特集 PR

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×宮内優里対談

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×宮内優里対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

今年で結成15周年を迎えたSpangle call Lilli line(以下、スパングル)が、キャリア2枚目となるベストアルバム『SINCE2』を発表する。さまざまなプロデューサーを迎え、作品ごとに多彩な音楽性を提示してきた「第2期」スパングルの、まさに集大成と呼ぶべき作品である。また、初期の名曲“nano”を、宮内優里と凛として時雨のTKがリミックスし、さらにはsalon musicの竹中仁見、la la larksの内村友美(元School Food Punishment)、aoki laskaをボーカルに迎えたリアレンジなども収録した、全曲“nano”のDISC2もついた、豪華2枚組となっている。

このアルバムのリリースを記念して、スパングルの藤枝憲と宮内優里を迎えての対談をお届けする。スパングル、宮内ともに、これまでもCINRAのインタビューに登場いただいているが、とにかく活動のスタンスは対極と言ってもいいぐらいに異なる。ライブ活動休止から3年が経過し、SNSでのセルフプロモーションもほぼゼロ、普段は別の仕事をしていて(藤枝の本業はデザイナー)、基本的に作品の発表時にしか露出のないスパングルに対し、身一つで全国を回ってライブ活動を続け、UstreamやTwitterを駆使し、ファンとのコミュニケーションを楽しむ宮内。このように両者の違いは明確なのだが、音楽業界及び、音楽のあり方そのものが変容を続ける中、あくまで独自のスタンスを保っているという意味で、この二組は共振することができるのだ。この日は藤枝が持ち前のプロデューサー気質を発揮して、宮内の活動を解析し、今後の展望までも披露。もちろん、その語り口からはスパングルの活動理念もはっきりと見えてくる、有意義な対談になったと思う。

活動的には……オフシーズン(笑)。(藤枝)

―まずは、スパングルの近況からおうかがいしたいのですが。

藤枝:バンドが今年で15周年なので、ホントは年明けぐらいにベスト盤を出せればいいと思ってたんです。でも、年末に大坪さんに子どもが生まれて、今は産休期間で。

―「New Season」に入ったかと思いきや(笑)。

藤枝:そう、前作『New Season』をリリースした途端に大坪さんに子供ができ(笑)。なので活動的には……オフシーズン(笑)。でもせっかくベストを作るなら、ただ曲をまとめただけよりは、何かオマケっぽいのがあった方がいいと思って、DISC2を作りました。

―そのDISC2の方に、宮内さんがリミックスで参加されていますね。

藤枝:宮内君と僕は同郷なんです。僕はもともと千葉の房総の方の出身なんですけど、ここ何年かは千葉市に住んでて、そしたらよく行ってたカフェの近くの花屋で宮内君が働いてたことを知って。

宮内:3、4年前に1年間ぐらい働いてました。街のお花屋さんみたいな感じのところで。3rdアルバムを出すぐらいまでですかね。

藤枝:宮内君が千葉でライブをやったのを見に行ったときに、ライブのMCでこの話を聞いて驚きましたね。僕、その花屋の前をかなり通ってたんで(笑)。ちょうどその前後に宮内君が所属してるRallyeってレーベルから、京都の恵文社と「本とコーヒー」がテーマのカバーコンピを作るから、「宮内君の“読書”をカバーしませんか?」って頼まれてて。聴いたら、ミニマルなギターアレンジのめちゃめちゃいい曲で、さらに星野源くんが歌ってて、「これ、やりづら!」って思って(笑)。

―(笑)。

藤枝:なので、そのカバーはピアノ1本で大坪さんが歌うっていう、真逆のフェミニンな感じにしたんです。


宮内:そのカバーをレコーディングした日に僕のライブに来てくれたんですよね?

藤枝:そう、そのとき初めてちゃんと宮内君と話したんです。

―それって去年ですよね? もっと以前からお知り合いかと思ってました。

宮内:僕はカバーの音源を先に聴けるものだと思っていたので、まさか先にメンバーにお会いできるとは思いませんでした。しかも、千葉で(笑)。

藤枝:千葉にミュージシャンの友達がいなかったんで、嬉しかったんですよね。

―千葉だったら他にもミュージシャンはいそうなイメージですけどね。

藤枝:勿論、バンドとかで有名な人はいて、それこそX JAPANとか……。「JAPAN」って、たぶんローカル色を隠したいんだと思うんですけど(笑)、hide以外の初期メンバーはみんな千葉出身だし、氣志團も木更津出身のメンバーが多いですよね。

宮内:BUMP OF CHICKENもそうですよね。

―すごく遠い人たちばっかりですね(笑)。

藤枝:そう、何のつながりもない(笑)。だから、宮内君はちょうどよかったというか。彼が最近引っ越した先もまたいい場所で。

宮内:何にもないところなんですけどね(笑)。でも、近くに川村記念美術館っていうところがあって、敷地内に公園や大きな池があるので、たまに行って美術館に入らない時は園内でのんびりしたりしてます(笑)。

藤枝:もしあの辺りに中学生が住んでたら、それこそBUMP OF CHICKENみたいに、星眺めながら曲作りそう。天体観測する以外にすることがないんじゃないかっていうぐらい静かなところで(笑)。でも、宮内君があの環境で音楽を作ってるのがすごくいいなって思って。録音してたら、虫が鳴く声が入っちゃったりしそうだけど……(笑)。

宮内:近くに田んぼがあるので、最近夜はカエルがすごいんですよ。なので、夜は編集する時間で、昼にレコーディングするっていう。


左から:宮内優里、藤枝憲(Spangle call Lilli line)

―その出会いをきっかけに、今回のリミックスの話にもつながったわけですね。

藤枝:宮内君の音楽の作り方が面白いなっていうのは前から思ってたんだけど、ライブを見て、この人はリミックス体質だなって思って。

宮内:リミックス大好きです。自分の曲を作るより、リミックスの方が好きです(笑)。

藤枝:今回のリミックスは割と緻密に練ってるよね?

宮内:いや、自分の中でのプロセスがある程度固まってて、実はそんなに一つひとつ緻密に作ってるわけじゃないんです。ラフにやってから、気になるところは修正するんですけど。

藤枝:でも、ちゃんとメリハリのある構成になってますよね。宮内君のライブって難しいことやってるじゃないですか? 一人でループを作ってライブをやるのって、かなりの制限もあるし曲の構成を作っていくのが大変だろうなって。


宮内:確かにワンパターンになりがちなんですよね。

藤枝:宮内君のライブって、曲をやってくうちにだんだん変わるのがいいですよね。毎回、曲が進化していって、もう何の曲かわかんなくなるっていう(笑)。リミックスをお願いしたときに「いつも通りやります」って言ってたのは、ライブみたいな感じでやるってことだったんですか?

宮内:ライブみたいにリミックスを作るというより、僕の場合は、レコーディング作業を無理やり縮めたのがライブなんです。だから、ホントはライブも1曲15分ぐらいかけてのんびりやりたいんですけど、それだとお客さんが飽きちゃうので、無理やり5分ぐらいでなんとか形にするんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『くつやのおんがく』

2013年6月23日(日)OPEN 14:00 / START 15:00
会場:埼玉県 senkiya
出演:宮内優里
料金:前売3,500円(大人) 1,000円(小学生) 無料(小学生未満)

『こうぼうのおんがく vol.3』

第1部『カ本をつくろう ワークショップ』
2013年7月7日(日)OPEN 13:00〜16:00
第2部『ライブ+工房の音を使って音楽制作+トーク』
2013年7月7日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 御徒町WOODWORK
出演:宮内優里
料金:1部(ワークショップ)+2部(ライブ)チケット7,000円(ドリンク別)
2部(ライブ)のみチケット 3,000円(ドリンク別)

プロフィール

Spangle call Lilli line(スパングル コール リリ ライン)

1998年結成。メンバーは大坪加奈、藤枝憲、笹原清明の3人。今までに10枚のアルバム、2枚のシングル、3枚のライブアルバムと、ベストアルバム2枚をリリース。数々のコンピレーションアルバムなどにも参加。ボーカル大坪加奈による「NINI TOUNUMA」名義のソロや、藤枝&笹原による「点と線」名義でのリリース、国内外のアーティストの作品への参加など、サイドプロジェクト等も精力的に活動。

宮内優里(みやうち ゆうり)

音楽家。1983年、和太鼓奏者の父とジャズシンガーの母のもとに生まれる。これまでに5作品のアルバムをRallye Labelよりリリース。アルバムには高橋幸宏、原田知世、小山田圭吾、星野源等をはじめ、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。ライブではギターと打楽器を中心に様々な楽器の音をその場でサンプリング/ループし、たった一人で演奏する”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年