特集 PR

長谷川祐子×ホンマタカシ アピチャッポンがこんなに愛される訳

長谷川祐子×ホンマタカシ アピチャッポンがこんなに愛される訳

『光りの墓』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織

「アピチャッポンが嫌いな人なんていません!」と断言してしまいたくなるくらい、タイの映画監督・アーティストのアピチャッポン・ウィーラセタクンの作品は魅力的だ。人や動物の境界線の曖昧さ。深い森や洞窟への不思議な旅。そして、始まりと終わりがループする時間感覚。それは、死者が戻ってくる「お盆」、あるいは「もののけ」「輪廻転生」といった概念に親しみのあるアジアの人であれば共有可能な感覚に満ちている。それは、今年1~2月に開催された特集上映『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2016』に、若者をはじめとする多くの人が殺到したことからも察せられる。

だが、いざその魅力を言葉にしてみようとするとうまくいかないのもアピチャッポン作品の特長である。わかるようでわからない、でもわかる、そんな彼の新作『光りの墓』を、キュレーターの長谷川祐子と、写真家のホンマタカシの二人に徹底的に読み解いてもらおう、というのがこのインタビューの趣旨である。一人の女性と、原因不明の病気「眠り病」にかかった男性兵士のラブストーリーであり、遠い過去との対話でもある『光りの墓』を通して、アピチャッポンの不思議な世界へと足を踏み入れよう。

アピチャッポンの映画には、撮り手の主体性や主観を超えたものが映っていて、見る喜びがあるんです。(ホンマ)

―アピチャッポンの作品が好きな人って大勢いますが、その理由を言葉にするのは難しいと感じていて。わからないけど好き、でも難しい。そんなアピチャッポンの謎に新作『光りの墓』を通じて迫っていきたいな、と。映画を見て、ホンマさんはいかがでしたか?

ホンマ:最初はビジュアルやストーリーが面白いと思ったんですけど、最近は音のイメージに惹かれますね。冒頭は、真っ暗ななかに、虫の音、工事の音が混ざっていて、ラスト近くではヘナヘナなハウスミュージックが野外エアロビの風景に重なっていく。サウンドデザインがとにかくかっこよかった。

長谷川:彼の映画の時間というのは、基本的に建築的なんです。最初シカゴで建築の勉強をしていたこともあって、「構造」が特徴的なアーティストだと思います。

―と言うと?

長谷川:『光りの墓』では、古代の王様の戦いがあり、彼らが葬られた墓があって、現在はその敷地に病院が建っているという設定です。そこに謎の眠り病に罹患した兵士たちが入院していて、生きているのか死んでいるのか簡単に分けられない、曖昧な状態に置かれている。そもそも病院自体が生死の境界を扱うところですけど、その横には工事現場があってガーガーと大きな騒音を発している。夢のようなロマンティックな場所の横に、身も蓋もない現実が対比的に置かれているそれぞれの空間構成が建築的です。ジョー(アピチャッポンの愛称。タイでは本名のほかに愛称を持つのが一般的)は、エモーショナルなメモリーを大事にする人でもありますけれど、一方でとても構造的と言えます。

『光りの墓』
『光りの墓』

『光りの墓』
『光りの墓』

―アピチャッポンが構造的というのは意外な指摘です。

長谷川:もちろんフレキシブルな柔軟性を持っている人ですよ。見た目はほんわかとして、若いお坊さんみたいですが(笑)。でもそれは、自分のなかに強固な構造を持っているからこそのフレキシビリティー、柔らかさなんですね。

アピチャッポン・ウィーラセタクン
アピチャッポン・ウィーラセタクン

ホンマ:構造的ですよね。先日公開された『世紀の光』とか、いくつかの作品が、前半と後半できれいに分割されているんですね。いくつかの話、空間がパラレルに進行していく映画は多いけれど、見事にまっぷたつに分かれるっていうのは他にあんまりない。あと、アピチャッポンの映画は、ラストがすごくいい。明確に終わりを示さない、スタート地点にぐるっと戻ってくるようなオープンエンディング。ほとんどの映画って、ラストに巧くまとめようとするからシラけるんだけど、アピチャッポンは本当に絶妙というか。『ブリスフリー・ユアーズ』の、ただ少女が上を見上げるだけのラストなんて感動的です。さっき西洋人の主体性の話を長谷川さんがおっしゃっていましたけど、アピチャッポンの映画には、撮り手の主体性や主観を超えたものが映っている。そこに見る喜びがあるんですよね。

―「見る喜び」っていい言葉ですね。

ホンマ:監督の意図をむりやり押し付けないんですよ。『光りの墓』でも、ニワトリかヒヨコがぴよぴよぴよって出てきますよね(笑)。ああいうところに改めてびっくりします。普通の映画だと、自然な風を装っていても「動物を入れたな。そして撮ったな」っていうような作為を感じる。でもあそこのシーンは、単に鳥が放置されている感じがした。それってなかなかできないことですよ。

長谷川:オープンエンディングは大事ですよね。以前ジョーがハリウッドムービーと自分の映画の違いについて語ったのが印象的でした。ハリウッドは観客の欲望を固定して想定して、そこに連れていくもの。だからおきまりの予定調和のゴールばかり。でも自分の場合は、監督の欲望が向かう方向に観客の手を携えて連れて行って、その先のフィールドで手を離す、あとは自分で行ってもらうようなものなんだ、と言っていました。

『光りの墓』
『光りの墓』

『光りの墓』
『光りの墓』

―『ブンミおじさんの森』(2011年)も『光りの墓』も、森やあの世に誘われるような感覚がありますね。

長谷川:あとはアジアの人の時間感覚がありますよね。西洋は、ここで始まってここで終わる、という1本のラインで歴史や時間をつなげようとします。でもアジアの時間は「輪廻転生」や「お盆」のように「円環」の考え方に基づいている。ここがゴールだと思っても、そこからまた別のループに入っていくような道行きです。だからジョーが大事にしている「記憶」というテーマも、模型のように固定化された過去のものではなく、記憶の「肌触り」のほうを重要視していて、それを思い出すことで、今この瞬間にリアリティーが蘇ってくるということを映画のなかでやっているんです。

Page 1
次へ

作品情報

『光りの墓』

2016年3月26日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:
ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー
バンロップ・ロームノーイ
ジャリンパッタラー・ルアンラム
配給:ムヴィオラ

『光りの墓』×CINRA.NET 特別割引クーポン

スマートフォンにて、下記URL先のクーポン画面を劇場窓口にてご掲示の方は、当日一般料金より200円引きします。
問い合わせ先:シアター・イメージフォーラム(03-5766-1119)

プロフィール

長谷川祐子(はせがわ ゆうこ)

京都大学法学部卒業、東京芸術大学大学院修了。水戸芸術館現代芸術ギャラリー、ニューヨーク・ホイットニー美術館研修、世田谷美術館、金沢21世紀美術館で活動。『マシュー・バーニー展』(2005年)などを手掛ける。2006年、多摩美術大学美術学部芸術学科教授、および同芸術人類学研究所所員に就任。同年より東京都現代美術館チーフキュレーターを務める。『イスタンブール・ビエンナーレ』(2001年)、『シャルジャ・ビエンナーレ』(2013年)などの海外展を企画。東京都現代美術館では『うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法』(2013年)、『ガブリエル・オロスコ展』(2015年)などを企画。近著に『「なぜ?」から始める現代アート』(NHK出版新書)、『キュレーション 知と感性を揺さぶる力』(集英社)など。

ホンマタカシ

写真家。1962年東京都生まれ。1999年 『東京郊外』(光琳社出版)で第24回木村伊兵衛写真賞受賞。著書に『たのしい写真 よい子のための写真教室』(平凡社)など。2016年4月イギリスの出版社「MACK」より、カメラオブスキュラシリーズの作品集『THE NARCISSISTIC CITY』を刊行予定。

アピチャッポン・ウィーラセタクン

映画作家・美術作家。1970年、バンコク生まれ。タイ東北部のコーンケンで育つ。両親はともに医者で、少年時代は病院が遊び場だった。幼少時からアートや映画に興味を持ち、映画館に通いだす。地元のコーンケン大学で建築を学んだ後、24歳の時にシカゴ美術館附属シカゴ美術学校(School of the Art Institute of Chicago)に留学、映画の修士課程を終了。1999年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で短編映画『第三世界』が上映され、国際的な注目を集める。同年、映画制作会社“キック・ザ・マシーン”を設立。2000年に完成させた初長編『真昼の不思議な物体』以来、すべての映画が高く評価される。2015年には新作『光りの墓』がカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され、大きな称賛を得た。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)