特集 PR

Salyuと小林武史が今振り返る、Lily Chou-Chouで表現した美意識

Salyuと小林武史が今振り返る、Lily Chou-Chouで表現した美意識

『「円都空間 in 犬島」produced by Takeshi Kobayashi』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:岩本良介 編集:矢島由佳子

小林武史がプロデューサーを務める音楽イベント『「円都空間 in 犬島」produced by Takeshi Kobayashi』が、10月8日から4日間にわたって、岡山・犬島にて開催される。

『瀬戸内国際芸術祭2016』秋会期のプログラムの一環として開催される同イベントでは、犬島精錬所美術館の発電所跡にて、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』に登場する架空の都市「円都」を、2時間におよぶ協奏組曲によって表現する。出演者には、YEN TOWN BAND、Lily Chou-Chou Projectをはじめ、安藤裕子、大木伸夫(ACIDMAN)、金子ノブアキ(RIZE)、Salyu、高桑圭(Curly Giraffe)、Chara、津野米咲(赤い公園)、TOKU(10月10日、11日のみ)、名越由貴夫、小林武史という面々が並ぶ。

小林武史は、今回の試みについて「あえて言うならば、2時間におよぶ協奏組曲」とコメントしている。果たしてどういうことなのか? 『円都空間 in 犬島』の出演者であり、岩井監督作『リリイ・シュシュのすべて』の立役者でもあるSalyuとともに、プロジェクトの背景と世界観を語ってもらった。

すべてが僕の中ではつながっているんです。(小林)

―今回の『円都空間 in 犬島』の構想はどのように始まったものなのでしょうか?

小林:今年のはじめくらいに『瀬戸内芸術祭』から誘いがあって、そこからですね。まず、犬島という場所が面白そうだなと思ったんです。かつて100年ほど前に、瀬戸内海の静かで地味な漁村に、新しい産業として銅の精錬所ができた。そこに発電所もできた。電気もなく、夜になったらロウソクを灯しているような島々の中で、そこだけ電気を使ってピカピカと光っているような場所だった。

でも、10年ほど経ったら、技術として時代遅れのものになってしまって、見捨てられてしまったんです。そこからずっと、空襲も受けず、あえて壊されることもなく、廃墟となってきた。その場所が今、美術館となっているんですね。

犬島精錬所美術館 近代化産業遺産 発電所跡 / 提供:福武財団
犬島精錬所美術館 近代化産業遺産 発電所跡 / 提供:福武財団

―昨年は越後妻有で行われた『大地の芸術祭』が、YEN TOWN BANDにとって20年ぶりの再始動の場になりました。そして今年の夏には、石巻で『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』(以下、『RAF × ap』 / イベントレポート:なぜ『ap bank fes』は総合祭になる? 小林武史や櫻井和寿の想い)が行われました。アートと音楽との関わりという意味では、今回の『瀬戸内芸術祭』で行われる『円都空間 in 犬島』も、それらとつながっているプロジェクトだと思うのですが、そのあたりはいかがでしょうか。

小林:『円都空間 in 犬島』に関しては、『瀬戸内芸術祭』と『大地の芸術祭』のディレクションを手がけている北川フラムさんから声をかけていただいたんです(北川フラムと小林武史によるトークイベントレポート:YEN TOWN BANDの復活は、なぜ音楽フェスではなく、『大地の芸術祭』でなければならなかったのか?)。越後妻有の過疎の集落に光を見出している『大地の芸術祭』に影響を受けて、僕らとしては、被災地でそういうことができないかと思って『Reborn-Art Festival』を始めた。アートと音楽と、地方や食や、いろんなものをつなぐやり方に関して影響を受けたのは間違いないです。

そこで、来年の本祭に向けてのプレイベントとして『RAF × ap』を開催した後に、僕としては『Reborn-Art Festival』をスタートするきっかけの種をもらったようなところもある北川フラムさんに、もう一度ボールをパスするような気持ちがありました。だから、YEN TOWN BANDが『大地の芸術祭』で復活したこと、僕らが石巻で『Reborn-Art Festival』をやっていること、そこにYEN TOWN BANDが出演したこと、すべてが僕の中ではつながっているんです。

小林武史
小林武史

―Salyuさんは、今年の『RAF × ap』にも出演されましたが、どんな体験でしたか?

Salyu:そうだなあ……純粋に楽しかったです(笑)。感動しましたね。私にとってはデビュー当時から『ap bank fes』が夏の恒例行事になっていて。さまざまなパワーと才能あふれる方々のステージを拝見して、コミュニケーションをとらせていただく、特別な場だったんです。

今年、また新たな機会に自分も参加させていただいて、さまざまなアーティストの持っているエネルギーが、想像もつかない強さで自分の心や命を躍動させてくれるような感動がありました。そこでは、小林さんや桜井さん(和寿 / Mr.Children、Bank Band)にやや近いところにいる人間として、ホスト役でお手伝いできることもあって、とにかくありがたかったですね。

Salyu
Salyu

―小林さんは、『RAF × ap』を終えてどんな感慨がありましたか?

小林:51日間にわたって開催される、来年の本祭にむけての手応えを掴めましたね。音楽の多様性もそうだし、アートとの関わり方もそう。食についても、単に優秀なケータリングの人たちを集めるだけではなくて、生産者からお客さんにまでつないでいく流れを、才能あるシェフたちとともに作っていくことができた。これは『ap bank fes』のときからやりたかったことだったんです。それらすべてが、石巻という被災地に根付いていく過程を確認できたということ。それがまずひとつ、よかったことですね。

―言ってしまえば、昨年の『大地の芸術祭』からではなく、2000年代の『ap bank fes』から連続性があるわけですね。

小林:そうですね。『ap bank fes』は、2012年の休催から4年経っていたけれど、ちゃんとバトンがわたっているんだなという思いもありました。僕らの中に染み付いた流儀もあるし、それは開催場所が静岡から東北に移っても、お客さんと共有できるものだった。「今まで行きたかったけれど行けなかった」という人たちにとっても、喜んでもらえましたしね。

加えて、Bank Band自体も少し進化していたと思います。より多様な、柔軟かつ機動力を持てるバンドになっていたんです。1970年代の複合型のロックのような、ジャズとロックとポップが混ざったような、面白いライブサウンドを鳴らせるようになっていました。

Page 1
次へ

イベント情報

『「円都空間 in 犬島」produced by Takeshi Kobayashi』

2016年10月8日(土)~10月11日(火)
会場:岡山県 犬島 犬島精錬所美術館 発電所跡
出演:
YEN TOWN BAND
Lily Chou-Chou Project
安藤裕子
大木伸夫(ACIDMAN)
金子ノブアキ(RIZE)
Salyu
高桑圭(Curly Giraffe)
Chara
津野米咲(赤い公園)
TOKU(10月10日、10月11日のみ)
名越由貴夫
小林武史

映像監修:岩井俊二

料金:12,000円

プロフィール

小林武史
小林武史(こばやし たけし)

音楽家、音楽プロデューサー。1980年代からサザンオールスターズやMr.Childrenなどのプロデュースを手掛ける。1990年代以降、映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、ジャンルを越えた活動を展開。2003年に「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーや食の循環、東日本大震災の復興支援等、様々な活動を行っている。

Salyu(さりゅ)

2000年4月、岩井俊二の映画『リリイ・シュシュのすべて』作中に登場する架空のシンガー・ソングライター「Lily Chou-Chou」として2枚のシングルをリリース。2004年、シングル『VALON-1』でSalyuとしてデビュー。小林武史プロデュースのもとPOPで多様な色彩を持つ圧倒的な「声」の存在感を示し、Bank Band with Salyuとして発表した『to U』でその歌声を世に広めた。2011年4月には「salyu × salyu」プロジェクトとしてCornelius=小山田圭吾との共同プロデュース作品『s(o)un(d)beams』を発表。2015年4月には5枚目のオリジナルアルバム『Android & Human Being』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)