特集 PR

藤原さくらの強い気持ち。ドラマのイメージを超えて、自由になる

藤原さくらの強い気持ち。ドラマのイメージを超えて、自由になる

藤原さくら『PLAY』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子

藤原さくらの2ndアルバム『PLAY』がリリースされた。本作には、昨年放映されたドラマ『ラヴソング』で共演した福山雅治の作詞作曲による2曲と、映画『3月のライオン』の主題歌となったスピッツのカバー、そしてもちろん藤原さくら自身のオリジナル曲が収録されており、シンガー、そしてコンポーザーとしての彼女の魅力を存分に堪能できる内容に仕上がった。

アルバムタイトルの『PLAY』には、「演奏する」「演じる」、そしてそれらを「楽しむ」という意味が込められているという。彼女自身のことを直接的な歌詞にしたオリジナル曲は2曲のみ。それ以外の楽曲では「他の誰か」になりきって、演じるように歌詞を書いた。そうした試みも、ドラマで「他の誰か」を演じたことがきっかけとなっていて、彼女にとってこの1年間は、音楽家としても一人の人間としても、大きなターニングポイントとなったことは間違いないだろう。

架空の人物が登場する、架空のストーリー。とはいえ、そこには否が応でもこぼれ落ちる、彼女自身の「物語」が少なからずあるはず。藤原さくらは今、なにを思い、なにを感じているのだろうか。

自分の気持ちをスッキリさせるためには、演技で得たものを音楽にするのがいいんじゃないかなって。

―今作『PLAY』を一聴して感じたのは、楽曲そのもののバラエティーが増えたということでした。福山雅治さんが書いた“Soup”“好きよ 好きよ 好きよ”、スピッツのカバー“春の歌”が入っているということを差し引いても、そう感じます。

藤原:ありがとうございます。

藤原さくら
藤原さくら

―アルバムタイトル『PLAY』は、どこからきているのですか?

藤原:最近は、自分ではない「他の誰か」を主人公にして、彼や彼女になりきって歌う楽曲をたくさん書くようになったんです。アルバムでいうと、“Someday”と“はんぶんこ”以外はすべてそういう曲ですね。

―自分以外の主人公を設定するとなると、その人物像やシチュエーションも細かく作り込みました?

藤原:はい。その子にはその子なりの生活があることを意識しながら、「どういうものが好きなんだろう」「なにになりたいんだろう」って、たくさん考えて作りました。なので、アルバムタイトルも、当初は『She』とか『He』とか、三人称を付けることも考えたんです。

―そもそも、そういう俯瞰した視点を獲得したのはどんなきっかけだったのでしょう?

藤原:それはやっぱり、ドラマで、自分じゃない誰かを演じる、つまり「play a role」をしたからだと思います。特に去年は演技と音楽が半々だったので、ギターを演奏する「play」と、演じるという意味の「play」、そして、どちらも楽しんでいる「play」という3つの意味を込めたんです。

藤原さくら

―昨年6月のインタビュー(藤原さくらに本音を訊く。『ラヴソング』抜擢に葛藤はあった?)でも話してくれましたが、本当にドラマ『ラヴソング』出演の影響は大きかったのですね。

藤原:とっても大きかったです。このアルバムを作ることになって、最初にできたのが“sakura”なんですね。福山さんに書いてもらった“Soup”と“好きよ 好きよ 好きよ”からできあがった、みんなのなかにある「藤原さくら」と「佐野さくら(『ラヴソング』で藤原さくらが演じた役)」の2つのイメージに、一区切りをつけたかったというか……テレビ番組などに出演するときでも“Soup”を歌わせてもらうことが多かったですし、自分でもずっとドラマのなかにいるような感じだったのを、一度やめようと思ったんです。

藤原:それで、自分の気持ちをスッキリさせるためには、演技で得たものを音楽にするのがいいんじゃないかなと思って。ドラマのロケ地だった西新宿をずっと歩いてみたり、ドラマの1シーンで座った場所にまた座ってみて「どんな気持ちだったっけ?」って思い出してみたりしました。そうやって、最後にもう一度だけ「佐野さくら」に戻ろうと思って書いたのが“sakura”だったんです。

―「佐野さくら」の思いや考えは、さくらさんご自身と重なる部分もあったと、前もおっしゃっていましたよね。

藤原:そうですね。ドラマは、佐野さくらがずっと神代先生(福山雅治が演じた役)のことが好きだったけど、結局二人は結ばれることはないというところで終わって。きっとその後も結ばれることはないだろうし、遠く離れた場所で暮らしていくと思うんです。ただ、結果がすべてではないというか。神代先生と出会ったこと自体が、佐野さくらにとっては大事だったわけで……それは、私にも重なる部分があるなって。

私にも、初めて私の音楽を「いいね」って言ってくれた人がいて、その言葉に救われて今もずっと音楽をできていて。その人のおかげで自信を持てるようになったんです。佐野さくらもきっと同じで、自分に自信がなくて、ずっと「自分なんて……」って思ってたところに、「いいじゃん」って言ってくれる人(神代先生)が現れた。その一言だけで、その出会いだけで、きっと、佐野さくらは生きていけるんだろうなって。

藤原さくら

藤原さくら

藤原さくら

―成就しなかった恋愛を「失敗」や「無駄」と考えるのではなく、「出会いそのものが自分を作ってくれた」と言えるのは、とても素敵だなと思います。

藤原:きっとそういう思いって、みんなそれぞれにあると思うんですよ。もちろん人間だから、「また会いたい」と思うかもしれないですけど、ずっと一緒にいることだけが正しいわけじゃない。

そういうふうに思いながら、「佐野さくら」として1曲書いてみたら、「私じゃない誰かになって歌うっていうのは面白いことだな」って思えて。『PLAY』には、そういう曲がたくさん入っているんです。

Page 1
次へ

リリース情報

藤原さくら『PLAY』初回限定盤
藤原さくら
『PLAY』初回限定盤(CD+DVD)

2017年5月10日(水)発売
価格:3,780円(税込)
VIZL-1149

[CD]
1. My Way
2. Someday
3. 春の歌
4. play with me
5. 赤
6. 好きよ 好きよ 好きよ
7. sakura
8. Necklace
9. Soup
10. play sick
11. SPECIAL DAY
12. はんぶんこ
[DVD]
・Someday(Music Video)
『藤原さくら Special Live 2017- Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218 -』
・Soup
・Walking on the clouds
・MC - Soup(reprise)
・500マイル
・1995
・Necklace
・Someday
・「かわいい」
・春の歌

藤原さくら『PLAY』通常盤
藤原さくら
『PLAY』通常盤(CD)

2017年5月10日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64771

1. My Way
2. Someday
3. 春の歌
4. play with me
5. 赤
6. 好きよ 好きよ 好きよ
7. sakura
8. Necklace
9. Soup
10. play sick
11. SPECIAL DAY
12. はんぶんこ

イベント情報

『藤原さくらワンマンツアー2017「PLAY」』

2017年5月27日(土)
会場:埼玉県 戸田市文化会館

2017年6月10日(土)
会場:広島県 上野学園ホール

2017年6月16日(金)
会場:新潟県 新潟市音楽文化会館

2017年6月18日(日)
会場:宮城県 仙台市民会館 大ホール

2017年6月25日(日)
会場:福岡県 福岡市民会館

2017年6月29日(木)
会場:北海道 札幌 道新ホール

2017年7月1日(土)
会場:愛知県 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

2017年7月9日(日)
会場:大阪府 オリックス劇場

2017年7月17日(月・祝)
会場:香川県 サンポートホール高松

2017年7月21日(金)
会場:東京都 中野サンプラザ

2017年7月22日(土)
会場:東京都 中野サンプラザ

料金:各公演4,320円(税込)

プロフィール

藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)

福岡県出身。21歳。父の影響ではじめてギターを手にしたのが10歳。洋邦問わず多様な音楽に自然と親しむ幼少期を過ごす。高校進学後、オリジナル曲の制作をはじめ、少しずつ音楽活動を開始。地元・福岡のカフェ・レストランを中心としたライブ活動で、徐々に注目を集める。2014年3月、高校卒業と上京を機に、オリジナルアルバム『full bloom』でインディーズデビュー。2015年3月18日、スピードスターレコーズよりミニアルバム『à la carte』でメジャーデビュー。2016年2月17日には初のフルアルバム『good morning』をリリース。天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。また、音楽のみならず2016年4月からスタートしたフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』にヒロイン役として出演。2017年春に前・後編2部作で公開される国民的人気コミック『3月のライオン』の実写映画化の後編にて主題歌を担当することが決まっている。

関連チケット情報

2017年5月27日(土)〜7月22日(土)
藤原さくら
会場:戸田市文化会館(埼玉県)
2017年6月10日(土)
藤原さくら
会場:広島上野学園ホール(広島県)
2017年6月16日(金)
藤原さくら
会場:新潟市音楽文化会館(新潟県)
2017年6月18日(日)
藤原さくら
会場:トークネットホール仙台 大ホール(宮城県)
2017年6月25日(日)
藤原さくら
会場:福岡市民会館 大ホール(福岡県)
2017年6月29日(木)
藤原さくら
会場:道新ホール(北海道)
2017年7月1日(土)
藤原さくら
会場:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知県)
2017年7月9日(日)
藤原さくら
会場:オリックス劇場(大阪府)
2017年7月17日(月)
藤原さくら
会場:サンポートホール高松 大ホール(香川県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)