特集 PR

劇場を舞台にした異色の展覧会 八木良太&青田真也対談

劇場を舞台にした異色の展覧会 八木良太&青田真也対談

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:高見知香

塩田千春、小金沢健人、泉太郎、さわひらきといった実力派若手アーティストの個展を2007年より開催してきた神奈川県民ホールギャラリー。それと並行して隔年で開催してきたのが『日常/』シリーズというグループ展だ。『日常/場違い』(2009年)、『日常/ワケあり』(2011年)と題して、国内の若手作家や、海外を活動拠点とする作家をセレクションし、巨大な吹き抜け空間を特徴とする会場に多彩な作品を紹介してきた同グループ展。その第3弾が、会場をKAAT神奈川芸術劇場に移し『日常/オフレコ』をテーマとして間もなく開催される。

今回の記事では開催に先立って、5人の出品作家(青田真也、安藤由佳子、梶岡俊幸、佐藤雅晴、八木良太)のうち、八木良太と青田真也の対談をお送りする。関西・中部を中心に活動、既製品を主素材としつつ、さらに手を加えることでその価値を揺らがすような作品を発表してきた二人に、アーティストとしての制作姿勢、アート観を聞いた。

僕のほうが後輩なので、学生の頃から八木さんの作品を「面白いな、すごいな」と思って見ていました。(青田)

―お二人が一緒に展示されるのは、今回の『日常/オフレコ』展がはじめてですか?

八木:そうですね。でも、5年くらい前から面識はあって。お互いに関西でも活動しているので。

青田:僕のほうが後輩なので、学生の頃から八木さんの作品を「面白いな、すごいな」と思って見ていました。今は名古屋在住ですが、実家は大阪で大学は京都だったんです。

八木:神戸アートビレッジセンター(以下KAVC)で『Exhibition as media』(2007年)という若手アーティストのグループ展に僕が参加して、その翌年に同じKAVCで開催した若手アーティスト支援企画『1floor(ワンフロア)』に青田さんが参加していたんですよね。直接的に展示で関わることは今までなかったんですが、どこかで青田さんとはつながっているイメージはありました。

青田:僕もかなり初期の頃から八木さんの作品を見ていたので、その実感はあります。たしか2006年に京都のMATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/wで個展をされてますよね。そのときも磁気のカセットテープを使った音の作品で、「八木さん=音を使う人」っていう印象が。

青田真也
青田真也

―八木さんは、磁気テープを使った作品をかなり多く発表してこられていますよね。そのときはどんな内容だったんですか?

八木:『文字の存在論のために』っていうタイトルの展覧会だったんですけど、人が本のテキストを読んでいくスピードとカセットテープが進んで行くスピードってだいたい同じなのかな、というアイデアからスタートした作品を展示してました。カセットテープは秒速4.75cmで再生されるんですけど、そのスピードに合わせてテキストを音読した声をテープに吹き込んで、さらにそのテープで本のテキストを隠して鉛筆の先に付けた磁気ヘッドで読み込んでいくっていう。当然きちんとは読めなくて、きれぎれの音が聴こえるだけなんですが。今展でも磁気テープを使った新作を展示するので、その辺は自分の中でもずっとつながり続けている感じではありますね。

八木良太
八木良太

青田:今でもはっきり展示を覚えています。

八木:でも、僕もKAVC以前から青田さんの作品は観ていましたよ。能面の表面を削っていた作品はかなり前ですよね?

青田:そうですね。当時から能面とか熊の置物の表面をやすりで削っていく作風でした。

八木:あるモノを全然違うモノに変化させるシンプルでストイックな手法って、僕の手法と似ているのですが、作家が見せたいものがはっきり分かる気がするんです。実際の手数はもっと複雑かもしれないけれど、青田さんがやろうとしていることが分かる気がして面白かったです。

Page 1
次へ

イベント情報

神奈川県民ホールギャラリー 2013年度企画展
『日常/オフレコ』

2014年1月11日(土)〜1月30日(木)
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
時間:10:00〜18:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
青田真也
安藤由佳子
梶岡俊幸
佐藤雅晴
八木良太
料金:一般600円 学生・65歳以上500円 高校生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料

『日常/オフレコ』×アート・コンプレックス2014
つむぎねパフォーマンス『さく』

2014年1月17日(金)、1月18日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
出演:つむぎね(主宰・演出:宮内康乃 パフォーマンス:ArisA、浦畠晶子、大島菜央、鈴木モモ、ツダユキコ、中尾果、宮内康乃、森戸麻里未、やまもとまりこ)
料金:2,000円

出品作家によるトーク
2014年1月11日(土)14:00〜
出演:青田真也
2014年1月11日(土)15:00〜
出演:安藤由佳子
2014年1月12日(日)14:00〜
出演:梶岡俊幸
2014年1月12日(日)15:00〜
出演:佐藤雅晴
2014年1月12日(日)16:00〜
出演:八木良太

本展の展示設営をしたテクニカルスタッフトーク
2014年1月13日(月・祝)時間未定

学芸スタッフトーク
2014年1月18日(土)11:00〜、1月19日(日)11:00〜

岡田利規(チェルフィッチュ主宰)×中野仁詞(本展企画学芸員)トーク
『インスタレーションとパフォーミング・アーツ』
岡田利規書き下ろし小説(本展カタログ収録)リーディング

2014年1月19日(日)14:00〜
出演:山縣太一(チェルフィッチュ)

寒川晶子(ピアノ)パフォーマンス
テニスコーツパフォーマンス

2014年1月25日(土)15:00〜(予定)

プロフィール

八木良太(やぎ りょうた)

1980年愛媛県生まれ、京都府在住。2003年京都造形芸術大学空間演出デザイン学科卒業。音響作品をはじめとして、オブジェや映像、インスタレーションからインタラクティブな作品まで、多様な表現手法を用いて制作を行なう。身近なものを題材にして、それらが持つ機能を読み替え再編集することによって関係性や価値を反転させ、もう1つの意味を浮かび上がらせる。

青田真也(あおた しんや)

{1982年大阪府生まれ。身近な既製品や大量生産品の表面をヤスリで削り落とし、見慣れた表層を奪い去ることで、それらの実質や情報などの価値を問い直す作品を制作。近年は「モノ」にとどまらず、「空間」に対しても同様のアプローチを行っている。主な展示に、2010年『あいちトリエンナーレ2010』、『個展』(青山|目黒)、『ポジション2012』(名古屋市美術館)など。2014年2月には東京都現代美術館『MOTアニュアル2014』に参加予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)