特集 PR

高橋幸宏がいたから、宮内優里の10年がある。師匠の思想を学ぶ

高橋幸宏がいたから、宮内優里の10年がある。師匠の思想を学ぶ

宮内優里『宮内優里』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

2006年のデビュー作『parcage』で、日本のエレクトロニカ界に彗星のごとく登場した宮内優里。当時はmiyauchi yuriと名乗っていた彼の才能にいち早く惚れ込んだのが、高橋幸宏だった。ライブでの共演やリミックスなどでの関わりを経て、2011年のアルバム『ワーキングホリデー』には高橋がゲストボーカルで参加。そんな経験が宮内にとって大きな財産となっていたことは、言うまでもないだろう。

デビュー10周年の記念すべき年に発表される宮内の新作は、その名も『宮内優里』。全編インストゥルメンタルに回帰して、一聴『parcage』を連想させるが、10年間の様々な歩みがここに凝縮され、まったく違う次元の作品になっている。そこで今回は高橋を招き、宮内と二人でデビューからの歩みを振り返ってもらった。現状にとどまることを良しとせず、常に「出口主義」を掲げる高橋の音楽家としてのあり方は、宮内にも確実に影響を及ぼしていたことがよくわかる対談になったように思う。

最初に聴いたとき、日本人だと思わなかったんです。(高橋)

―幸宏さんは宮内さんのことをいつ頃知ったのでしょうか?

高橋:僕が『BLUE MOON BLUE』(2006年)を出した頃に、Rallye(レーベル)から出た『parcage』を聴いて、「日本でこういうエレクトロニカをやってる人がいるんだ」と感心して。それで僕のツアーに出てもらったんです。

高橋幸宏
高橋幸宏

宮内:僕、そのときまだ10回くらいしかライブをやったことなかったから、お誘いをいただいたときに、「出たいですけど、責任が取れません」って言った覚えがあります(笑)。

高橋:そのツアー(『高橋幸宏 Presents 4 MOONS' LIVE“Something Blue”』)がちょっとフェスっぽい感じというか、アルバムに参加してもらったスティーヴ・ジャンセン(ドラマー、元JAPANのメンバー)とかマーク・ビアンキ(HER SPACE HOLIDAY名義でも知られるシンガーソングライター)にも出てもらって、最後に一緒に演奏するというものだったんです。そのトップバッターだったから……結構きつかったと思う(笑)。

宮内:今思うとホント恐ろしいことに挑戦したと思うんですけど、当時は若過ぎて怖さを知らなかったんですよね。すごく覚えてるのが、用賀の大きいスタジオで通しリハがあって、そのときに初めて幸宏さんにお会いしたんですけど、僕がVJでふざけた映像を使ってたから、「幸宏さんに怒られないかな?」とビビっていて。そのときが一番緊張しました(笑)。

宮内優里
宮内優里

―幸宏さんは宮内さんのどこに一番の魅力を感じたのでしょうか?

高橋:最初に聴いたとき、日本人だと思わなかったんです。Morr MusicかKaraoke Kalk(どちらもエレクトロニカを代表するドイツのレーベル)の人かなって。

宮内:当時Rallye Labelからリリースしていたアーティストはほとんどが海外の人で、日本人はほぼいなかったんです。


高橋:で、「そのうち誰かと一緒に歌やったら?」みたいな話をしてたら、実際にその後ゲストボーカルを入れた歌ものをやるようになって。でも今回のアルバムを聴いたら、またインストに戻ってた(笑)。

宮内:売れなさそうなものを作っちゃいました(笑)。

―宮内さんにとって幸宏さんはどんな存在だったんですか?

宮内:僕は生まれたのがYMOの散開の年(1983年)なので、小さい頃から聴いていたというわけではなくて、しっかり聴くようになったのはSKETCH SHOW(高橋と細野晴臣によるエレクトロニカユニット)からです。20歳前後の頃、エレクトロニカをいろいろ聴き漁ってる中で、「なんてかっこいいおじさんたちだ」と思って。

高橋:SKETCH SHOWが2002年に1枚目(『AUDIO SPONGE』)をavexから出したとき、ものすごい数の取材を受けたんですよ。そうすると、中には小賢しいインタビュアーがいて、「エレクトロニカよりもフォークトロニカに近いんじゃないか?」とか言うわけ。それで、だんだん細野さんとかむっとしてきちゃって、次の年に出したアルバムが「なにトロニカって呼ばれてもいいよ」という意味で『tronika』だった(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

宮内優里『宮内優里』(CD)
宮内優里
『宮内優里』(CD)

2015年11月4日(水)発売
価格:2,489円(税込)
Rallye Label / RYECD-231

1. neuh
2. juis
3. etik
4. pib
5. seloe
6. yeram
7. hol
8. kowp
9. vedu
10. roaim

イベント情報

宮内優里
『IMPRO』

2015年11月27日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:福岡県 TAGSTA

2015年11月28日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:大分県 日田 リベルテ

『宮内優里&sugar me TOWER RECORDS 新宿店 インストアライブ』

2015年12月17日(木)START 21:00
会場:東京都 TOWER RECORS 新宿店 7F
料金:無料

リリース情報

METAFIVE『META』(CD)
METAFIVE
『META』(CD)

2016年1月13日(水)発売
価格:3,024円(税込)
WPCL-12294

1. Don't Move
2. Luv U Tokio
3. Maisie's Avenue
4. Albore
5. Gravetrippin'
6. Anodyne
7. Disaster Baby
8. Radio(META Version)
9. W.G.S.F.
10. Split Spirit(META Version)
11. Whiteout
12. Threads

イベント情報

METAFIVE
『METAFIVE “METALIVE 2016”』

2016年1月21日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI
料金:7,800円(ドリンク別)

プロフィール

宮内優里(みやうち ゆうり)

作曲家。1983年生まれ。これまでに5枚のアルバムをRallye Labelよりリリース。アルバムには高橋幸宏、原田知世、小山田圭吾、星野源など、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。ライブでは様々な楽器の音をたった一人でその場で多重録音していく「音の実験室」ともいうべき空間を表現する。映画『リトル・フォレスト』(監督:森淳一/主演:橋本愛)や『グッド・ストライプス』(監督:岨手由貴子/主演:菊池亜希子、中島歩)などの映画音楽、NHK・Eテレのテレビ番組『Q~こどものための哲学~』や舞台・ドラマ・CMへの楽曲提供など、活動の幅を広げている。2015年11月に約3年ぶりとなる最新作『宮内優里』を発売。

高橋幸宏(たかはし ゆきひろ)

1972年、Sadistic Mika Bandに参加。1978年、細野晴臣、坂本龍一とともにYellow Magic Ochestra(Y.M.O.)を結成、国内外に大きな影響を残したが、1983年12月をもって「散開」。ソロ活動と併行して鈴木慶一(ムーンライダーズ)とのTHE BEATNIKSとしても活動。2001年には細野晴臣とSKETCH SHOWを結成。2008年、原田知世、高野寛らとともにpupaを結成。2013年にはIn Phase、2015年には小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井とのMETAFIVEと、近年は年下の音楽家たちとのバンド活動が顕著である。2008年『WORLD HAPPINESS』を東京・夢の島で開催。以降、毎年10数組のアーティストが参加し、好評を博している。2016年1月13日には、METAFIVE初のオリジナルアルバム『META』が発売されることが発表された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)