媛で聖地巡りをするか、先にBlu-ray Boxを買うかで悩んでいます。ちなみに、“ラブ・ストーリーは突然に”のイントロって、「トゥクトゥーン」と表されることが多いけど「トゥクトゥトゥーン」の方が近いですよね。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」