特集 PR

日比野克彦×伊東豊雄が語る「日本はもっとユルくなれば楽しい」

日比野克彦×伊東豊雄が語る「日本はもっとユルくなれば楽しい」

『TURNフェス』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽、飯嶋藍子

社会に混ざり合う人々の幅広さを、私たちは普段、どれほど意識できているだろうか。「多様性」とやらを頭では理解していても、自分と似た立場や分野の人間とだけ関わることは、居心地がいい。しかし、果たしてそれは豊かな状態なのか。

2015年に始まったアートプロジェクト「TURN」は、人々の多様さを再発見して創造的に提示する、広い射程を持つ取り組みだ。『東京五輪』に向けた、東京都の文化プログラムの一環でもある同プロジェクト。アーティストが福祉施設などを訪れ、利用者との交流を重ねる「交流プログラム」を中心に、その発表の場『TURNフェス』も開催する。また今年、アルゼンチンの『ビエンナーレ・スール』に招聘されるなど、活動規模を世界に広げている。

今回は、アーティストの日比野克彦と建築家の伊東豊雄に登場してもらい、異なる人々の混在する場の可能性について語ってもらった。日比野はTURNの監修者。一方の伊東は、被災地での「みんなのいえ」プロジェクトや、「子ども建築塾」などの取り組みを通じて、建築と社会の新しい関係性を模索してきた。「日本社会はいま、あらゆる意味で壁ばかりになっている」と話す両者。壁を問い直すことの面白さ、難しさを訊く。

障がいを持つ人に手を差し伸べたいということよりも、失ってしまった発想に気づきたいという欲望がある。(日比野)

―日比野さんにとって、TURNはどんな目的を持つプロジェクトなのでしょうか?

日比野:最近、「アウトサイダーアート」や「アールブリュット」と呼ばれる表現が、日本の美術館でも多く取り上げられるようになっていますよね。そこでは障がいのある方たちの作品が紹介されたりするわけですが、TURNは、障がいの有無ではなく、みんなそれぞれ多数派とは異なる部分を持っているマイノリティーの集合体であるという認識から、アートを考え直してみようという試みです。アートには、人と違うことを楽しむという特性があるので、それぞれの人の差異を引き出すのにとても向いているんです。

伊東:そうですね。

左から:日比野克彦、伊東豊雄
左から:日比野克彦、伊東豊雄

―TURNでは、障がい者施設や高齢者施設などにアーティストが通いながら、利用者らと時間を過ごす「交流プログラム」という取り組みが行われていますが、その交流の先に、どんなことを見ようとしているのでしょうか?

日比野:施設の利用者と接すると、僕が失ってしまったであろう自由な発想や世界の見方があることに、気づかされるんです。たとえば、僕らは背丈1、2メートルくらいの観葉植物を描こうとしたら、当然のようにサイズを縮尺して、全体像を机の上の1枚の紙に収めますよね。

しかし施設の利用者は、1枚目の紙には実寸大の植木鉢だけを描き、そこに描ききれなくなったら、2枚目の紙を継ぎ足して木の根元を描き、それでも描ききれなくなったら、3枚目の紙を継ぎ足して、植物が下から上に成長するように全体を描いたりする。そうした表現を見ると、自分の方が間違っている気持ちになるんです。アーティストには、障がいを持つ人に手を差し伸べたいということよりも、そういった発想に気づきたいという欲望があるんです。

伊東:気づきたい、というのはわかります。僕は「子ども建築塾」という塾をやっているのですが、子どもたちの表現も想像以上なんですよ。去年、「動物と一緒にくらすいえ」というテーマを与えたのですが、常識的には犬や猫、せいぜいクマ辺りがくると思いますよね。

でも、ある男の子は生物5億年の歴史を紐解いて、始祖鳥と怪獣、むささびと人間が暮らす家という壮大なものを描いてきた。それらがレイヤー状の空間にいて、螺旋階段で交流するというね。それを見た建築学科の大学生たちが、圧倒されていました。

伊東が主催する「子ども建築塾」の参加児童が作った、始祖鳥と怪獣、むささびと人間が暮らす家
伊東が主催する「子ども建築塾」の参加児童が作った、始祖鳥と怪獣、むささびと人間が暮らす家

―伊東さんは、TURNの取り組みをどうご覧になっていますか?

伊東:TURNと同様に、ボーダレスな社会というのは、僕も建築で一番実現したいことなんです。いろんなヒエラルキーの壁を取り去っていきたい。世の中は本当に壁ばかり。どうしたら僕らのまわりに立ちはだかっているさまざまな壁を壊せるのか、ずっと考えてきましたが、なかなか壊せないんですよね。だから最近は、壁があっても回り込む方法や、乗り越える方法を編み出したいと考えています。

伊東豊雄

―ご自身の関心とも重なる部分があるということですね。

伊東:そうですね。そもそも、建築とは壁を作ることなんです。厳しい自然環境の中で、人間を守るために建築を作ってきた。しかしあるとき人間は、その建物自体を「すごいだろう」と思うようになってくる。その途端、建築は偉そうな顔をし始めてしまった。

どこかの線で外界から切らないと、「建築」と呼べるものにならないんだけど、完全に切るのではなく、自然と関係を保ちつつ、どこか自然とは異なる場所を作りたいんです。柔らかい壁というか、新しい関係の仕方を見つけたい。

「美術館では静かに」というルールはあっても、些細な部分を変えるだけで、人の振る舞いは変わる。(伊東)

―2015年に岐阜に開館した伊東さん設計の複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の開館1周年記念展『みんなのアート』は、アールブリュット作品を紹介する展示で、日比野さんの監修でした。

日比野:その時は子どもから大人まで、50人くらいの参加者と絵を描くワークショップをやりました。さっきの壁の話につながるのですが、メディアコスモスの図書館は壁がないですよね。勉強したい人も遊びたい人もいるから、普通の図書館では仕切りを作るけど、伊東さんの設計にはない。

伊東さんに理由を訊くと、「公園で読書をしているとき子どもが走り回っていても、うるさいと感じないでしょう。そんなイメージなんだ」と。実際に壁がなくても問題は起きていません。まさに建築の力だと思いました。

日比野克彦

伊東:むかし、東京オペラシティアートギャラリーで『伊東豊雄 建築|新しいリアル』展を開いたとき、ひとつの部屋だけ床を波打たせたのですが、それだけで子どもは走り出すんです。「美術館では静かに」というルールはあっても、そうした些細な部分を変えるだけで、人の振る舞いは変わってしまう。僕はそういう、動物的な感受性を大事にしたいのですが、世の中はまったく逆で、ただ壁を建てることばかりやっていますね。

『伊東豊雄 建築|新しいリアル』展の様子
『伊東豊雄 建築|新しいリアル』展の様子

日比野:なぜ壁を作るかというと、要するに管理ですよね。自然状態のままだと怖いから、壁を作って、「ここからこっちは私たち、向こうはおたく」と、責任の所在をはっきりさせたい。でも、そういう無機質な仕切りでは、動物的な感性は失われてしまう。

Page 1
次へ

イベント情報

『TURNフェス2』

2017年3月3日(金)~3月5日(日)
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
会場:東京都 東京都美術館1階 第1・第2公募展示室

プロフィール

日比野克彦(ひびの かつひこ)

美術家。アートプロジェクト「TURN」の監修を務める。1958年岐阜市生まれ。東京藝術大学大学院修了。大学在学中にダンボール作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。作品集・著書に『HIBINO』『海の向こうに何がある』『日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式meets NODA[But-a-I]記録集』などがある。

伊東豊雄(いとう とよお)

建築家。1941年生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。菊竹清訓建築設計事務所勤務。1971年アーバンロボット(現伊東豊雄建築設計事務所)設立。主な作品に「せんだいメディアテーク」、「多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)」、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」、「台中国家歌劇院」など。日本建築学会賞作品賞、ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞、プリツカー建築賞など受賞。2011年に私塾「伊東建築塾」を設立。これからのまちや建築のあり方を考える場として様々な活動を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)