特集 PR

活況するドキュメンタリー映画シーン。注目の若手アジア作家たち

活況するドキュメンタリー映画シーン。注目の若手アジア作家たち

国際交流基金アジアセンター
テキスト
小林英治

1989年から隔年で開催されている『山形国際ドキュメンタリー映画祭』は、ドキュメンタリーに特化した映画祭として、世界中のフィルムメイカーたちにとって登竜門の1つになっている映画祭だ。なかでも、アジアの新しい才能を紹介するコンペティション部門「アジア千波万波」は、世界の最新のドキュメンタリー映画を上映するインターナショナル・コンペティションと並んで大きな注目を集め、同時にアジアの映画作家たちが世界の作家たちと出会い交流を深めることのできる最高の機会となっている。

いま、アジアのドキュメンタリー映画を取り巻く現状はどのようになっているのか。2015年10月に同映画祭の関連企画として行われた、東南アジアの若手映画作家たちによるトークの発言とあわせて紹介しよう。

(メイン画像:©halken)

ドキュメンタリー映画の劇場公開本数が増えている

近年、日本国内でドキュメンタリー映画を目にする機会が多くなっている。ジャンル別の統計データは資料がないため正確な本数は不明だが、年間で公開される映画の総数は年々増加しており(日本映画製作者連盟の統計によれば2001年の644本から2015年は1136本と15年間でほぼ倍増)、ドキュメンタリー映画もそれに比例していると考えてよいだろう。加えてデジタル機材の普及により、劇映画に比べて低予算・少人数で制作できることや、対象や題材の独自性がアピールできるため、いわゆるミニシアターなどの映画ファン以外の、別の層の動員が見込めるといった興行面での理由も増加の原因として考えられるだろう。

『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』上映作品 『ストーム・チルドレン 第一章』(2014年)
『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』上映作品 『ストーム・チルドレン 第一章』(2014年)

『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』上映作品 『瞬く光の中で』(2013年)
『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』上映作品 『瞬く光の中で』(2013年)

「事実は小説よりも奇なり」というように、撮影中の予期しない出来事やカメラを向けた人からふと口をついて出る驚くべき真実など、フィクションでは決して書けない筋書きは、ドキュメンタリーならではの醍醐味だ。また、国内では、特に東日本大震災後を機に高まったこれまでの社会のあり方への疑問やマスメディアへの不信から、普段のニュースでは情報としてしか伝えられない社会の動きや問題に焦点を当てた作品が増えるなど、インディペンデントで自由度のあるメディアとして、映画の力が見直されているとも言えるだろう。対象を追いながら監督自身も変化していくカメラの背後の姿が垣間見えるのもドキュメンタリー作品の大きな特徴だ。

世界的な話題作、映画作家を輩出する『山形国際ドキュメンタリー映画祭』

そうしたドキュメンタリー映画のなかでも、普段映画館で見ることができない未配給の作品、また「ドキュメンタリー」という枠にとらわれない自由な発想による実験的な作品を見ることができる機会として、1989年から隔年で開催されている『山形国際ドキュメンタリー映画祭』(以下『YIDFF』)がある。昨年10月に開催された第14回では、長編作品を公募するインターナショナル・コンペティション部門に世界各国から過去最高となる1196本の応募があり、8日間の期間中に上映された作品総数は165本、入場者数は24290人に上る活況を呈した。

『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』ポスタービジュアル
『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』ポスタービジュアル

『YIDFF』のインターナショナル・コンペティションでの受賞がきっかけで、世界的な評価を受けたり、一般劇場公開が決まった作品も多い。なかでも、2001年に『真昼の不思議な物体』で『優秀賞』を受賞したタイのアピチャッポン・ウィーラセタクンは、2010年には『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)』を受賞。ドキュメンタリー、フィクション、アートと、ジャンルを横断してさまざまなスタイルで作品を制作し続けている作家の一人だ。近年では、2013年に『山形市長賞(最優秀賞)』を受賞したジョシュア・オッペンハイマーの『アクト・オブ・キリング』が、1960年代にインドネシアで起きた大虐殺の加害者たちがカメラの前で過去の行ないを再演させるという前代未聞の手法をとり、翌年の劇場公開でも大きな話題となった。

その一方で、『YIDFF』ではアジアの新しい才能を応援する、もう1つのコンペティション部門「アジア千波万波」があることも大きな特徴だ。映画祭は、作品を出品するアジアの映画作家たちが世界と出会い交流を深める絶好の機会にもなっており、期間中にはシンポジウムや討論会も多数開催されている。昨年は、国際交流基金アジアセンターとの共催で「アジア・フィルム・コミュニティ きらめく星座群」と題したプログラムが実施され、その中の1つとして、『シンガポール国際映画祭』のディレクターでもあるシンガポールの映画批評家、フィリップ・チアをモデレーターに、「アジア千波万波」に出品したシンガポール、ミャンマー、フィリピン出身の4人の若手監督たちによって、「東南アジアから世界へ―映画づくりの現在」をテーマにしたトークセッションが行われた。

Page 1
次へ

イベント情報

『「アジア千波万波」特別企画ディスカッション:東南アジアから世界へ ― 映画づくりの現在』

2015年10月13日(火)
会場:山形県 山形美術館
司会:フィリップ・チア
参加者:
キン・マウン・チョウ
ジム・ランベーラ
ガージ・アルクッツィ
ダニエル・フイ
料金:無料

『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』

2015年10月8日(木)~10月15日(木)
会場:山形県 山形市中央公民館ホール、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、山形まなび館、遊学館
料金:
前売 1回券1,100円 3回券2,700円 10回券6,500円 共通鑑賞券(フリーパス)11,000円
当日 1回券1,300円 1回券シニア1,100円 3枚券3,200円 10回券9,000円 共通鑑賞券(フリーパス)13,000円
※高校生以下無料
※障害者手帳、療育手帳をお持ちの方とその付添人には当日券を前売料金で販売
※共通鑑賞券には『公式カタログ2015』引換券付き

イベント情報

『山形国際ドキュメンタリー映画祭』

1989年、当時の主催者である山形市の市制100周年記念行事としてはじまった、アジア初の国際ドキュメンタリー映画祭。2年に一度、10月に開催されている。その上映の範囲は、世界の最新ドキュメンタリー映画を上映するインターナショナル・コンペティション、アジアのフレッシュな才能を紹介する「アジア千波万波」など、アジアの映画作家たちが西洋の作家たちと出会い交流を深めることのできる最高の機会となっている。

プロフィール

フィリップ・チア

シンガポール出身。玩具とレコード盤を収集するマニア / 映画批評家。『Big O』編集責任者、アジア映画促進会議の副代表。多くの東南アジアの映画祭でプログラム編成のコンサルティングを手がける。『YIDFF』には、アジア映画国際会議(1991年)、NETPAC審査員(1995年)、アジア千波万波審査員(2013年)として参加。

キン・マン・チョウ

ミャンマー、モン州タンビューザヤッ出身。現在ヤンゴン在住。2011年からヤンゴン・フィルムスクールに参加してはじめてドキュメンタリー制作に携わる。『船が帰り着く時』は監督としてのデビュー作。

ジム・ランベーラ

フィリピン出身。マニラと出身地のバタンガスを行き来している。バタンガスとのつながりの深さは、『太陽の子』(2013年)や、現在製作中のドキュメンタリーフィクション『Wala ng Lawa(The Mysteries of Taal)』を含めて、すべての映画に一貫している。

ガージ・アルクッツィ

シンガポール出身。はじめて短編映画を制作したときに多くの友人たちが関わってくれて以来、映画作りに夢中になる。サラエボのタル・ベーラが主宰する「フィルム・ファクトリー」に参加し、『太った牛の愚かな歩み』(2015年)を監督。ボスニア・ヘルツェゴビナで全編撮影された初長編映画を制作中。

ダニエル・フイ

シンガポール出身。映像作家、ライター。カリフォルニア芸術大学映画学科卒業。インディペンデント映画集団「13 Little Pictures」の設立者の一人でもある。『蛇の皮』(2014年)は長編2作目。現在、新しい長編映画の制作に取り組んでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)